家形山いえがたやま

家形山

写真:岩澤正平  一切経山からの家形山と五色沼
 吾妻連峰の東吾妻に属し、今も火山活動を続ける一切経山(1949m)の北方に位置する。山容が家の屋根に似ているところからの呼称で、置賜盆地東部から連峰東端に確認できる。
 登山道は、天元台から人形石、東大巓、烏帽子山、一切経山を経由して浄土平に出る縦走のほか、高湯温泉(福島)、五色温泉、滑川温泉、姥湯温泉からと数多く開かれている。五色温泉のスキー場は、明治34年(1901)に開かれた、我が国で最も長い歴史をもつスキー場の1つであったが、平成10年春に閉鎖された。また、温泉宿の一角に、秩父宮、高松宮をはじめとする皇族方、後の日本山岳界の重鎮となる板倉勝宣氏、槙有恒氏らの大学山岳部の倶楽部ハウス(大正12年建設)があり、その前進基地の緑樹山荘が四郎右エ門沢の近くに建っている。山頂へは堀田林道を経由し、兵子の分岐から約1時間で登頂できる。

DATA

山域: 吾妻連峰
都道府県: 福島県
標高: 1,877m
2万5千図: 吾妻山・天元台・板谷・土湯温泉

※ 家形山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

家形山に行くモデルコース

家形山周辺の最新情報

登山口情報

  • 浄土平 
  • 白布温泉 
  • 滑川温泉 
  • 姥湯温泉 

  • 【浄土平】
    吾妻連峰の登山口。磐越吾妻スカイライン上にあるので、スカイライン通行可能期間のみのり用となる。周辺はレストハウスやビジターセンターがある。

  • 【白布温泉】
    吾妻連峰の山形県側登山口。西吾妻山、西大嶺方面へは白布温泉からの入山が便利。天元台ロープウェイ、および運行期間は天元台スキー場のリフトを利用できる。

  • 【滑川温泉】
    吾妻連峰の北側からの登山口。一軒宿の滑川温泉福島屋がある。
    バス路線はないので、車のみのアクセスとなる。また、JR奥羽線峠駅から徒歩で1時間ほど。温泉施設を利用しない場合は、滑川大滝の展望用の駐車場へ。

  • 【姥湯温泉】
    吾妻連峰の北側からの登山口。一軒宿の桝形屋旅館がある。登山口へは駐車場の北側にあり、鉄ハシゴを登っていく。
    アクセスはマイカーのみとなる。JR奥羽本線の峠駅からは徒歩で2時間20分ほど。

周辺にある山小屋

  • 家形山避難小屋 
  • 慶應吾妻山荘 
  • 酸ヶ平避難小屋 
  • 姥湯温泉 桝形屋 
  • 谷地平避難小屋 
  • 吾妻小舎 
  • 滑川温泉 福島屋 
  • 弥兵衛平避難小屋(旧明月荘) 
  • 旅館二階堂 
  • 五色温泉宗川旅館 

  • 【家形山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 一切経山五色沼の北900m
    電話: 024-521-7251
    FAX: 024-521-7927
    営業期間: 通年(無人)

  • 【慶應吾妻山荘】
    営業小屋
    場所: 五色沼下
    電話: 024-582-5371
    FAX: 024-582-5371
    営業期間: 2020年9月1日 再オープン

  • 【酸ヶ平避難小屋】
    無人小屋
    場所: 浄土平から西へ徒歩40分
    電話: 024-521-7251
    FAX: 024-521-7927
    営業期間: 通年(無人)

  • 【姥湯温泉 桝形屋】
    旅館
    場所: 峠駅から送迎車25分(宿泊客のみ、要予約)
    電話: 0238-35-2633
    FAX: 0238-35-2095
    営業期間: 4/末~11/初

  • 【谷地平避難小屋】
    無人小屋
    場所: 浄土平から徒歩2時間、大倉川上流谷地平
    電話: 024-521-7251
    FAX: 024-521-7927
    営業期間: 通年(無人)

  • 【吾妻小舎】
    営業小屋
    場所: 福島駅からバス(平日運休 10/1~11/4は毎日運行)1時間5分、兎平下車、徒歩5分
    電話: 024-591-3173(温湯温泉内)
    FAX: 0241-27-8911(高橋)
    営業期間: 4/28~11/5(水曜定休 7/20~8/末無休)

  • 【滑川温泉 福島屋】
    旅館
    場所: 峠駅から送迎車15分
    電話: 0238-34-2250
    FAX: 050-3488-5122
    営業期間: 4/下~11/上

  • 【弥兵衛平避難小屋(旧明月荘)】
    無人小屋
    場所: 東大巓北1km明月湖畔
    電話: 0238-22-5111
    FAX: 0238-24-4541
    営業期間: 通年(無人)

  • 【旅館二階堂】
    旅館
    場所: 福島駅から車40分
    電話: 024-591-3173
    FAX: 024-591-5395
    営業期間: 4/29~11/中(要確認)

  • 【五色温泉宗川旅館】
    旅館
    場所: 板谷駅から送迎車20分(要予約)
    電話: 0238-34-2511
    FAX: 0238-34-2513
    営業期間: 通年

家形山に関連する登山記録

もっと見る

家形山の近くの山

東北方面に行く登山ツアー

21年03月09日(火) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<スノーハイク初級>『名湯・酸ヶ湯温泉に宿泊で「ヒバ仙人風呂」も満喫!奥入瀬渓流と八甲田樹氷スノーシュー 2日間』【東京・上野・大宮出発】
21年03月13日(土) 関東発 ・2日間 毎日新聞旅行
雪の安達太良山 源泉かけ流しの山麓泊
21年03月16日(火) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
雪の赤面山 展望の那須前衛峰へ
21年03月19日(金) 東北発 ・日帰り ケイランド
日本百名山  吾妻山(スノーシューツアー)
21年03月20日(土) 東北発 ・日帰り ケイランド
日本百名山 安達太良山(雪山ツアー)
21年03月20日(土) 関東発 ・2日間 毎日新聞旅行
雪の磐梯山 鋭鋒からの展望を目指して
21年03月27日(土) 関東発 ・2日間 トラベルギャラリー
雪山初級 くろがね温泉小屋宿泊 安達太良山
21年03月28日(日) 関東発 ・2日間 毎日新聞旅行
残雪の男鹿岳 奥会津の近くて遠い山 会津高原尾瀬口集合解散

この地域に行く登山ツアー

家形山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2021年2月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。