HOME
gregory グレゴリー
山と溪谷社 ヤマケイオンライン

Sponsored Contents

FEATURE

グレゴリーズール35/ジェイド33

フィット感と通気性を兼ね備えた
軽量バックパックの決定版!

新設計の「フリー・フロート・サスペンション」を採用。ハーネスの無段階調整とベンチレーションを兼ね備えた新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック!

構成・文=佐藤慶典
 協力=グレゴリー

グレゴリー ズール35 ジェイド33

機能性とデザイン性に富む
イタリアンブランド

2016年に「Z」「J」から「ズール」「ジェイド」にリニューアル。
そして2019年春に新たなモデルへ
グレゴリーならではの背負い心地のよさと
軽量性、通気性に優れた「ズール」「ジェイド」

「ズール(ZULU)」「ジェイド(JADE)」は、2015年まで、男性用は「Z(ゼット)」、女性用は「J(ジェイ)」の名前でリリースされていたグレゴリーのベストセラーモデルだ。「Z」「J」のころは、フロントに縦ファスナーのポケットがあり、これがデザイン上の特徴だったが、2016年のフルモデルチェンジでは、これを大容量の大型メッシュポケットへと変更するなど、設計やデザインを一新。名称も「ズール」「ジェイド」として新たにリリースされることとなった。

ズールとジェイドは、グレゴリーのラインナップでは珍しい、パック背面が弧を描き、背中とパック背面の間に空間ができるベンチレーションタイプの軽量バックパックだ。グレゴリーならではの背負い心地のよさはそのままに、背中の快適性を確保し、また、優れた使い勝手を実現した中・大型モデルのズールとジェイドが、2019年春、モデルチェンジされた。

続きを読む

「ズール」&「ジェイド」
大きなリニューアル

モデルチェンジした新たな「ズール」
背面システムが
「フリー・フロート・サスペンション」に進化
独自の3D形状パネル
「フリー・フロート・フレックスパネル」

モデルチェンジによる大きな変更点は、これまでの背面システム「クロス・フロー・サスペンション」が、新開発の「フリー・フロート(FREE FROAT)・サスペンション」へと進化したことだ。旧モデルのフレームはX型だったが、今モデルではスクエアに変更し、このフレームにテンションをかけることで、抜群のフィット感と、広すぎず、狭すぎずの絶妙な背面の隙間を生み出している。これにより、夏の登山はもちろん、雨の日でも、レインウェアの透湿性を妨げることなく、背中の快適性が保たれるというわけだ。

さらに、背面下部には、独自の3D形状のパネル「フリー・フロート・フレックスパネル」が新搭載された。足を上げるのに合わせてヒップベルトが捻じれるように旋回し、腰回りの動きにスムーズに追従する設計になっている。足上げ時のストレスがなく、エネルギーロスの少ない歩行が可能となる。また、背面からヒップベルトまでの構造が、継ぎ目のない一連のメッシュ生地となったことで、背中から腰にかけてのフィット感が向上している。

ショルダーハーネスとヒップベルトには、適度な厚みをもつ、しなやかでコシのある多層構造のEVAを採用。軽量化と通気性を高めるため大胆な肉抜きが施された。

バックパックのサイズは従来通り2サイズ展開。背面上部の機構で背面長の調節ができる。これらの調節機構と新搭載システムの相乗効果により、長時間背負っても疲れにくい最上級のフィッティングが得られるようになった。

続きを読む

細部のリニューアル

人気の機能、
逆U字ジッパーは健在
フロントの大きなポケットは
メッシュ素材へと変更
ヒップベルトポケットも
収納力がアップ

旧モデルでも人気の機能、逆U字ジッパーは健在だ。バックパックを床に置き、ガバっとフルオープンすれば、パッキングがしやすく、また、山行中は荷室へダイレクトにアクセスできるサイドファスナーとしても機能する。

フロントの大きなポケットも継続されているが、同ブランドの軽量モデル「パラゴン」&「メイブン」と同様のメッシュ素材へと変更された。伸縮性が高くなり、これまでよりも収納力アップが図られている。

また、ヒップベルトポケットも収納力がアップされた。これは、大型化したスマートフォンも収納できるようにするため。

さらに、同ブランドの大型モデル「バルトロ」&「ディバ」や「パラゴン」&「メイブン」でも好評のサングラスホルダー「クイック・ストゥ」も搭載された。細かい部分だが、専用のレインカバーの収納位置が、フロントポケットからアクセスしやすい雨蓋へと変更された点も指摘しておこう。

大型に類するズール55Lとジェイド53Lは、サイドのメッシュポケットに、上からでも横からでも荷物の出し入れができる2WAY仕様が採用された。バックパックを背負ったままでも、サイドポケットの横の口から水筒などが出し入れでき、とても重宝する。同大型モデルは2気室構造で、ボトムアクセス用のファスナーが付く。

続きを読む

製品情報

逆U字ジッパーやフロントポケットなどに加え、ヒップベルトポケットの大型化やサングラスホルダー追加などでさらに使いやすくなったズールとジェイド。フィット感と通気性を高いレベルで両立した軽量バックパックの決定版!

グレゴリー ズール35

グレゴリー / ズール35

価格
22,000円(税別)
サイズ
SM / MD、MD / LG
容量
35L(SM / MD)
重量
1.25kg(SM / MD)
カラー
3色
グレゴリー ジェイド33

グレゴリー / ジェイド33

価格
22,000円(税別)
サイズ
XS / SM、SM / MD
容量
33L(XS / SM)
重量
1.22kg(XS / SM)
カラー
2色

モニター応募は終了しました

モニターレポートを見る

ブランドヒストリー

グレゴリー GREGORY

1998年、ロベルト・ジョルダーニ氏により誕生した「モンチュラ」。ジョルダーニ氏がチベット仏教に関心が深いことから、ロゴマークはチベット仏教の宗教的彫刻をモチーフとしている。

アウトドアを楽しむすべての人に寄り添い、ユーザーの夢や希望を叶えることを理念とし、パフォーマンス向上や記録更新などの目標を達成するため、豊富な経験と高い知見を活かし、機能性とデザイン性に富む登山ウェアやギアづくりを行なっている。

オフィシャルサイトを見る