登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
九州脊梁 扇山(ごぼう畑登山口往復)2020 扇山(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

コシアブラ さん
  • 日程

    2020年3月21日(土)

  • 利用した登山口

    ゴボウ畑(白岩山登山口)  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:前日国見岳下山後泊の,道の駅 美里 佐俣の湯から移動。
    (5:20発)~R218~R265~五ヶ瀬スキー場~登山口(7:10着)
    駐車スペースは5,6台ぐらい停められる。(先客1台あり)
    スキー場駐車場までは急勾配の舗装路だが以降は未舗装で落石の多い片側崖の林道が少し続く。ここの道も車が可哀そうだ。(普通乗用車なもので)

  • 天候

    晴れ
    [2020年03月21日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

ゴボウ畑(白岩山登山口)(07:48)・・・杉峠(白岩峠)(08:07)[休憩 3分]・・・白岩山(08:24)[休憩 2分]・・・水呑の頭(08:40)・・・見晴しの岩(09:14)[休憩 5分]・・・二本ブナ・・・見晴しの丘(10:10)・・・扇山山小屋(10:22)・・・扇山(10:38)[休憩 10分]・・・扇山山小屋(10:59)・・・見晴しの丘(11:08)・・・二本ブナ・・・見晴しの岩(11:56)・・・白岩山(12:44)・・・杉峠(白岩峠)(12:55)・・・ゴボウ畑(白岩山登山口)(13:04)

総距離 約19.7km 累積標高差 上り:約1,654m
下り:約1,654m
コースタイム 標準:8時間10分
自己:4時間56分
コースタイム倍率 0.60
 駐車場横に真新しい“白岩山→”の案内表示と山火事注意の幕の下に少し古い“扇山小屋→”の表示板があったので,新しい方を信じて行ったら間違いだった。
“白岩山→”方向の鹿除けフェンスの扉を開けて登って行ったが踏み跡もあまりなく,フェンス沿いに付いているピンクテープの方向に少し進んで行ったが,フェンスの外に見えた歩道そばの木に解説プレートが立っている。これはフェンス内に入るのは間違いという訳で,戻って再出発。新しい案内板は見る角度からしたら歩道の方向に矢印が向いているように見えなくはないが紛らわしい。(10分位ロス)
先ほどフェンス内から見た道を緩やかに少し登ると直ぐに杉峠で,霧立越関所なる表示のあるボックス内のノートに日付,住所と氏名を記載した。
そこから延々と尾根歩き。ピークは巻き,幅も広く平坦で遊歩道といった感じ,ブナなどの広葉樹の落ち葉をサクサクと踏み,蹴散らし,アップダウンを繰り返しながら進んだ。
途中,白岩山や見晴しの岩などからは好眺望だ。(この前後は急斜面がある)
白岩山は名前の通り白い石灰岩のピークなのだが,地理院地図では水呑の頭が白岩山となっていた。
現場の名称通りで良いと思うので,地理院地図の変更を望む。
 尾根歩きで往路では右手に昨日歩いた国見岳の尾根がよく見える。しかし国見岳は何処?
扇山もそうだが,当たり前ながら尾根の中のピークが山頂なのだが遠くから見ても突出ていないので,あの山が〇〇岳だ!とは瞬時に判断がつきにくい。
馬つなぎ場や平家ブナ(二本ブナは判らなかった)などを通過,長い尾根歩きで山小屋へ到着。
山小屋内部は綺麗でトイレも別にある。この山塊の縦走時利用にはいい感じで,朝方すれ違ったソロ男性や男女の若者グループも利用したのかもしれない。
小屋前から尾根に上がり,ニセ山頂(命名)を越えると直ぐに扇山山頂。椎葉村民に一番親しまれていると,ある本に書いてあったが信仰の対象ではないのか神様(祠)は居なかった。
山頂は高木も無く,360度の好眺望。歩いてきた尾根も良く見える。
少しウロウロしながら写真撮影し,食事をした後に来た道を戻った。
戻りは誰とも会わず,いい天気の割には静かな山歩きだったし登山道も往復ともに歩き易かった。
 帰りに阿蘇高森の温泉に入り,表阿蘇?側では大規模な野焼きが行われていて,盆地内がケムケムだったが,外輪山の茶色の茅原が一面真っ黒になっていた。
扇山の山歩きに加えて阿蘇の一大イベントも見られていい一日だった。

登山中の画像
登山画像
この案内板を見て右に行くのだと思った。(黄色…
登山画像
その横にこの案内板。迷ったが新しい方が正解と…
登山画像
フェンスの中に入って振り返ったところだが,フ…
登山画像
これが入口扉。・・・ここを入ってはダメです。
登山画像
再スタート・・・車は先客のもの。
登山画像
フェンス沿いに登る。
登山画像
コシアブラがあった!当然ながらまだ芽は出てい…
登山画像
杉峠
登山画像
この中にノートがある。
登山画像
側面にはいろいろと絵が。
登山画像
白岩山の手前にまたフェンスがある。(続けて二…
登山画像
白岩山・・・好眺望
登山画像
国見岳方面の尾根
登山画像
白岩山から降りる。慎重に。
登山画像
水呑みの頭へ登る。ここの右下に水場がある。
登山画像
水呑みの頭
登山画像
気落ちのいい林間歩き。
登山画像
見晴の岩
登山画像
見晴の岩から・・・左奥は市房山ではないかな。
登山画像
奥に扇山とこれから行く稜線。
登山画像
国見岳方面
登山画像
馬酔木のトンネル
登山画像
平家ブナ
登山画像
山小屋到着・・・売店でもあるかと思ったが,無…
登山画像
奥側から。
登山画像
マンサクが青空に映える。
登山画像
山頂到着。
登山画像
山頂の天然のモニュメント。
登山画像
少し引いて。
登山画像
ぐるりと360度
登山画像
これはニセ山頂(命名)
登山画像
小屋内部・・・きれいだ。
登山画像
途中で振り返って扇山。扇のように広がっている…
登山画像
白岩山
登山画像
登山口に無事に戻ってきました。
登山画像
帰路に通過した阿蘇の野焼き。大観峰手前から外…
登山画像
展望所の木杭が燃えていた。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コシアブラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?