このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人に愛され続ける、ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ。シリオ「P.F.46-3」

Yamakei Online Special Contents
道具・装備 2019年09月04日

advertorial

 

登山靴を脱ぐと足が解放されてリラックスできる、という言葉を聞いたことがあるだろう。この言葉の裏には、足がなんらかのストレスを受けている可能性が潜んでいる。もしかすると、フィット感を締めつけ感と混同しているのかもしれない。もちろん両者は同義ではなく、しっかりフィットするが締めつけ感はない靴を選ぶのが理想になる。

そこで試してもらいたいのが、シリオが手がける登山靴だ。老舗登山靴メーカーであるシリオは、日本人の足型を研究して導き出した、長さ10:幅4を基準とした日本人向けの登山靴を、25年以上も作り続けてきた。シリオの製品は、よく足幅が広い人におすすめといわれるが、幅が広い靴の開発は“足先がゆったりするストレスのない履き心地の提供”に端を発する。そのため、足先以外の、特にかかとまわりのフィット感は優秀で、狭い足場に立ち込んでも靴の中で足がズレないように、しっかりホールドしてくれるのである。

なかでもP·F·46-3はテント泊にも対応する、価格を抑えたエントリーユーザーにおすすめの軽量トレッキングシューズ。ストレスがない履き心地が軽快な登山を約束する。

 

抜群のグリップ力を誇るメガグリップを搭載

3世代目にあたるP.F.46-3から、アウトソールにはビブラムメガグリップが採用されている。通常のビブラムソールと比べ、指でこすると粘り気があり、抜群のグリップ力を提供する。

 

足を包み込むように自然なフィット感を提供

土踏まず部分から甲へ向けて直線と三角形でパーツがデザインされている。このTPUリブゲージが靴ひもと連動して左右から足を包み込み、より自然なフィット感を提供してくれる。

 

P.F.46-3

●価格:21,500円(税別)
●重量(片足、26.0cm):約600ℊ
●サイズ:22.5~29.0cm
●カラー:チタン

カタログを見る

 

熟練工が手がけるmade in Italy

P.F.431

●価格:30,300円(税別)
●重量(片足、26.0cm):590ℊ
●サイズ:25.0~29.0cm
●カラー:アスファルト/ブルー

P.F.46-3と同じライトトレッキングシューズのなかでも、イタリアの熟練工によって作られているのが、P.F.431になる。カチッとした履き心地が特徴で、爽やかな青色がアクセント。

カタログを見る

 

■お問合せ先
シリオ
TEL:03-3632-2525
http://www.sirio.co.jp/

教えてくれた人

秋山 JOY 2019

秋山・紅葉に特化したヤマケイの丸ごと1冊コースガイドブック。
秋は一年を通じて山がもっとも美しく彩られる季節。
鮮やかな紅葉の山を満喫するために、 ワンダーフォーゲル編集部が自信をもってお届けする秋山ガイドの決定版、それが『秋山JOY』!

特集 紅葉のアルプスへ
SPECIAL ISSUE 秋、涸沢
第2特集 全国紅葉名山

⇒秋山 JOY 2019はこちら