竜源橋

蓼科山登山口の東約1km、滝ノ湯川に沿って天祥寺原へ向かう登山口。
蓼科山の主要登山口のなかでは低い位置からのスタートとなるが、おおらかな笹原が広がる天祥寺原の景観が魅力。亀甲池や双子池をめぐるコースも計画しやすい。

竜源橋までのアクセス情報

JR中央本線茅野駅からアルピコ交通バスで約1時間30分、1250円。
バスは蓼科山登山口へ向かう場合と同じ蓼科高原ラウンドバスを利用。ダイヤによって経由地が異なり、所要時間は前後する。
マイカーなら国道152号、192号、ビーナスライン経由で竜源橋駐車場まで約24km。駐車場は5台前後駐車可能。

最寄バス停
竜源橋バス停

登山口まで約0km

アルピコ交通バスのバス停。
約20m先(白樺湖側)にある駐車場内に天祥寺原方面への登山口がある。

最寄駐車場
竜源橋駐車場

登山口まで約0km

ビーナスライン沿い、竜源橋バス停の約20m先(白樺湖側)になる駐車場(無料)は、5台前後と小規模。
この駐車場内に天祥寺原方面への登山口がある。

タクシー情報
  • アルピコタクシー(諏訪地区)

    0266-71-1181

  • 中山タクシー

    0266-72-7181

  • 第一交通茅野営業所

    0266-72-4161

  • 登山地図「ヤマタイム」
  • Yahoo!地図

竜源橋から登れる主な山

竜源橋からの登山ルート

  • 女神の棲む山頂の岩原は至福の展望台
    体力度: ★★ 危険度: 6時間45分 日帰り
    蓼科山登山口バス停・・・蓼科山・・・将軍平・・・天祥寺原・・・竜源橋・・・親湯・・・プール平バス停
  • 竜源橋から蓼科山、双子山へ 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 8時間20分 1泊2日
    【1日目】竜源橋・・・将軍平分岐・・・蓼科山荘【2日目】蓼科山荘・・・蓼科山・・・蓼科山荘・・・大河...

竜源橋に関連する登山記録

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!