大峰山脈

写真:吉田昭市  大台・大蛇嵓からの大峰山脈。左から釈迦ヶ岳、仏生ヶ岳、八経ヶ岳、弥山、行者還岳

 大峰山脈は、近畿の屋根といわれるとおり、紀伊半島の南部、熊野本宮付近から吉野山まで延々150kmの大脊梁を形成している。
 山脈には標高1200m以上の山だけでも50座を数える。それぞれ深いV字渓谷を形成し、渓谷は豊富な雨量がはぐくんだ森林に包まれ、清流を走らせる。激流は深淵、奇瀑を生み、大峰特有の渓谷美を造り上げている。
 近畿に残された数少ない大自然の魅力は多くの山岳愛好家をひきつけてやまない。また、古くから修験道の山としても広く知られているが、今もって女人禁制の掟を守っているのはあまり知られていない。修験道の最高の練行といわれる「大峰奥駈修行」は、山脈の北端吉野山から南端の七越ノ峰まで、峻峰深谷を踏み越え、75カ所の聖地、行場を巡る厳しいものである。
 大峰山脈の地形は一般的に吉野川、北山川に落ち込む東面が急峻である。これに比べ西面の十津川側は、概して緩い傾斜の側脈が延び、渓谷が複雑に入り組んでいる。
 地質は大天井ヶ岳から行者還岳、稲村ヶ岳付近が秩父古生層に属する。礫岩や硬砂岩からなり、岩登りには適さない。弥山、八経ヶ岳は砂岩、頁岩。平均傾斜70度、500mの岩壁を持つ七面山南壁や釈迦ヶ岳、大日岳の行場などは石英斑岩からなっている。
 気象条件は大台ガ原山における観測データから見て、大峰山脈は年間降水量が極めて多いことが知られている。すなわち、天気が不安定な日が多い。
 大峰山脈を訪れる登山者は常に気象の変化、荒天に備えなければならないが、気象の特徴として、夏季に雨が多く、冬季は比較的少ない。
 冬季は標高1900mの八経ヶ岳付近の年間最低気温が氷点下18度程度。積雪も弥山付近が最も多く、南進するに従って少なくなり、玉置山付近ではほとんど積雪を見ない。峻険な北部と緩やかな南部では気温や植生も違う。
 大峰山脈は最高峰でも標高2000mに満たない。山頂も多くは樹木に覆われているが、高山植物は比較的多く、50余種に及ぶと聞く。代表的な植物はツクシシャクナゲやヤシオツツジ。稲村ヶ岳、山上ヶ岳から五大尊岳付近まで広範囲に分布している。珍しいものとしては孔雀岳から釈迦ヶ岳付近にかけて見られるシコクダケカンバの群落。また阿須迦利岳(あすかりだけ)から笠捨山までの稜線付近では4月下旬ごろ、アケボノツツジが開花する。弥山付近と明星ヶ岳北西面には国の天然記念物に指定されているオオヤマレンゲが分布し、7月中旬に気高く香る花を咲かせる。孔雀岳と釈迦ヶ岳の間にはクルマユリ、ウスユキソウ、コケモモなどがお花畑をつくる。

大峰山脈の主要な山

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年1月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
冬のすべてを楽しめるマルチなアウター
冬のすべてを楽しめるマルチなアウター 雪山ハイキングから本格的な雪稜登攀、山スキーなど、冬のアクティビティでマルチに活躍するウィンタージャケット「ウィンターコ...
NEW ガイドブックの著者も納得! 最新スマートウオッチ
ガイドブックの著者も納得! 最新スマートウオッチ カシオの「PRO TREK Smart」を低山フォトグラファーの渡邉明博さんが冬の低山山行でテスト。その使い心地は!? ...
NEW 2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
NEW 脂肪をエネルギーに! 転換効率を高めるサプリメント
脂肪をエネルギーに! 転換効率を高めるサプリメント 日本新薬のサプリメント「WINZONE」は、身体の脂肪を効率よくエネルギーに転換。冬の山でも活用しよう!
NEW 大型クッカーの使い勝手は? 連載「山MONO語り」
大型クッカーの使い勝手は? 連載「山MONO語り」 今月はプリムスの「ライテックポットセット1.3L」を初冬の山で。調理時の焦げ付かなさ、拭き取りやすさまで徹底チェック!
NEW 安心と安全で導く登山ツアーのパイオニア
安心と安全で導く登山ツアーのパイオニア 世界の山旅を企画して50年。山岳旅行業界を牽引する「アルパインツアー」のポリシーと特色について紹介
NEW エプソンの高精度なGPSアウトドアウオッチ
エプソンの高精度なGPSアウトドアウオッチ GPS機能と独自のアルゴリズムで高精度に計測する、注目のリストウオッチ「MZ-500シリーズ」を徹底解析
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!