谷川連峰

写真:松本清  巻機山からの谷川連峰。左から谷川岳、一ノ倉岳、万太郎山、仙ノ倉山。右端は苗場山

 上越国境とは、文字どおり上州(群馬県)と越後(新潟県)を境とする山脈を指すもので、東は尾瀬の景鶴(けいづる)山付近から始まり、西は野反(のぞり)湖近くの白砂山まで、延々100km以上にも及ぶものである。しかし一般的には、上越国境といえば谷川連峰と受けとめられている。
 谷川連峰は東、南、西、北、4つの面から形成されている。
 まず東面は、湯桧曽川とその支流の流域からなり、白毛門、笠ヶ岳、朝日岳に始まり、清水峠から七ツ小屋山、蓬峠、武能岳、茂倉岳、一ノ倉岳、オキの耳、トマの耳を経て天神尾根に至る1900m級の山々に囲まれた山域である。もちろん、ここには一ノ倉沢、幽ノ沢、マチガ沢など日本有数の岩場がある。登山者はこの東面が一番多い。
 南面は、天神尾根から見て西側にあたる。国境稜線上を西へ延びるオジカ沢ノ頭から、南西に分かれて連なる爼嵓(まないたぐら)、川棚ノ頭、小出俣山(おいずまたやま)、さらに東へ曲がって阿能川岳などに囲まれた谷川の流域である。東面ほど派手でなく、地勢もそれほど険しくはないが、幕岩や俎嵓の岩場は、その規模と大きさで登山者を圧倒する。
 谷川岳西面は、谷川連峰の最も西端にあり、赤谷(あかや)川の流域である。オジカ沢ノ頭から万太郎山、毛渡(けど)乗越、エビス大黒ノ頭、仙ノ倉山、平標山を経て三国山に至る山々に囲まれている。赤谷川は、谷川連峰中、最後の峡谷ともいわれ、この水域はこれまで完全な開拓をまぬがれ、今なお静寂のなかにある。そのため、深い渓谷と流水の美しさは、連峰中随一である。交通の不便さもあって、登山者は一番少ない。
 谷川岳の北面は、越後側を指す。上州側の東、南、西の各面と国境稜線で接している。上州側に比べれば、それほどの厳しさはなく、断崖、岩峰などは少ない。
 数多くの長大な枝尾根は森林やヤブで覆われ、それらの尾根に挟まれて、巨大ないくつもの谷が横たわっている。
 谷川連峰は標高2000m内外で、高さからいえば中級山岳だが、ハイキングや日帰り山行から、全装備を携行しての縦走登山まで、実にバラエティに富んだスタイルでの登山が可能な山域といえる。
 四季を通じての山行も可能で、ゲレンデスキーも山スキーもできる。岩登りは難易度の異なる多数のルートやバリエーションがある。夏の沢登りも楽しい。またロープウェイを利用して紅葉見物の観光客も多く、さまざまな目的をもった人々で賑わう。
 谷川連峰は「魔の山」と「近くてよい山」の2つの面をもった山である。

谷川連峰の主要な山

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。