八甲田山

写真:高寺志郎  沖揚平からの北八甲田連峰。左から赤倉岳、井戸岳、大岳

 八甲田山は十和田八幡平国立公園にあり、十和田湖外輪山の御鼻部山以南に連なる峰々の総称である。同地域は昭和11年(1936)に十和田国立公園として指定されたが、その後1956年に八幡平の追加指定を機に名称が変更され、現在にいたる。
 八甲田山はまた、奥羽山脈最北の火山群である。山麓各地に温泉が湧出し、訪れる湯治客も多い。峰々の山容も円錐形や馬の背状をなし、穏やかである。しかし、これらの峰々の連なりは東北地方北部多雪地帯の障壁として、日本海型気候と太平洋型気候を仕切っている。それだけにこの火山性の山地には渓谷や湖沼、湿原が数多く見られ、四季を彩るそれらの景観がまた魅力的である。
 特に南八甲田山と呼ばれる地域は広大な湿原を有し、そこには幾多の池塘が点在する。そしてそこに敷きつめられたように群生する高山植物は、夏になると、カラフルなジュウタンを広げたように一面に花を咲かせる。その光景は、訪れる登山者の美的感覚を快く刺激するに違いない。さらに南八甲田山の峰々はオオシラビソ(アオモリトドマツ)林で山腹が覆われ、ゆったりとした馬の背状の山容を見せ、穏やかな雰囲気をつくり出している。
 この南八甲田に対し、北八甲田山がある。この2つの山域の境界は、荒川と猿倉川を分かつ笠松峠であり、国道394号線が延びている。その笠松峠を通る国道394号線の北側に広がる山域が北八甲田山で、南側、御鼻部山にかけて連なる山域が南八甲田山である。
 北八甲田山の盟主は大岳である。通称八甲田大岳。八甲田山で一番高い。ほかに雛岳(ひなだけ)、高田大岳(たかだおおだけ)、小岳(こだけ)、井戸岳(いどだけ)、赤倉岳(あかくらだけ)、前岳、田茂萢岳(たもやちだけ)、硫黄岳(いおうだけ)、石倉岳などの峰々がある。これらのうち石倉岳を除くと、いずれも成層火山で円錐形の山容をしている。
 他方、南八甲田山の盟主は櫛(くし)ガ峰(みね)である。このほか逆川岳、横岳、南沢岳、下岳、駒ガ峰、猿倉岳、乗鞍岳、赤倉岳などが緩やかな山容を見せている。
 北八甲田山は八甲田ロープウェイ開設(1968年)以来、登山者が著しく増加し賑やかになった。これに対して南八甲田山は登山者も少なく、まだまだ静寂。そのなかでも櫛ガ峰の北面、「ガチャボッチ」と呼ばれる小ピーク付近の逆川源流に広がる湿原地帯は道もなく魅力的だ。
 このガチャボッチに隣接して横岳がある。春の堅雪のころにはスキーで簡単に登れるが、山頂からの眺望は絶景である。北八甲田山から南八甲田山にかけて連なる峰々の雄大な風景を、一望の下に楽しめるピークである。

八甲田山の主要な山

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年9月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...