越後駒ヶ岳こまがたけ

百名山 花の百名山

越後駒ヶ岳

写真:山田昌男  北魚沼郡大和町荒山からの駒ヶ岳
 駒ヶ岳の山名は全国各地に多いが、上越線の車窓から望む越後駒ヶ岳の山容は、誇らかに天馬空を翔けるの観があり、登山者の登高意欲をそそらずにはおかない。銀鉱採掘で繁栄した元禄時代の銀山平は、人口1万4000人余りといわれるが、銀山への往復で関門の枝折峠を越えた当時の人々は、四季折々の駒ヶ岳をどんな思いで見上げたことであろうか。
 登山道はその枝折峠から小倉山、百草ノ池をたどる明神尾根伝いと、佐梨川畔の駒ノ湯から、道行沢と小チョウナ沢の中間尾根を小倉山へ登るコースがあり、小出駅から銀山平行のバスを利用して、いずれも約5時間の登高となる。また、昭和39年に開かれた、通称「裏の尾根道」は、八海山の大倉登山口経由で越後三山森林公園まで車道があり、モチガハナ沢とデトノアイソメ沢に挟まれた尾根を登るコースで、峻険な水無渓谷や八海山東面岩壁の大観を楽しめる。
 明神尾根の標高1800m地点に駒ノ小屋があり、中ノ岳、八海山へと三山縦走をする際に利用される。小屋からオツルミズ沢源頭のお花畑を登りつめれば一等三角点の頂上で、豊斟淳尊の銅像と大山祇命の石像、石碑などがある。山麓の湯之谷温泉郷は観光地として人気が高い。

DATA

正式名称: 駒ヶ岳
山域: 越後三山
都道府県: 新潟県
標高: 2,003m
2万5千図: 八海山

※ 越後駒ヶ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

越後駒ヶ岳に行くモデルコース

登山口情報

  • 枝折峠 
  • 越後三山森林公園キャンプ場 
  • 駒ノ湯 
  • 十字峡登山センター 

  • 【枝折峠】
    越後駒ヶ岳登山でいちばん多く利用されている枝折峠登山口。バス便はすくないので、ほとんどはマイカー利用となっている。駐車場は30台弱利用できる。

  • 【越後三山森林公園キャンプ場】
    十二平から越後駒ヶ岳の登山口となる。バス便はないため、マイカー以外でのアクセスはタクシーを利用する。料金は浦佐駅から約3400円。

  • 【駒ノ湯】
    小倉尾根で越後駒ヶ岳に登る登山口となる駒ノ湯。バス便は少ないため、マイカーかタクシーでの利用が多くなる。

  • 【十字峡登山センター】
    十字峡は越後駒ヶ岳から中ノ岳への縦走の下山口もしくは中ノ岳往復の登山口となる。マイカー利用が多く、バスの利用の場合は三国川ダム下の野中まで歩くことになる。徒歩約2時間。

周辺にある山小屋

  • 駒の小屋(越後駒ヶ岳避難小屋) 
  • 中ノ岳避難小屋 
  • 八海山避難小屋 
  • 八海山千本檜小屋 
  • 荒沢ヒュッテ 
  • 奥只見山荘 
  • 湖山荘 
  • 村杉 
  • ログハウス白光 

  • 【駒の小屋(越後駒ヶ岳避難小屋)】
    営業小屋
    場所: 駒ヶ岳明神尾根・郡界尾根分岐
    電話: 025-792-9754
    FAX: 025-793-1016
    営業期間: 通年(5/中~10/中、不定期に管理人在駐)

  • 【中ノ岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 中ノ岳山頂
    電話: 025-773-6665
    FAX: 025-773-6710
    営業期間: 通年(無人)

  • 【八海山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 八海山九合目
    電話: 025-773-6665
    FAX: 025-773-6710
    営業期間: 通年(無人)

  • 【八海山千本檜小屋】
    営業小屋
    場所: 八海山九合目
    電話: 080-5079-3375
    営業期間: 7/1~10/30(9/15以後は金・土・日曜のみ管理人駐在)

  • 【荒沢ヒュッテ】
    旅館
    場所: 銀山平温泉
    電話: 025-795-2548
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/1~11/5

  • 【奥只見山荘】
    旅館
    場所: 奥只見銀山平
    電話: 025-795-2239
    FAX: 025-795-2464
    営業期間: 4/10~11/10

  • 【湖山荘】
    旅館
    場所: 銀山平温泉
    電話: 025-795-2226
    FAX: 025-795-2512
    営業期間: 4/上~11/10

  • 【村杉】
    旅館
    場所: 浦佐駅からバス1時間、銀山平下車
    電話: 025-795-2451
    営業期間: 4/10~11/5

  • 【ログハウス白光】
    旅館
    場所: 銀山平北ノ又川上流
    電話: 025-795-2450
    営業期間: 4月~11/上

越後駒ヶ岳に関連する登山記録

もっと見る

越後駒ヶ岳の近くの山

上信越方面に行く登山ツアー

20年02月02日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2019年4月スタート全17回富士山すそ野ウォーク>『第11回 田貫湖~ふもとっぱら』【上野出発】
20年02月02日(日) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
【WEB限定掲載】<スノーハイク入門>初めてでも安心のレンタル付 北横岳の坪庭スノーシュー体験会 日帰り』
20年02月02日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2019年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第5回 樹空の森~忠ちゃん牧場』【津田沼出発】
20年02月04日(火) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
【女性限定】<登山初級A>『沼津アルプス全山完歩を目指す 香貫山~志下峠 日帰り』        【現地集合・解散】
20年02月04日(火) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山中級 千葉県の名峰 房総・元清澄山(もときよすみやま) 日帰り』【新宿出発】
20年02月05日(水) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2020年1月スタート全17回富士山すそ野ウォーク>『第2回 忍野八海~山中湖』【津田沼出発】
20年02月05日(水) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2020年1月スタート全12回富士山すそ野ウォーク>『第2回 霊峰眺める湖畔の道』【川越・入間市出発】
20年02月05日(水) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2019年4月スタート全17回富士山すそ野ウォーク>『第11回 田貫湖~ふもとっぱら』【多摩センター・八王子出発】

この地域に行く登山ツアー

越後駒ヶ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?