苗場山なえばさん

百名山 花の百名山

苗場山

写真:松本清  神楽ヶ峰からの苗場山
 上信越高原国立公園内にある山で、第4紀火山の安山岩類からなり、頂上部は多くの池塘を光らせた4km四方に及ぶ高層湿原を展開しており、その景観と特異な山容から、越後の名山として注目され、県内外の登山者に親しまれている。
 頂上には保食神の青銅像や伊米神祠、苗場七柱大神などの石塔があり、昔から延喜式内伊米神社の奥ノ院として、農民や修験の登拝があったらしい。
 文化8年に塩沢町の鈴木牧之(ぼくし)が、案内や従者ら12名を伴って登山し「苗場山は越後第一の高山なり、魚沼郡にあり登り二里という。絶頂に天然の苗田あり、依て昔より山の名に呼ぶなり、峻岳の巓に苗田ある事甚だ奇なり」と、その著『北越雪譜』に苗場山紀行を載せている。
 登山道は上越新幹線の越後湯沢駅から清津川を渡り、和田小屋、神楽ガ峰を経由する三俣コースや、三国峠に近い元橋からの赤湯温泉コース、飯山線の津南町から中津川を遡った秋山郷の金城山・小松原コース、小赤沢コースなどがあって、それぞれに苗場山の多様な側面を見せているが、交通、宿泊の便がよくて登山者に好まれているのは三俣コースで、マイカーを利用すれば、スキーシーズン以外は、和田小屋の徒歩20分手前の町営駐車場まで入ることができる。かつてはブナの原生林をたどった登山道は、スキー場造成の伐開やリフト架設で昔の面影を失ったが、自然保護のため木道が敷かれて登山者に喜ばれている。
 登山の対象としてよりもスキー場が有名で、苗場山を巡って民宿150軒、スキー場17カ所もの施設があり、ゲレンデに林立するスキーリフト群が山相を一変させた観がある。
 一等三角点の頂上には、遊仙閣と苗場山自然交流センターがあり、天然の苗田と見られた池塘群には、ワタスゲ、ヌマガヤに混じってヤマトキソウ、キンコウカ、ヒメシャクナゲなどの湿原植物が多彩で、その間にコメツガなどの低い針葉樹林が点在しており、木道に導かれた山上庭園の散歩が楽しい。もちろん上信越の山々をはじめとする展望も申し分ない。
 三俣口8合目の神楽ガ峰には、鈴木牧之の苗場登山を顕彰して、昭和15年に我が国登山界の元老である高頭仁兵衛氏らが、高さ3mの「天下之霊観」碑を建立したが、落雷か積雪の圧力かで折損放置されていたのを、平成3年に日本山岳会越後支部が、原型と同じ仙台石で霊観碑を再建している。
 和田小屋から4時間30分で山頂へ。

DATA

山域: 三国山脈
都道府県: 新潟県 長野県
標高: 2,145m
2万5千図: 苗場山

※ 苗場山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

苗場山に行くモデルコース

苗場山周辺の最新情報

  • 和田小屋~苗場山
    和田小屋
    登山道では夏の花たちが真っ盛り。夏の最後を彩るヤナギランの群生も見事。午後は夕立雷に注意
    19年08月10日(土)

登山口情報

  • 平標登山口 
  • 和田小屋 
  • 小赤沢 
  • 和山温泉入口 

  • 【平標登山口】
    谷川連峰のいちばん西に位置する平標山の登山口。越後湯沢駅からのバスの本数も多く、国道沿いとなるのでアクセスはよい。
    駐車場には約150台駐車できる。有料で料金は一日500円。

  • 【和田小屋】
    苗場山・祓川コースの登山口。バス便はないために手前の駐車場からタクシー利用となる。和田小屋から日帰りで苗場山へ登る人が多い。

  • 【小赤沢】
    秋山郷から苗場山への登山口として利用されている。バス便はあるが、電車の乗り継ぎが悪いと時間がかかる。

  • 【和山温泉入口】
    秋山郷から苗場山への登山口として利用されている。バス便はあるが、電車の乗り継ぎが悪いと時間がかかる。

周辺にある山小屋

  • 和田小屋 
  • 赤湯温泉山口館 
  • 小松原避難小屋 

  • 【和田小屋】
    営業小屋
    場所: 越後湯沢駅から車30分、苗場山五合目
    電話: 025-788-9221
    FAX: 025-788-9224
    営業期間: 6/中~10/中 12/上~5/上

  • 【赤湯温泉山口館】
    営業小屋
    場所: 清津川支流サゴイ沢出合から上流100m
    電話: 025-772-4125
    FAX: 025-772-4125
    営業期間: 4/29~11/3

  • 【小松原避難小屋】
    無人小屋
    場所: 苗場山北面小松原湿原と日陰山中間
    電話: 025-765-3115
    FAX: 025-765-4625
    営業期間: 通年(冬期は積雪で使用不可 無人)

苗場山に関連する登山記録

もっと見る

苗場山の近くの山

苗場山に関連する登山ツアー

19年09月27日(金) 関東 ・4日間 トラベルギャラリー
苗場山縦走と巻機山
19年09月27日(金) 九州・沖縄 ・4日間 トラベルギャラリー
苗場山縦走と巻機山
19年09月27日(金) 関東 ・3日間 朝日旅行
【朝日旅行~ゆとりある山旅~】秘湯・貝掛温泉泊・紅葉の苗場山から秋山郷【レベル4】
19年09月28日(土) 近畿 ・3日間 朝日旅行
【朝日旅行~ゆとりある山旅~】山本道夫ガイドの立山塾・番外秘湯・貝掛温泉と紅葉の苗場山から秋山郷【レベル4】
19年10月03日(木) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<日本百名山をめざす会>『登山中級A 苗場山 2日間』【新宿出発】
19年10月08日(火) 関東 ・2日間 毎日新聞旅行
苗場山 湯沢側から秋山郷へ バスツアーならではの下山コース
19年10月20日(日) 関東 ・2日間 毎日新聞旅行
苗場山麓 赤湯温泉/紅葉と秘湯・癒しの山旅

関連するツアーを探す

苗場山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2019年9月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...