山には山用ウェアが安心 「ファーストレイヤー編」 低体温症は夏山でも起こる

 layer(レイヤー)は〝層〟。そして、layering(レイヤリング)は〝重ね着〟。山ではいろいろなウェアを層に見立て、組み合わせを変えながら着回します。

 なぜ、層にするのかというと、山にはいろんな状況があるから。寒かったり、暑かったり、風が吹いたり、雨が降ったり。天候や標高の移り変わりに乗り遅れないようにするのです。・・・  続きを読む ≫

 登山の途中、「寒いから◎◎を着るね」という同行者に、「私も着たほうがいいかな」と思いがち。でも、そこは自分の体に聞いて、自分で決める。快適の基準は人それぞれ。暑さ、寒さの感じ方には体質的な差があるし、体力によっても変わってきます。

 つられて着たけれど、やっぱり暑い・・・  続きを読む ≫

 山のウェアは種類が多い。それは、選択肢が多いほど、きめ細かく環境の変化に対応できるから。たとえば「微妙に寒い」とき。フリースジャケットを着ると暑くなりそうだから、生地が薄いウインドシェルで、という具合。

 夏山に向けて最低限そろえておきたいのは、吸汗速乾素材のTシャツとパンツ、保温着のフリースジャケット、それにレインウェア。・・・  続きを読む ≫

 登りで汗だく。だから、吸汗速乾性に優れたTシャツを身につける。稜線に出ると風でひんやり。そこで、ウインドシェルを羽織る。残念ながら雨模様。レインウェアを着て歩こう。登山用のウェアは、山で出会うさまざまなシチュエーションを考慮して作られています。

 吸汗速乾素材のTシャツも、ウインドシェルも、・・・  続きを読む ≫

 アンダーウェアとベースレイヤーの境界線、実は曖昧だったりします。ブランドによってはアンダーと呼ぶのは、ブラやショーツといった、いわゆる下着だけだったり、アンダーとベースの区別がなく状況によって一枚で着たり、下に着込んだりと使い分けたり。

 ちなみに、肌に直接身に付けるものという意味で、ファーストレイヤーという呼び方もあります。・・・  続きを読む ≫

 ウェア選びのアドバイスでは、「アンダーウェアが重要」、「命に関わる」とよく言われます。その一方で、登山を始めたばかりの人、夏だけ登山をする人は「いつ使えばいいの?」「絶対に着るの?」と悩むことも。

 ひとこと言うと、重要なのは寒いとき。気温が低いときだけでなく、風や濡れで体温を奪われるときも含みます。・・・  続きを読む ≫

 夏も快適に着られて、洗濯機で手軽に洗える。山のウールはひと味違います。使われているのは、高品質なメリノウール。メリノ種の羊は、代表的な産地であるニュージーランドの山岳地帯で、高地と低地を行き来しながら一年を過ごします。

 羊たちが厳しい環境で生きるために獲得した〝自然の衣服〟は、夏は涼しく、冬は暖か。繊維がとても細いため、・・・  続きを読む ≫

 化繊は乾きやすいことが最大の利点で、軽量。ただ、乾くときに熱を奪うので、ひんやりするのが難点。ウールは保温性に優れていて、天然素材の肌触りや防臭効果も魅力。

 速乾性では化繊にかなわないものの、濡れても冷たく感じにくい。それぞれの○と△を知ったうえで、両方着てみるのがベスト。自分にとってどちらが心地よいかが決め手です。・・・  続きを読む ≫

 汗で濡れたTシャツに冷たい空気や風が触れて、ぶるっ。それを解消してくれるのが、汗冷えを防ぐアンダーウェア。吸収した汗を上に着ているTシャツなどに移動させたら、逆方向の移動はブロック。濡れを肌に戻さないというスグレモノなのです。

 ファイントラックのフラッドラッシュシリーズが先駆けで、・・・  続きを読む ≫

 登山口で出発準備。「稜線に出たら寒そうだな」と思ったとき、〝寒さに備えて厚着で行く〟ではなく、〝寒さに備えたウェアを持つ〟が正解。レイヤリングという考え方は、そのためにあるのです。

 ベースレイヤーは途中で暑さに後悔しても、着替えたり、脱いだりするのが難しいもの。登るときの暑さに合わせて選びましょう。・・・  続きを読む ≫

 フリースとダウンは、どちらも保温のためのレイヤー。「どちらか持てばO‌K」という人もいるけれど、快適性・安全性を高めるなら両方持つのがおすすめ。どちらかひとつならフリースです。

 暖かさではダウンや化繊の中綿が入ったウェアがピカイチ。でも、着て歩くには暑いので、休憩や山小屋、テントでの滞在時向き。・・・  続きを読む ≫

 一日の行動を終えて、山小屋やテントへ。到着して体の動きが少なくなると、身にしみてくるのが山の寒さ。アルプスなど高い山ではことさら。夏の初めや終わりは想像以上に冷え込みます。

 寒いときは上に羽織ると考えがちですが、下に着込むのも効果的です。汗で濡れたTシャツを薄手のアンダーウェアに着替えたり、・・・  続きを読む ≫

 雨のなか、がんばって歩く縦走路。レインウェアを着ているのに、体が濡れるのはなぜ? レインウェアに破れやホツレがない場合は、汗と着かたを再確認。体が濡れると「雨がしみ込んでいる?」と思いがちですが、汗が原因のことも多いのです。

 これは、吸汗速乾性に優れたウェアを身につけ、発汗を抑えるレイヤリングと歩行ペースを心がけることで解決。・・・  続きを読む ≫

Supported by...