HOME
モンチュラ
ヤマケイオンライン

Sponsored Contents

FEATURE

モンチュラ ヤル テクノGTX

MONTURA(モンチュラ)の
ミッドカットアプローチシューズ

機能性とデザイン性を併せ持ち、登山者から高い評価を受けるモンチュラの登山靴「ヤルテクノGTX」をチェック!

構成・文=佐藤慶典 協力=エアモンテ

モンチュラ ヤルテクノGTX

機能性とデザイン性に富む
イタリアンブランド

様々な体の動きに対応したウェアは
防寒性も高い
イタリア本国では、
スキーウェアとしても定評がある
人間工学的なデザインは、
ヨーロッパの急峻な山々でも効果を発揮する
クライマーにもファンが多い

モンチュラは1998年にロベルト・ジョルダーニ氏によって創業した登山ウェアを得意とするイタリアのブランドだ。ちなみに「MONTURA」は、イタリア語でユニフォームを意味する。モンチュラのウェアの特徴と言えば、そのフィット感や機能性、これにデザイン性をも兼ね備えていることだろう。

登山ウェアに求められる安全性や防寒性を担保しながら、最新のテクノロジーや素材、優れた縫製技術を活かし、唯一無二の登山ウェアづくりを行なっている。製品はイタリアの緊急医療組織や山岳救助隊のウェアとして採用、また、日本の一部消防航空隊で使用されるなど、信頼も厚い。

続きを読む

快適が続く先進技術を
取り入れたアッパー

上質なスエードレザーを使用
足を立体的に包み込む
「3Dダイナミックラッピング」
自在に締め具合を調整できる
「デュアルゾーン レーシングシステムXT」
安心の防水透湿機能「ゴアテックス」

そんな、ウェアに定評のあるモンチュラがミッドカットアプローチシューズ「ヤルテクノGTX」を発売した。

ウェアブランドが靴の製造を始める場合は、提携工場へ製造委託するのが常だが、モンチュラは独自の技術やデザインにこだわって製造したかったため、自社工場を建設した。また、社内にシューズ部門を設け、イタリアの有名登山靴ブランドから新たにスタッフを集めるなどし、登山靴の企画・製造を開始した。

こうして生み出された製品群は、3シーズン目ながら、これまでにないフィット感の高さや軽さ、動きやすさを備えた登山靴として、今、注目が集まっている。

ヤルテクノGTXは、低山日帰り登山から、1~2泊程度の縦走登山、岩稜歩きなどもこなせる汎用性の高い登山靴だ。

非対称のシューレースやカラーリングなど、ウェア同様、そのデザイン性は折り紙付き。アッパーのメイン素材には最上級のスエードレザーを採用し、メッシュ素材や補強ラバーを組み合わせることで、堅牢性と軽量性を達成(男性用は片足474g、女性用は片足390g)。

デザインにもなっているスエード部の切れ込みにより、ミッドカットでありながら、屈曲しやすく、スムーズな足運びが可能となっている。

そして、何よりもフィッティングを大切にするモンチュラならではなのが、「3Dダイナミックラッピング」システムだ。タンは片側から包み込む形状で、甲部分が一般的な登山靴に比べて厚く、柔らかくつくられているため、非常にフィット感が高い。歩行中にズレることもないので、快適が続く。

また、シューレースの中央に設けられたシューレースロックを境に、爪先側と足首側で紐の絞め具合を調節できる「デュアルゾーンレーシングシステムXT」も秀逸だ。例えば、登りでは爪先側を絞め、足首側を緩くすることで、足首の動きを楽にする。一方、下りでは、足首側をしっかり締め、爪先側はやや緩めて、足先のむくみに対応する、といった使い方もできる。

さらに、ライニングには防水透湿素材、ゴアテックスを使用するため、靴内はいつも快適! 悪天やぬかるんだ登山道でも、濡れを気にせず歩行可能だ。

続きを読む

長く軽快に歩行できる
ソールシステム

3層のソールを組み合わせた
独自構造を持つソール
剛性を生み出す
「コンポジットフレームテクノロジーXT」
3層で効果を発揮する
「アダプティブマルチリンクソール」
「メガグリップ」
採用のオリジナル
「シグナル」ソール
2枚のインソールを装備
「エルゴシェイプコンストラクションA2S」

ソールにもモンチュラならではのテクノロジーが盛り込まれている。

ミッドソールには、上部にクッション性に秀でたソフトなEVA、下部に芯材となるTPU製のシャンクという2層構造の「コンポジットフレームテクノロジーXT」を搭載。これにより、歩行時の衝撃を吸収する優れたクッション性を確保するとともに、剛性UPや軽量化を実現している。

この2層のミッドソールに加え、アウトソールも含めた3層で効果を発揮する「アダプティブマルチリンクソール」システムも特筆すべき点だ。足裏全体の剛性感が増し、特にソールの横方向の捻じれが抑制されるため、不安定な足場でも安定した足運びが可能となる。加えて、足裏のアーチをサポートするので、長時間、長距離歩いても疲れにくい。

歩行時の安全性を高めるソールのグリップ力も気になるところ。アウトソールには、ビブラム社の「メガグリップ」コンパウンドを使ったモンチュラ独自の「シグナル」を採用。ぬかるみや濡れた岩場などでも高いフリクションを発揮し、耐久性も高い。

さらに、厚みが異なる2種類のインソール「エルゴシェイプコンストラクションA2S」が付属しているのもポイントだろう。例えば、3mm厚の薄手タイプは足裏の感覚がわかりやすいので、岩場やテクニカルなコースで、5mm厚の厚手タイプは、縦走やスピーディーな登山で使用するなど、山行スタイルに応じて使い分けることができる。

軽量かつ堅牢で、モンチュラならではの極上のフィッティングを持つヤルテクノGTX。里山からアルプスまで、疲れ知らずの軽快な登山が楽しめるはずだ!

続きを読む

製品情報

足入れがよく、軽量で軽快な足さばきが可能なミッドカットアプローチシューズ。モンチュラ特有のデザイン性も健在。替え紐付きで、イメージチェンジもできる。男女ともに新色が加わった。

モンチュラ/ヤル テクノGTX

モンチュラ/ヤル テクノGTX

価格
29,700円(本体27,500円+税)
サイズ
UK7~9.5(25.5~28cm)
重量
474g(片足、UK8)
カラー
3色
モンチュラ/ヤル テクノGTX Woman

モンチュラ/ヤル テクノGTX Woman

価格
29,700円(本体27,500円+税)
サイズ
UK4~6.5(22.5~25cm)
重量
390g(片足、UK5)
カラー
2色

モニター応募は終了しました

モニターレポートを見る

ブランドヒストリー

モンチュラ

1998年、ロベルト・ジョルダーニ氏により誕生した「モンチュラ」。ジョルダーニ氏がチベット仏教に関心が深いことから、ロゴマークはチベット仏教の宗教的彫刻をモチーフとしている。

アウトドアを楽しむすべての人に寄り添い、ユーザーの夢や希望を叶えることを理念とし、パフォーマンス向上や記録更新などの目標を達成するため、豊富な経験と高い知見を活かし、機能性とデザイン性に富む登山ウェアやギアづくりを行なっている。

オフィシャルサイトを見る