家形山いえがたやま

家形山

写真:岩澤正平  一切経山からの家形山と五色沼
 吾妻連峰の東吾妻に属し、今も火山活動を続ける一切経山(1949m)の北方に位置する。山容が家の屋根に似ているところからの呼称で、置賜盆地東部から連峰東端に確認できる。
 登山道は、天元台から人形石、東大巓、烏帽子山、一切経山を経由して浄土平に出る縦走のほか、高湯温泉(福島)、五色温泉、滑川温泉、姥湯温泉からと数多く開かれている。五色温泉のスキー場は、明治34年(1901)に開かれた、我が国で最も長い歴史をもつスキー場の1つであったが、平成10年春に閉鎖された。また、温泉宿の一角に、秩父宮、高松宮をはじめとする皇族方、後の日本山岳界の重鎮となる板倉勝宣氏、槙有恒氏らの大学山岳部の倶楽部ハウス(大正12年建設)があり、その前進基地の緑樹山荘が四郎右エ門沢の近くに建っている。山頂へは堀田林道を経由し、兵子の分岐から約1時間で登頂できる。

DATA

山域: 吾妻連峰
都道府県: 福島県
標高: 1,877m
2万5千図: 吾妻山・天元台・板谷・土湯温泉

※ 家形山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

家形山に行くモデルコース

家形山周辺の最新情報

登山口情報

  • 浄土平 
  • 白布温泉 
  • 滑川温泉 
  • 姥湯温泉 

  • 【浄土平】
    吾妻連峰の登山口。磐越吾妻スカイライン上にあるので、スカイライン通行可能期間のみのり用となる。周辺はレストハウスやビジターセンターがある。

  • 【白布温泉】
    吾妻連峰の山形県側登山口。西吾妻山、西大嶺方面へは白布温泉からの入山が便利。天元台ロープウェイ、および運行期間は天元台スキー場のリフトを利用できる。

  • 【滑川温泉】
    吾妻連峰の北側からの登山口。一軒宿の滑川温泉福島屋がある。
    バス路線はないので、車のみのアクセスとなる。また、JR奥羽線峠駅から徒歩で1時間ほど。温泉施設を利用しない場合は、滑川大滝の展望用の駐車場へ。

  • 【姥湯温泉】
    吾妻連峰の北側からの登山口。一軒宿の桝形屋旅館がある。登山口へは駐車場の北側にあり、鉄ハシゴを登っていく。
    アクセスはマイカーのみとなる。JR奥羽本線の峠駅からは徒歩で2時間20分ほど。

周辺にある山小屋

  • 家形山避難小屋 
  • 慶応吾妻山荘 
  • 酸ヶ平避難小屋 
  • 姥湯温泉 桝形屋 
  • 谷地平避難小屋 
  • 吾妻小舎 
  • 滑川温泉 福島屋 
  • 弥兵衛平避難小屋(旧明月荘) 

  • 【家形山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 一切経山五色沼の北900m
    電話: 024-521-7251
    FAX: 024-521-7927
    営業期間: 通年(無人)

  • 【慶応吾妻山荘】
    営業小屋
    場所: 五色沼下
    FAX: 024-534-1988
    営業期間: 通年

  • 【酸ヶ平避難小屋】
    無人小屋
    場所: 浄土平から西へ徒歩40分
    電話: 024-521-7251
    FAX: 024-521-7927
    営業期間: 通年(無人)

  • 【姥湯温泉 桝形屋】
    旅館
    場所: 峠駅から送迎車25分(宿泊客のみ、要予約)
    電話: 0238-35-2633
    FAX: 0238-35-2095
    営業期間: 4/末~11/初

  • 【谷地平避難小屋】
    無人小屋
    場所: 浄土平から徒歩2時間、大倉川上流谷地平
    電話: 024-521-7251
    FAX: 024-521-7927
    営業期間: 通年(無人)

  • 【吾妻小舎】
    営業小屋
    場所: 福島駅からバス(平日運休 10/1~11/4は毎日運行)1時間5分、兎平下車、徒歩5分
    電話: 024-591-3173(温湯温泉内)
    FAX: 0241-24-4491(高橋)
    営業期間: 4/28~11/5(水曜定休 7/20~8/末無休)

  • 【滑川温泉 福島屋】
    旅館
    場所: 峠駅から送迎車15分
    電話: 0238-34-2250
    FAX: 050-3488-5122
    営業期間: 4/下~11/上

  • 【弥兵衛平避難小屋(旧明月荘)】
    無人小屋
    場所: 東大巓北1km明月湖畔
    電話: 0238-22-5111
    FAX: 0238-24-4541
    営業期間: 通年(無人)

家形山に関連する登山記録

もっと見る

家形山の近くの山

東北方面に行く登山ツアー

19年09月26日(木) 関東発 ・3日間 毎日新聞旅行
岩手山と八幡平 往復新幹線で名峰2座と名湯を楽しむ
19年09月26日(木) 関東発 ・3日間 毎日新聞旅行
(2名1室)岩手山と八幡平 往復新幹線で名峰2座と名湯を楽しむ
19年09月27日(金) 関東発 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<ハイク中級>『★ガイド同行で暗門の滝へ★白神十二湖全33湖と日本百名山・岩木山ハイキング 3日間』
19年09月27日(金) 東北発 ・3日間 ケイランド
日本百名山  飯豊連峰
19年09月28日(土) 北陸・信越・東海発 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級B!>『日本百名山3座揃い踏み 八幡平・岩手山・早池峰山 3日間』
19年09月28日(土) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山初級A>『秋から始める登山教室・参加者限定企画 紅葉の蔵王山と栗駒山 2日間』【東京出発】
19年09月28日(土) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
八幡平・八甲田山・岩木山
19年09月28日(土) 近畿発 ・3日間 トラベルギャラリー
八幡平・八甲田山・岩木山

この地域に行く登山ツアー

家形山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...