月山がっさん

百名山 花の百名山 東北百名山

月山

 山形県のほぼ中央に位置し、羽黒町、立川町、西川町とに境を接している。
 地質的には花崗岩、第三紀層を基盤にして、月山中央火山、姥ヶ岳火山、御浜火山、湯殿山火山等々からなる複式火山である。なかでも、月山火山は規模も大きく、1500m以上の東側に火山の原形を残し、緩やかな半月型の優美な姿を形成している。この山姿から臥牛(がぎゆう)山とか犂牛(くろうし)山ともいわれる。
 一方、西側は古い爆裂火口壁で、溶岩流と噴出物の重なり合った荒々しい縞模様を望むことができる。
 弥陀ヶ原から山頂へと続く表参道の途中に小さな崖が何カ所か見られる。これは、月山火山が間欠的に噴出した溶岩流の末端にあたる所といわれている。8合目の弥陀ガ原は溶岩台地上の広い湿地帯で、肘折コースの念仏ガ原とともに高山植物の豊富な所として知られている。
 日本海から近いため、冬の季節風は多量の積雪をもたらし、東側に大雪城(おおゆきしろ)をはじめとする雪田や越年雪を残す。月見ヶ原の雪田は、小型のカールのような凹地で、典型的な雪窪地形をなしている。さらに、その内部には、半月形の月食堤や階段状砂礫といった氷河周辺に発達する地形が見られる。そして、この雪が亜高山針葉樹林を極度に貧弱にしてきた。東北という位置もさることながら、月山の多雪さを物語っている。
 山頂の月山神社には、農業の神「月読之命」を祭り、開山は崇峻天皇第一皇子の蜂子皇子とされている。山頂とはいっても目立った頂はなく、ヒナウスユキソウ、クロユリ、ハクサンイチゲ、チングルマなどが咲き誇り、神泉池をのせる広大な高原である。鍛冶小屋跡への下り口の所に松尾芭蕉「雲の峰いくつ崩れて月の山」の句碑が立っている。
 7月から8月にかけては、五穀豊穣、家内安全、海上安全を願う白衣に金剛杖の道者で今でも大いに賑わう。登拝路は、八方七口といわれていたが、月山高原ラインの羽黒口、国道112号の六十里越街道からの姥沢口と仙人沢有料道路経由の湯殿山口が整備されている。いずれの登山口からも2~3時間の登高で容易に山頂に立てる。
 また、近年のレジャーブームを反映して、4月になると雪に埋まったリフトを掘り起こして、スキー場がオープンする姥ヶ岳南・東斜面や姥沢を中心に夏まで多くのスキーヤーで賑わう。しかし、リフトで運び上げられた人々と、多雪で守られてきた植生のバランスの崩れが年々大きくなっている。

DATA

山域: 出羽三山
都道府県: 山形県
標高: 1,984m
2万5千図: 月山

※ 月山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

月山に行くモデルコース

  • たおやかな峰と湿原が魅力の出羽三山の主峰
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 4時間30分 日帰り
    姥沢バス停・・・リフト乗り場・・・リフト上駅・・・姥ヶ岳・・・牛首・・・月山・・・仏生池小屋・・・月...
  • 月山 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 5時間55分 日帰り
    姥沢口・・・リフト下駅・・・雄宝清水・・・リフト分岐・・・リフト上駅・・・金姥・・・牛首・・・月山・...
  • 湯殿山神社本宮を参拝して月山へ 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 6時間20分 日帰り
    湯殿山・・・装束場・・・金姥・・・牛首・・・月山・・・牛首・・・金姥・・・装束場・・・湯殿山
  • 肘折温泉から念仏ヶ原を経て月山へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 9時間40分 1泊2日
    【1日目】肘折温泉・・・月山登山口・・・赤沢川徒渉点・・・小岳・・・念仏ヶ原避難小屋・・・千本桜・・...

登山口情報

  • 姥沢口 
  • 月山八合目 
  • 湯殿山登山口 
  • 肘折温泉 

  • 【姥沢口】
    月山の登山口で、夏スキーの基点として知られる。姥沢までは西川町営バスを利用する。姥沢周辺はロッジなどが数軒立ち並び、春から夏にかけてスキー客が全国からやってくる。


  • 【月山八合目】
    月山の登山口。月山高原ラインの終点で、レストハウスなどが完備されている。弥陀ヶ原へのハイキングなど、観光者で賑わう。バスでもアクセスでき、便利。

  • 【湯殿山登山口】
    月山の南西尾根に連なるなだらかな稜線をもつ湯殿山。登山口は湯殿山神社本宮への参拝客で賑わう。
    アクセスは車の場合は湯殿山有料道路で仙人沢駐車場へ。バスの場合は湯殿山バス停へ。ここから参拝バスでを利用すれば、湯殿山神社本宮まで進める。

  • 【肘折温泉】
    月山の登山口のなかでは最長コースとなる登山口。肘折温泉は開湯1200年以上の老舗温泉。
    バスでもアクセス可能だが登山口まで長い林道歩きがある。マイカーの場合は、1時間ほどショートカットできる。

周辺にある山小屋

  • 月山頂上小屋 
  • 仏生池小屋 
  • 清川行人小屋 
  • 念仏ヶ原避難小屋 
  • 月山六合目避難小屋 

  • 【月山頂上小屋】
    営業小屋
    場所: 月山頂上、一等三角点南方100m
    電話: 0235-62-2757
    営業期間: 6/下~9/中

  • 【仏生池小屋】
    営業小屋
    場所: 月山羽黒山口九合目
    電話: 090-8783-9555
    営業期間: 6/末~9/下

  • 【清川行人小屋】
    無人小屋
    場所: 月山南東約2.5km、車止(台所屋敷跡)から徒歩3時間
    電話: 090-1067-4225
    営業期間: 通年(無人)

  • 【念仏ヶ原避難小屋】
    無人小屋
    場所: 肘折温泉から約6時間
    電話: 0233-75-2324
    FAX: 0233-75-2231
    営業期間: 通年(無人)

  • 【月山六合目避難小屋】
    無人小屋
    場所: 鶴岡駅からバス1時間30分、六合目下車
    電話: 0235-62-2111
    FAX: 0235-78-0871
    営業期間: 通年(無人)

月山に関連する登山記録

もっと見る

月山の近くの山

月山に関連する登山ツアー

18年12月01日(土) 関東 ・2日間 トラベルギャラリー
忘年山行!花園渓谷・奥ノ院峰と二ツ箭山&あんこう鍋

関連するツアーを探す

月山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年11月13日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 登山とカメラに関するアンケート
登山とカメラに関するアンケート 山に行って写真を取るは、ごく普通の行為ですが、どんなカメラで、何を、何のために、どんな方法で撮っていますか?
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!