尾瀬を楽しむ装備

尾瀬での行動を安全・快適にする装備たち。 時期や日程などに合わせてそろえ、 気持ちよく過ごしましょう。

基本装備

シャツ/パンツ

雨や汗で体を冷やさないように、速乾性のある化繊やウール製を選ぼう。日焼けなどから身を守るなら、長袖シャツ、ロングパンツを。

バックパック

荷物が重くても長時間歩きやすいバックパックがよい。日帰りや小屋泊なら、30ℓ程度が目安。体に合わせ、正しい位置で背負うこと。

登山靴

登山道や木道を長く歩くには、ハイカット(足首を保護)で、滑りにくいソールの登山靴を。必ず試着し、足に合うものを用意しよう。

雨具

尾瀬歩きには必携。上下別で動きやすいものがよい。防水性はもちろん、透湿性に優れた素材だとムレにくく快適。防寒着にもなる。

小物

帽子

ハットやキャップは、強い日差しから頭部を守ってくれる。汗やムレが気になる人は、通気性を考えて作られた帽子を選ぶといい。

ヘッドランプ/地図など

尾瀬の道は比較的明確だが、地図とコンパスを忘れずに。ヘッドランプは早朝や日暮れ後の行動に備えて必須。小屋の消灯後にも。

防寒具

ウインドシェル

行動中薄く軽量で、動きやすい防風・防寒着。強風で寒いときなど一枚あると心強い。行動中は汗をかかないよう適宜脱ぎ着して体温調節を。

ダウン・中綿ジャケット

秋・休憩中寒さ深まる秋や、星空観察、早朝の散策、休憩時などにはダウンや中綿ジャケットが活躍。フリースよりも温かさが欲しいときに。

フリース

春・夏尾瀬は標高が高く、春や夏でも朝晩は冷え込む。軽くて温かいフリースを持っていこう。ジャケットの中に着るのにもいい。

帽子・手袋

小物ニットの帽子や手袋はウェアよりも着脱がしやすく、手軽に体を温められる。小さいので、うっかり落としてなくさないように。

装備チェックリスト

★…必需品 ●…あると便利 ▲…時期やコースにより必要

アイテム 日帰り 宿泊
登山靴
バックパック
雨具
ゲイター
防寒具
靴下
帽子・手袋
着替え
ウェア・下着(速乾性)
アイテム 日帰り 宿泊
水筒
ヘッドランプ(予備電池も)
トレッキングポール
地図・コンパス
時計
ゴミ袋
タオル・ハンカチ
ロールペーパー・ティッシュ
折りたたみ傘
アイテム 日帰り 宿泊
洗面用具
メモ帳・筆記用具
日焼け止め
行動食・非常食
救急用具
クマよけの鈴
お金(小銭)・健康保険証
携帯トイレ
携帯電話・スマートフォン

協力=カリマージャパン、キーン、コロンビアスポーツウェアジャパン、モチヅキ
構成・文=小林由理亞

[協力]

© Copyright©2002- Yama-kei Publishers co.,Ltd. All rights reserved.