山道具詳細

参考になった 12
ツエルトⅡロング ファイントラック(finetrack )
お気に入り度
カテゴリー
テント

記録したユーザー

山野けいすけ さん
購入年 2014年
購入価格 22,050円
重量 340g (グラム)
スペック W100 H95 D220 340g(メーカー公称)
お気に入りの点
なんといってもその軽さ、本体340gに、
細引き、ペグを使っても500g以下。
ストックは標準装備と考えると、標準のテントの実に3分の1。
結露に強いとの公称も、今のところは不満無し。
自分の身長が180なので、ロングバージョンはベストチョイス。
サイドリフターを引いたりと工夫すれば、かなり快適に寝られる。

最近の宿泊には全てこれを使っているほど気に入っている。
やはり、軽いは正義!
快適さと妥協点のバランスから考えるとかなりオススメ。
もうひとつの点
finetrackのツエルトは、ピコシェルターと
このツエルト2ロングを使っているが。
ツエルトの用途的に収納性をウリにしているので
収納袋が致命的に小さく収納には匠の技が必要で。

咄嗟に出せるように、即撤収出来るようにと、
ジップロックにがしがし収納して雨蓋あたりに
細引と一緒に収納するなど、割り切りは必要。

また、販売戦略(ある意味成功)とも言えるが
「テントの代わりに購入する」モノではない。
・実際のテントで幕営してみたことあるのが大前提
・(快適に寝るには)普通のテントより下手すればペグの本数必要
・フレームが無いので、建てるのに技術と時間が必要。

テントとして見るなら雨には激弱い。
自分も他の人の意見もそうだが、天頂部のループから浸水する。
(対策として自分は、ループ各所にシーム加工済み)
しかし逆に考えると、雨の中、水滴が落ちてくる程度で避難出来る。
緊急避難用アイテムの、(自己責任)積極利用なのをお忘れなく。

上記を念頭に、軽さと不便さを天秤に掛けると、
選択肢としては全然「あり」だとは思うんですけどねw
モノがたり
ほぼ上記で語ってしまったが(苦笑)
苦労や工夫と、重さを天秤にかければ結論は出ていると言うか。
自分の使用用途から考えると、現状これがイチ推しw

日帰り里山なら、本体のみ。
樹林が多ければペグを間引いてみたり。
天気や地面を予測して、グランドシート増減したり。

決して万人にオススメ出来るものではないが、
工夫の楽しさや、その軽さは応えてくれる。
そんな旅の相棒です♪
参考になった 12

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山野けいすけさんのツエルトⅡロングについてコメントする

ツエルトⅡロングのほかの人のレビュー

もっと見る

山野けいすけさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

ツエルトⅡロングで行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?