大雪山・十勝連峰縦走 4泊5日

大雪山
大雪山  2,291m

【1日目】旭岳温泉から旭岳を経て白雲岳避難小屋へ
■総コースタイム 6時間40分、標高差691m(+1134m、-744m)
姿見駅(08:00)・・・旭岳石室(08:10)・・・旭岳(10:10)・・・間宮岳(11:20)・・・北海岳(12:10)・・・白雲分岐(13:10)・・・白雲岳(13:50)・・・白雲分岐(14:20)・・・白雲岳避難小屋(14:40)

【2日目】高根ヶ原、忠別岳、化雲岳を経てヒサゴ沼へ
■総コースタイム 7時間10分、標高差268m(+675m、-975m)
白雲岳避難小屋(07:00)・・・高根ヶ原分岐(07:40)・・・忠別沼(09:20)・・・忠別岳(10:10)・・・忠別岳避難小屋分岐(10:50)・・・五色岳(11:40)・・・化雲岳(12:40)・・・ヒサゴ沼避難小屋(13:10)

【3日目】トムラウシ山に登り三川台を経て双子池へ
■総コースタイム 9時間50分、標高差451m(+1018m、-1303m)
ヒサゴ沼避難小屋(07:00)・・・ヒサゴのコル(07:30)・・・トムラウシ山(09:50)・・・三川台(12:00)・・・コスマヌプリ(14:50)・・・双子池キャンプ指定地(16:20)

【4日目】オプタテシケ山、美瑛岳、十勝岳を経て上ホロ避難小屋へ
■総コースタイム 8時間25分、標高差672m(+1610m、-1190m)
双子池キャンプ指定地(07:00)・・・オプタテシケ山(08:50)・・・ベベツ岳(09:50)・・・美瑛富士分岐(11:00)・・・縦走路分岐(11:45)・・・美瑛岳(12:00)・・・縦走路分岐(12:15)・・・十勝岳(14:35)・・・上ホロ避難小屋(15:25)

【5日目】上ホロカメットク山から富良野岳に向かい、十勝岳温泉に下る
■総コースタイム 5時間30分、標高差-637m(+523m、-1073m)
上ホロ避難小屋(07:00)・・・上富良野岳(07:30)・・・三峰山(08:20)・・・縦走路分岐(09:20)・・・富良野岳(10:10)・・・縦走路分岐(10:45)・・・上ホロ分岐(11:45)・・・十勝岳温泉(12:30)



大雪山・十勝連峰縦走 4泊5日 の詳細情報は、会員登録が必要になります。




こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?