位牌岳の仙人 さん

プロフィール

位牌岳の仙人
60代
男性
静岡県
B
10年以上
中級者 (一人で登山計画を立て、安全に登山できる)
1月に1回程度 (年に15回程度)

縦走登山

日帰り登山

ハイキング

テント泊

関東・奥武蔵・丹沢・富士山

八ヶ岳

南アルプス

赤石岳、八ヶ岳
 静岡県東部にすむ自称、仙人です。
地元の愛鷹連山をホームグラウンドに八ヶ岳、丹沢、阿部奥などに出かけています。
山行歴は長いのですが、日帰りや1泊の山行が多いです。
これからは3泊以上のテント泊を計画し、長期縦走を目指していますが、中々実行出来ずにいます。
沢に入り、焚き火を見つめながら、岩魚をつまみにチビチビ飲む日を夢見ています。

位牌岳の仙人 さんの登山記録

登山履歴書

概算山行距離 333.3km (平均15.9km)
概算標高差

登り:34,176m (平均1,627.4m)

下り:34,109m (平均1,624.2m)

山に行った回数 21回
コースタイム

標準:5,530分

自己:5,617分

コースタイム倍率 1.02

名山スタンプラリー

日本百名山 達成数 3 / 100
花の百名山 達成数 1 / 97
日本二百名山 達成数 1 / 100
日本三百名山 達成数 1 / 101

※達成数の更新はスタンプラリーごとに1日1回までとなります。

位牌岳の仙人 さんの山道具

まだ投稿がありません。

参考になった数ベスト5

参考になったポイント カテゴリー タイトル ポイント
1位 登山記録 仙人、九州 行縢山に登る 3
2位 登山記録 丹沢 三ッ峰 巡り 2
3位 登山記録 仙人、位牌岳に登る 其の1 2
4位 登山記録 2019年登り始め 2
5位 登山記録 霧氷の塔ノ岳 1
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――