山道具詳細

参考になった 3
バルトロ 65 M グレゴリー(GREGORY )
お気に入り度
カテゴリー
ザック

記録したユーザー

MAY さん
購入年 2018年
購入価格 34,580円
重量 -
スペック 容量65リットル
お気に入りの点
腰全体を包み込むようなヒップベルトは、グレゴリーの他のモデルと同様に健在です。
またA3サスペンションシステムにより、常にザックがベストポジションになるというのも納得。
個人的に一番のお気に入りはドリンクホルダーで、ザックを降ろさなくてもストレス無くボトルの出し入れが可能なこと。
本当にグレゴリーの痒い所に手が届く視線の作りはありがたいです。
もうひとつの点
今のところは無し
モノがたり
これまではグレゴリーのZ40を使用していたけど、2泊3日のテン泊を計画するにあたって、大型ザックの必要性を感じて購入しました。
選択肢としては、モンベルのアルパイン60かバルトロ65か。
両方とも実際にショップで背負ってみて、バルトロ65に決定しました。
ショップで背面長を測定してもらったところ、身長165㎝だけどMという結果に。
ここは素直に従ってMを購入です。
使ってみた感じとしてはZ40で10㎏を背負うより、バルトロ65で15㎏背負った方が数倍楽でした。
背中全体に満遍なく荷重が掛かっているので、Z40では肩こりに悩まされていたけど解消しました。
参考になった 3

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

MAYさんのバルトロ 65 Mについてコメントする

バルトロ 65 Mのほかの人のレビュー

もっと見る

MAYさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

バルトロ 65 Mで行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ