九重連峰

写真:市川傳  熊本県阿蘇郡波野村からの九重連峰。中央の三角形が久住山、右端の大きなピークは大船山

 阿蘇くじゅう国立公園のなかにあって、東側の丘陵地に、まるで峰を競り合うかのようにわだかまる山塊、それが「九重連峰」である。
 そこには九州本島の最高峰があり、1700m級の峰々が11座、1000m級ともなると、実に35座がひしめいている。しかも、山群の南北には久住、飯田(はんだ)の2つの高原が広がり、全体として均整のとれたスケールの大きい風景を呈している。
 九重の正しい呼び名は「九重火山群」である。それらは新生代第四紀(200万年前~現代)の角閃石安山岩からなる山で、山陰系火山岩類と呼ばれる火山岩が集まってできたトロイデ状火山である。
 そこには火山に象徴される豊富な地熱エネルギーが蓄積されており、今日では八丁原(はっちょうばる)、大岳(おおたけ)の2つの発電に利用されている。と同時に豊富な温泉を各地に湧出させてもいる。
 九重連峰は、まさに地熱の豊庫であり、人間はいつしか火山と共存しつつ、自然の恩恵を最大限に享受してきたのである。
 登山のあとのひと風呂ほど心地よいものはなく、山への思いを馳せるのは、また楽しいひとときである。
 山には数々の秘められた歴史があり、脈々として今に息づいている。
 九重連峰は『豊後風土記』や『万葉集』には「救覃(くたみ)ノ峯(みね)」あるいは「朽網山(くたみやま)」として記され、山を神として仰ぐ風習や生活との関わりが記されてきた。ふもとに寺院を建立し、山頂にはその奥ノ院を祭って、古代の人々は祈りあがめたのである。それは、近代登山の歴史でもある。現存する久住山(くじゅうさん)猪鹿狼寺(いからじ)や法華院(ほっけいん)は登山の歴史とは、決して無関係ではないのである。
 飯田高原を南北に貫いて走るやまなみハイウェイからの眺めは、岳人たちの登高意欲を無性にかき立てる。東の崩平山(くえんひらやま)(1288m)に始まり、右へとパーンすれば黒岳(くろだけ)(1587m)、平治岳(ひじだけ)(1643m)、三俣山(みまたやま)(1745m)、星生山(ほつしようざん)(1762m)、黒岩山(くろいわさん)(1503m)、そして涌蓋山(わいたさん)(1500m)が円となって高まりを見せる。いずれも粒ぞろいの名峰で、長者原(ちょうじゃばる)や牧ノ戸峠登山口は、岳人や観光客で賑わっている。
 久住山は、どの山も取り付きやすく、コースも比較的楽で、積雪期や悪天候の場合を除けばハイキング気分で誰でも登山できる。ミヤマキリシマが山肌をピンクに染めるころは、山は一年中で最も賑わいを見せる。山頂に立てば、汗ばんだ体をさわやかな風が包み込む。草野、花野、雪野と、四季に移ろう九重。文人墨客のみならず多くの人を虜にしてしまう不思議な魅力を秘めた九重こそ、九州登山のメッカと呼ぶにふさわしい山である。

九重連峰の主要な山

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年8月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート公開中
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート公開中 荷物が重くても肩の痛みがない! 満開のミヤマキリシマと山飯を満喫したマロたんのレポートです
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...