いっき さん

プロフィール

いっき
50代
男性
10年以上
中級者 (一人で登山計画を立て、安全に登山できる)
ほぼ毎週のように行く

縦走登山

日帰り登山

ハイキング

沢登り

カメラ撮影

自然観察

関東・奥武蔵・丹沢・富士山

雲取山、双六岳
奥多摩が大好きで ホーム奥多摩をメインに歩き 2007年版S社の登山地図に有る線が有る道は全て歩ききりました。現在は季節を変えて同じところを歩いたり巡視路等のバリエーションを交えながら その場の景観の違いを感じたりして歩いています。また花の写真を撮るのも好きなので 小さな花をウロウロきょろきょろしながら歩いています。
2017年5月に湘南の地に転居したので 丹沢をホームにこちらでも線がある道を全て歩ききる事を目標にいろいろ歩いてみたいと思っています。丹沢はアクセスの悪さもあり 難しいのかなとか思います。

いっき さんの登山記録

登山履歴書

概算山行距離 1,512.3km (平均14.3km)
概算標高差

登り:135,767m (平均1,280.8m)

下り:141,864m (平均1,338.3m)

山に行った回数 106回
コースタイム

標準:11,823分

自己:9,294分

コースタイム倍率 0.79

名山スタンプラリー

日本百名山 達成数 5 / 100
花の百名山 達成数 6 / 97
日本二百名山 達成数 4 / 100
日本三百名山 達成数 5 / 101

※達成数の更新はスタンプラリーごとに1日1回までとなります。

いっき さんの山道具

まだ投稿がありません。

参考になった数ベスト5

参考になったポイント カテゴリー タイトル ポイント
1位 登山記録 蕎麦粒山 シロヤシオを愛でに 6
2位 登山記録 塩水橋より丹沢山周回 4
3位 登山記録 サンショウバラと滝巡りの不老山 4
4位 登山記録 納めの山は鷹ノ巣山 4
5位 登山記録 戌年で犬を絡めて大室山・加入道山 3
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。