山道具詳細

参考になった 2
タマラック ウェスタン・マウンテニアリング(Western Mountaineering)
お気に入り度
カテゴリー
寝具

記録したユーザー

モルゲンロート さん
購入年 2017年
購入価格 33,000円
重量 540g (グラム)
スペック -2℃対応 
850+FPのグースダウン255g
ハーフシュラフ。5’(152㎝)
お気に入りの点
ロフトに対して軽い点。中がゆったりしている点。ファスナーがフットボックスを横断していて、つま先だけ少し開ける、なんてことができる点。足先が温かすぎるのが苦手なので、6月にはこれは助かりました。7月~8月は全開のフルフラット?にしてお布団にもしやすいです。

WMのダウンは、自然の環境の中でストレスなく過ごしているグースから自然に抜け落ちたものを、東欧の農家さんが集めた(収穫した)ものです。狭い籠で飼われて無理やり羽をむしり取られたものではないのです。だから、包まれ心地が最高に優しいのかな♪なんて思いながら、東欧のグースに感謝しながらぬくぬく眠ります。
もうひとつの点
5フート(152㎝)サイズだが、160㎝の私が首まで入るには若干短く、あと5㎝長ければ理想的だった。(他の方のレビューとか探すと(国内ではほとんどレビューはなく海外の英文)、普通は160㎝の人は首まで入れるみたいなので、自分の足首が柔らかく寝ると15㎝くらい体長が長くなってしまうことが原因のような気もします。)
モノがたり
2018年3月~8月に奥秩父、南アルプス、北アルプス、八ヶ岳、尾瀬ヶ原で合計10泊ほど使用した。3月の奥秩父は本来なら手持ちのWMバーサライト(-12℃)の方が適切だが、2017年12月に購入したタマラックを早く使ってみたくて、あえてタマラックを試してみた。ダウン上下を着用して少々寒めだが可、でしたが、3月の使用では中の広さがかえって寒く、GW~10月くらいの使用が幸せかな?と感じました。GWの奥秩父縦走と6月上旬の八ヶ岳ではダウン上下は持参せずに、ナノエアフーディと併用で中に入ってちょうどよく、7月~8月のアルプスでは全開にしてお布団として使用して暑くも寒くもなく快適だった。10月の尾瀬ヶ原ではなかに入って夜は暑く明け方調度よいくらいでした。(ただし女性としてはかなり温かく眠れるタイプで、同行者の女性は冬用シュラフでちょうどよかったようです。)なかなか良い感じです。ふわふわモフモフが幸せな気持ちにさせてくれます。見た目の膨らみ方は知人のイスカエア450X(-6℃)と同等かそれ以上に見えます。両手で押すと中の密度はずっと少なく重量もないのですが。

厳冬期には、手持ちのWMバーサライトのインナーシュラフにして温度域をブーストすること想定しています。フィールド使用したらレビューを更新したいと思います。
参考になった 2

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モルゲンロートさんのタマラックについてコメントする

モルゲンロートさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?