鈴鹿山脈

写真:服部政信  朝明川沿いの千草付近からの鈴鹿山脈。左から武平峠、御在所岳、国見岳、水晶岳、羽鳥峰

 鈴鹿山脈は、滋賀と三重の県境を南北に走っている。北は伊吹山麓の関ガ原、南は布引山地の加太の地溝によって区切られ、この間の総延長およそ60km、東西幅約10kmにわたる地塁を形成している。
 地質は秩父古生層に属し、砂岩、頁岩(けつがん)、石灰岩などからなる。これを地域的にみると、北部は石灰岩、南部は花崗岩帯が主となり、御池岳のカルスト、宇賀渓の砂山、御在所岳の藤内壁など、各所に特徴のある地形、景観をつくり出している。南部の山稜に崩落地が多いのも地質との関係が深い。地形をみると、三重県側の東斜面は、伊勢平野に向かって急崖となり、反対の滋賀県側は緩やかな傾斜を描いて近江盆地につながる非対称型の傾動地塊である。山頂部に平坦地の多いのは、準平原が隆起した結果だといわれる。
 主稜上に位置する主な山は、北から霊仙山、御池岳、藤原岳、竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所岳、鎌ヶ岳、仙ヶ岳。主稜から外れるものに雨乞岳、綿向山(滋賀県側)、入道ヶ岳、野登山(三重県側)がある。最高峰は1238mの御池岳で、雨乞岳がこれに次ぐ。
 これらの山と山の間に峠がある。五僧峠、鞍掛峠、治田峠、八風峠、根ノ平峠、武平峠、安楽越などよく知られたものだけでも十指に余る。古くから近江と伊勢を結ぶ間道として利用され、豊かな伝説に彩られている。鈴鹿の山の歴史は、これらの峠抜きには語れない。鞍掛、石榑(いしくれ)、武平、安楽、の各峠は、現在、車による通行が可能である。
 豊富な植物も鈴鹿山脈の特色といえる。本州中央部という位置と、日本海からの季節風、太平洋の黒潮の影響などによって、中部温帯固有種はもとより、日本海型のもの、高山性のものなど、1800種にもおよぶ植物がみられる。ここで発見された新種も多い。さまざまな草花、樹木に出会える喜びは、鈴鹿の山を歩くもう1つの楽しみであろう。
 信仰、修法の山であった鈴鹿は今、登山のほか、観光、レクリエーションの山として年間200万もの人々に親しまれている。25年も続いている鈴鹿セブンマウンテン登山だけでも毎年2000人近い参加者がある。
 山域は昭和43年、国定公園に指定された。これからも貴重な自然をひとりひとりが守っていきたいものである。
 三重県側の交通の便はよく、近鉄と三岐鉄道の最寄駅に接続するバスを利用すれば、30分から1時間ほどで主な山の登山口に出られる。各山頂への所要時間は、最も長いと思われる竜ヶ岳の遠足尾根でも5時間弱。3~4時間もあればたいていの山には登ることができる。

鈴鹿山脈の主要な山

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年8月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
GORE-TEXレインウェアは洗うべき?
GORE-TEXレインウェアは洗うべき? 「雨の山を楽しむ」最終回は、GORE-TEXレインウェアのお手入れ方法について。山で困らないために、メンテナンスはしっか...
NEW 花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行
花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行 北秋田・森吉山のモニターレポートを公開! 最盛期のお花畑は想像以上! マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を
今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を 毎夏恒例「ヤマケイオンラインブランドイメージ&勾配動向調査(YOLBIS)」を開催中。抽選で豪華プレゼントもあります! ...
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて渡辺佐智さんに伺いました
NEW 最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り
最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんによるモノ連載。今月はビッグアグネスの最新の軽量テント。軽さの追求だけでなく、快適性も◎
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス 万が一、遭難して動けなくても、発信する電波で位置を特定できる捜索ヘリサービス“ココヘリ”。早期発見事例も! 詳細はこちら
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。