烏帽子岳あそさん えぼしだけ

烏帽子岳

写真:山梨勝弘  草千里ガ浜と烏帽子岳
 烏帽子岳は阿蘇五岳の1つで、阿蘇中央火口丘の西にあり、高岳から4.5kmの位置にある。南と東は急傾斜で崩壊もひどい。熊本平野から眺めると鋭角三角形をなし、右におかまど山、左に草千里ヶ浜を広げている、草千里ヶ浜は烏帽子岳の側火山だ。二重の火山で直径1km。内側の火口は草千里の東側窪地で、南北500m、東西250mの楕円形をなす。中央の小高い丘は駒立(こまたて)という内側火口縁の一部で、冬は雪のスロープ、夏は緑の大草原となり、格好のファミリー・レクリエーションの場となっている。
 この山は展望がよいため、国見山ともいう。眼下には南郷谷を隔てて南外輪の山々、奥に九州山地北端の山々が並んで見える。また阿蘇中岳、高岳、杵島岳、往生岳が一望の下。急傾斜の南東斜面はカヤが茂るが、その他はヤシャブシ、ミヤマキリシマの灌木があり、イワカガミ、ヤマラッキョウ、リンドウなど、野の花の群落もある。
 西山麓は植林や牧野となり、標高780mには湯ノ谷温泉がある。登山には湯ノ谷温泉から草千里の西端に登り、烏帽子岳へ1時間30分。阿蘇山有料道路古坊中から40分。また垂玉温泉(たるたまおんせん)から登る道もある。

DATA

正式名称: 阿蘇山 烏帽子岳
別名: 国見山 阿蘇五岳
山域: 阿蘇山
都道府県: 熊本県
標高: 1,337m
2万5千図: 阿蘇山

※ 烏帽子岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

烏帽子岳に行くモデルコース

登山口情報

  • 杵島岳登山口 

  • 【杵島岳登山口】
    阿蘇山の火口丘のひとつ、杵島岳、烏帽子岳、往生岳の登山口。阿蘇火口観光の拠点となる阿蘇山上からも近い。
    バスでは産交バスで「草千里阿蘇火山博物館前」または「ヘリポート前」バス停を利用する。
    マイカーの場合は阿蘇火山博物館の駐車場を利用できる(有料)。

烏帽子岳に関連する登山記録

もっと見る

烏帽子岳の近くの山

烏帽子岳に関連する登山ツアー

20年03月07日(土) 九州・沖縄 ・2日間 トラベルギャラリー
滝と巨杉の行縢山とメンヒルの可愛岳

関連するツアーを探す

烏帽子岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月7日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?