妙高山みょうこうさん

百名山

妙高山

写真:渡辺正敏  三ツ峰からの妙高山
 連聳する火打山と活火山の焼山を合わせて、「頸城三山」と称する山塊の代表といえよう。越後富士とも呼ばれる秀麗な山容と、赤倉、池ノ平、関、燕などの温泉群、そして山裾に展開する多くのスキー場が県内外の耳目を集めて、関東、関西方面の観光客にも知名度が高い。信越本線の妙高高原駅や関山駅から各温泉へバスの便がある。
 古名を「越の中山」と呼び、「名香山」とも書かれたのが、仏典の須弥山に付会して「妙光」から「妙高」と改名され、信仰の山として開かれた。江戸時代の文献に「義経記に妙観音岳と書く、信越の境に在りて高山なり、峰に祀廟あり阿弥陀仏を安置す。木曽義仲の護念仏なりという。毎年六月二十三日に諸人登山して香花を奉る」とあり、現在も上越市周辺では講中をつくり、ナンボイサンと称する信仰登山が続けられている。
 雄大な裾野の広がりは第4紀のコニーデ複式火山によるもので、外輪山の神奈山、三田原山、赤倉山に囲まれた中央火口丘の真山は「日本岩」が屹立する溶岩原で、約400mの距離がある平頂となっている。
 登山コースは東面の燕、赤倉、池ノ平温泉や南西面の笹ヶ峰牧場からと多様で、各登山口から4~5時間で頂上に達するが、燕温泉から北地獄谷、天狗堂跡経由の道が多く利用され、富士登山と同じく、深夜からライトを頼りに登って、頂上でご来光を拝む登山者が多い。
 かつては妙高山から大倉乗越を経て火打山、焼山へと縦走する人も多かったが、焼山が昭和49年の夏に爆発して3名の登山者が遭難した。以後も噴火の危険があるとして中腹以上の登山が禁止されている。したがって登山者に好まれた三山縦走はできなくなったが、火打山への縦走は可能である。
 頂上には勝軍地蔵が祭られており、阿弥陀堂は強風で倒壊したのか、北地獄谷の岩壁のテラスに残骸を見たことがある。
 外輪山の神奈山は、燕温泉に覆いかぶさるような大断崖を屹立させているが、東方の関温泉から幕ノ沢とハルイ沢の中間尾根に開かれた登山道があり、大倉谷を隔てた妙高真山の巨体を眺めながらの登高が楽しく、大倉新道を経てたどり着く黒沢池ヒュッテは、火打山と妙高山へ登る拠点となっている。
 登山とは別に、山麓を巡るハイキング・コースも多いので、赤倉や池ノ平の温泉に浴して、シラカバ林の道をたどったり、国民休暇村のある笹ヶ峰牧場でのキャンプ生活は、自然の息吹きに包まれて、野鳥や植生観察を楽しめる。

DATA

別名: 頸城三山、越後富士
山域: 妙高山周辺
都道府県: 新潟県
標高: 2,454m
2万5千図: 妙高山

※ 妙高山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

妙高山に行くモデルコース

妙高山周辺の最新情報

登山口情報

  • 笹ヶ峰 
  • 燕温泉 
  • 赤倉温泉 
  • 関温泉スキー場前 

  • 【笹ヶ峰】
    火打山、妙高山、焼山といった、頸域の山々に登る際に登山口として利用される。収容350張という広大な笹ヶ峰キャンプ場があり、ここを登山ベースにしてもよい。JR妙高高原駅から笹ヶ峰高原への直行バスが5~11月に運行。国道18号に下る途中には日帰り入浴施設の杉沢温泉苗名の湯がある。

    ※2018年10月1日~21日の間、環境保全協力金(500円)を収受する社会実験を環境省・妙高市が実施

  • 【燕温泉】
    関温泉からさらにトンネルを抜けた先にある歴史のある温泉地。駐車場から歩いて5分で登山口に着く。露天の河原の湯、黄金の湯がある。

    ※2018年10月1日~21日の間、環境保全協力金(500円)を収受する社会実験を環境省・妙高市が実施

  • 【赤倉温泉】
    赤倉観光リゾートスキー場の駐車場を利用して、妙高スカイケーブルでゲレンデ上部から妙高山にアプローチできる。
    日帰り入浴施設はランドマーク妙高高原「温泉かふぇ」が近い。

    ※2018年10月1日~21日の間、環境保全協力金(500円)を収受する社会実験を環境省・妙高市が実施

  • 【関温泉スキー場前】
    神奈山方面、神奈山経由で黒沢池・火打山方面、妙高山へ行く際に利用する登山口。
    マイカーではスキー場の駐車場を利用できる。公共交通機関はJR信越線・関山駅からバスまたはタクシーを利用する。

周辺にある山小屋

  • 大谷ヒュッテ (南地獄谷避難小屋) 
  • 黒沢池ヒュッテ 
  • 高谷池ヒュッテ 
  • 山小屋明星荘 

  • 【大谷ヒュッテ (南地獄谷避難小屋)】
    無人小屋
    場所: 妙高山東南東方1.5km、池ノ平・赤倉道分岐
    電話: 0255-74-0021
    FAX: 0255-73-8206
    営業期間: 通年(無人)

  • 【黒沢池ヒュッテ】
    営業小屋
    場所: 妙高山・火打山登山道中間
    電話: 0255-86-5333(9~17時)
    FAX: 0255-86-2969
    営業期間: 7/1~10/31

  • 【高谷池ヒュッテ】
    営業小屋
    場所: 火打山南東2km、高谷池畔
    電話: 0255-86-6000
    FAX: 0255-86-6639
    営業期間: 4/中~11/初

  • 【山小屋明星荘】
    営業小屋
    場所: 妙高高原駅からバス1時間、笹ヶ峰下車、徒歩1分 火打山登山口
    電話: 0255-86-6910
    FAX: 0255-86-6011
    営業期間: 4/下~11月 (降雪前までの予定)

妙高山に関連する登山記録

もっと見る

妙高山の近くの山

妙高山に関連する登山ツアー

19年03月09日(土) 現地 ・2日間 アドベンチャーガイズ
★ バックカントリー・エキスパート編★信越・妙高山登頂&滑降ツアー(要アイゼン、旅館泊)
19年07月26日(金) 北陸・信越・東海 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級B!>『日本百名山 火打山・妙高山 3日間』
19年07月26日(金) 関東 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<日本百名山をめざす会>『登山中級B(!) 火打山・妙高山 3日間』
19年10月11日(金) 北陸・信越・東海 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級B!>『日本百名山 火打山・妙高山 3日間』
19年10月11日(金) 関東 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<日本百名山をめざす会>『登山中級B(!) 火打山・妙高山 3日間』

関連するツアーを探す

妙高山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。