ヤマケイオンライン ニュース

雪山におすすめのイタリア製アイスアックス。鉄鉱石の産地から誕生した「クライミング・テクノロジー」、2アイテムをチェック!

2016年11月18日(金)

 イタリアの登攀具ブランド「クライミング・テクノロジー(Climbing technology)」は、金属製品の製造・加工会社として約30年の歴史を持つ「アルデザイン(Aludesign)社」の登攀具ブランド。自らもクライミングを楽しむ創業者、カルロ・パリオリが、新たなアイディアを取り入れた登攀道具を製造するブランドとして、2007年に立ち上げた。

 アルデザイン社のある北イタリア、チザーノ・ベルガマスコは、古くから鉄鉱石の産地として栄えた地域で、スイス・アルプスにも近く、クライミングに適したフィールドが数多い。アイスアックスやクランポンなど、クライミングギアの製造に欠かせない鋼材が入手しやすかったことから、登攀用具の製造を行ってきたという。

 「クライミング・テクノロジー」は、危険を伴うクライミングのギアを製造するブランドとして、製品の品質管理を徹底しており、スタッフ自らが厳しい目を持つユーザーとして、高品質で安全性の高い製品を提供することを使命と考え、企画、設計、生産を自社工場で行い、高い技術とノウハウを、製品にダイレクトに反映させるようにしている。

 これから雪山シーズンを迎えるにあたり、雪山山行におすすめのアイスアックスは以下の2モデル。製品の特徴、アクセサリーも併せてチェックしよう。

 

ハウンドG

クライミング・テクノロジーで最も軽量なマウンテニアリングアックス。
「ホットフォージング(熱鍛造製)」で仕上げた、軽量で高い耐久性を持つ「Tタイプ(タイプ2)」アックス。
一般的な雪山縦走用としてデザインされているが、ゆるやかにカーブさせたベントシャフトを採用し、急峻な雪面や簡単なバリエーションルートにも対応するモデル。

重量: 425g(50㎝/リーシュ除く)
付属品: ハンドリーシュ
製造国: イタリア
価格: 18,000円(税抜)
ウェブサイト: http://www.iwatani-primus.co.jp/products/ct/53013.html
 
 

アルパインツアー

一般雪山縦走に最適なマウンテニアリングアックス。
アノダイズド加工した軽量なアルミ合金製シャフトに、大きめのブレードの付いたクロモリ製ヘッドを採用。
強度の高い「Tタイプ」アックスでありながら、リーズナブルな価格を実現したスタンダードモデル。

重量: 475g(60g/リーシュ除く)
付属品: ハンドリーシュ
製造国: イタリア
価格: 13,000円(税抜)
ウェブサイト: http://www.iwatani-primus.co.jp/products/ct/53216.html


 

■クライミング・テクノロジー製アックスの特徴

握りやすく、一般の楕円シャフトと比較して同重量において高い強度がある「ヘキサゴナルシャフト」を採用。これによって軽量でありながらも「T」規格のアックスに仕上がっている。

 

 

*「T」規格とは

実際の登山における使用状況を考慮して「UIAA(国際山岳連盟)」が制定した規格。
「Tタイプ(タイプ2)」のアックスは、氷、雪、岩に対して十分な強度を持っているモノに認定される。

 

■アクセサリー紹介

持ち運びの際に欲しいアクセサリー。ピックやアッズ、スパイクを保護するカバーもラインアップしている。
混雑したバス、電車内では、他の方に当たらないように配慮しよう。

ヘッドカバー
1,500円(税抜)

スパイクカバー
1,200円(税抜)

 

■お問い合わせ

イワタニ・プリムス
カスタマーサービス係 TEL03-3555-5605
http://www.iwatani-primus.co.jp

 

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2017年11月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報