登山記録詳細

その他
参考になった 1
残雪の尾瀬 景鶴山に登る:関東地方境-山-群馬県境 鳩待峠 至仏山 尾瀬ヶ原 山の鼻 竜宮小屋 ヨッピ吊橋 ヨッピ川 沼尻川 与作岳 景鶴山 牛首(関東)
img

記録したユーザー

山車(dashi) さん

この登山記録の行程

鳩待峠-至仏山-竜宮-景鶴山:関東地方境-山-群馬県境 2014年5月1日~2日
  ●全歩行距離: 30.1km  累積標高差:±1,705m
  ●群馬/福島県境(竜宮小屋~ヨッピ吊橋)歩行距離:1.4km 累積標高差:+10m -5m
  ●群馬/新潟県境(ヨッピ吊橋~景鶴山)歩行距離:4.8km 累積標高差:+706m -100m
  ○ 記号:[--] 交通機関  [・・・] 徒歩
①5/1(木) 歩行距離: 11.6km 累積標高差:+664m,-854m
 戸倉(7:24)--(7:45)鳩待峠(7:50)・・・(10:15)至仏山(11:00)・・・(12:18)山の鼻(12:33)・・・(14:05)竜宮小屋
②5/2(金) 歩行距離: 18.5km 累積標高差:+1,041m,-851m
 竜宮小屋(5:07)・・・(5:35)ヨッピ吊橋・・・県境尾根取付(6:05)・・・(6:24)コル(以下C)1500・・・(6:55)ピーク(以下P)1653・・・(7:38)標高(以下H)1820で西進・・・(8:00)与作岳・・・(8:15)C1870(C1860の1つ手前)(8:25)・・・(8:30)C1860・・・(9:07)景鶴山(9:50)・・・(10:20)与作岳・・・(11:20)取付・・・(12:30)牛首・・・(13:15)山の鼻(13:30)・・・ (14:40)鳩待峠


総距離 約29.6km 累積標高差 上り:約1,691m
下り:約1,691m
 景鶴山は溶岩ドームの火山である。ドームの東の肩は雪で埋まり、尖った稜線となって頂上に続いている。最後の登りに相応しい演出で、気持良く頂上に立つことができた。
 尾瀬の山は、隆起でできた至仏山を除くと、ほとんどが火山で、尾瀬ヶ原は燧ヶ岳の噴火で只見川が堰きとめられてできたといわれている。尾瀬ヶ原は四方を絶妙のバランスで山に囲まれている。東は東北以北一の高峰、燧ヶ岳。西は2億年たっても優美な姿を保つ至仏山。南は穏やかな高みの、開けたアヤメ平で、これも火山である。そして北が景鶴山。ドーム火山であるが山体は屏風のように東西に広がり、空と画している。これら自然の造形が、絶妙の配置となって、尾瀬の景観を一段と高めているように思えてならない。
 この連休は巻機から丹後、あわよくば尾瀬までを計画したが、永松岳で敢え無く敗退。残りの連休を尾瀬に転進し、景鶴山に登った。群馬県境を少しだけトレースできる。尾瀬沼の中央を群馬/福島県境が東西に通っている。沼が雪に埋まっている間は県境をトレースできるので狙っていたが、情報では、今回は雪が解け始めていて危なそうなので諦めた。結果、竜宮小屋からヨッピ吊橋までの群馬/福島県境とヨッピ吊橋から景鶴山までの群馬/新潟県境をトレースすることができた。

登山中の画像
登山画像
下りをご一緒させていただいた方と。後の溶岩ドー…
登山画像
赤テープもあるが、踏み跡が雪上の道となっている。
登山画像
森林限界を抜けると目指す景鶴が見えてきた
登山画像
至仏の頂上までもう少し
登山画像
至仏山(二等三角点)
登山画像
至仏山(二等三角点)
登山画像
ジャンプ台:原まで一っ飛び、できそう!
登山画像
尾瀬ヶ原・景鶴・会津駒・燧を俯瞰する。
登山画像
南には関東一の高峰、日光白根山・錫ヶ岳・皇海山が…
登山画像
尾瀬ヶ原・景鶴・会津駒・燧を俯瞰する。
登山画像
景鶴山、明日登る山
登山画像
尾瀬ヶ原・燧ヶ岳
登山画像
平ヶ岳・大白沢・景鶴山の県境稜線
登山画像
平ヶ岳~与作岳、連続1:平ヶ岳
登山画像
平ヶ岳~与作岳、連続2:大白沢山
登山画像
平ヶ岳~与作岳、連続3:景鶴山
登山画像
平ヶ岳~与作岳、連続4:景鶴山・与作岳
登山画像
水芭蕉の花が咲いている
登山画像
優美な至仏山
登山画像
カルガモ(軽鴨)が来ている
登山画像
竜宮小屋:開けてもらっていて助かる
登山画像
これから向かう景鶴が微かに見える
登山画像
ヨッピ吊橋:右が下流で300m程で県境の沼尻川が…
登山画像
群馬/新潟県境尾根、取付き点
登山画像
C1500:正面のピークは笹山(標高1537.9m三等三角…
登山画像
多分、オオシラビソ(大白檜曽)と思われるが、大木。
登山画像
景鶴の最後の登り:狭い尾根がクライマックスを…
登山画像
景鶴山山頂
登山画像
景鶴山山頂
登山画像
下り始めたら、晴れ間が出てきた。
登山画像
景鶴山:下山途中、やっと姿を見せてくれた。
登山画像
沼尻川の蛇行。円弧は六兵衛堀。手前の横逆S字がヨ…
登山画像
取付き点まで下山
登山画像
一緒に下ってきた人と
登山画像
景鶴山
登山画像
景鶴を去る
登山画像
至仏に向かって歩く1
登山画像
至仏に向かって歩く2
登山画像
遠ざかる燧ヶ岳1
登山画像
遠ざかる燧ヶ岳2
登山画像
遠ざかる燧ヶ岳3
登山画像
遠ざかる燧ヶ岳4
登山画像
至仏に向かって歩く3
登山画像
至仏に向かって歩く4
登山画像
至仏に向かって歩く5
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山車(dashi)さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    尾瀬はすっかり秋モード。風も涼しく散策にはちょうど良い 気候になってきました
    19年08月22日(木)
    尾瀬沼ビジターセンター~燧ヶ岳
    尾瀬沼ビジターセンター
    爽やかな風を感じるようになり、秋が近づいているのがわかります。湿原が秋の色に変わりつつあります
    19年08月21日(水)
  • 原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    強い日差しが照りつけて暑くなっていますが、ミヤマアキノキリンソウが咲き出して早くも秋の気配が感じられます
    19年08月13日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山車(dashi) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年8月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...