九重連峰

写真:市川傳  熊本県阿蘇郡波野村からの九重連峰。中央の三角形が久住山、右端の大きなピークは大船山

 阿蘇くじゅう国立公園のなかにあって、東側の丘陵地に、まるで峰を競り合うかのようにわだかまる山塊、それが「九重連峰」である。
 そこには九州本島の最高峰があり、1700m級の峰々が11座、1000m級ともなると、実に35座がひしめいている。しかも、山群の南北には久住、飯田(はんだ)の2つの高原が広がり、全体として均整のとれたスケールの大きい風景を呈している。
 九重の正しい呼び名は「九重火山群」である。それらは新生代第四紀(200万年前~現代)の角閃石安山岩からなる山で、山陰系火山岩類と呼ばれる火山岩が集まってできたトロイデ状火山である。
 そこには火山に象徴される豊富な地熱エネルギーが蓄積されており、今日では八丁原(はっちょうばる)、大岳(おおたけ)の2つの発電に利用されている。と同時に豊富な温泉を各地に湧出させてもいる。
 九重連峰は、まさに地熱の豊庫であり、人間はいつしか火山と共存しつつ、自然の恩恵を最大限に享受してきたのである。
 登山のあとのひと風呂ほど心地よいものはなく、山への思いを馳せるのは、また楽しいひとときである。
 山には数々の秘められた歴史があり、脈々として今に息づいている。
 九重連峰は『豊後風土記』や『万葉集』には「救覃(くたみ)ノ峯(みね)」あるいは「朽網山(くたみやま)」として記され、山を神として仰ぐ風習や生活との関わりが記されてきた。ふもとに寺院を建立し、山頂にはその奥ノ院を祭って、古代の人々は祈りあがめたのである。それは、近代登山の歴史でもある。現存する久住山(くじゅうさん)猪鹿狼寺(いからじ)や法華院(ほっけいん)は登山の歴史とは、決して無関係ではないのである。
 飯田高原を南北に貫いて走るやまなみハイウェイからの眺めは、岳人たちの登高意欲を無性にかき立てる。東の崩平山(くえんひらやま)(1288m)に始まり、右へとパーンすれば黒岳(くろだけ)(1587m)、平治岳(ひじだけ)(1643m)、三俣山(みまたやま)(1745m)、星生山(ほつしようざん)(1762m)、黒岩山(くろいわさん)(1503m)、そして涌蓋山(わいたさん)(1500m)が円となって高まりを見せる。いずれも粒ぞろいの名峰で、長者原(ちょうじゃばる)や牧ノ戸峠登山口は、岳人や観光客で賑わっている。
 久住山は、どの山も取り付きやすく、コースも比較的楽で、積雪期や悪天候の場合を除けばハイキング気分で誰でも登山できる。ミヤマキリシマが山肌をピンクに染めるころは、山は一年中で最も賑わいを見せる。山頂に立てば、汗ばんだ体をさわやかな風が包み込む。草野、花野、雪野と、四季に移ろう九重。文人墨客のみならず多くの人を虜にしてしまう不思議な魅力を秘めた九重こそ、九州登山のメッカと呼ぶにふさわしい山である。

九重連峰の主要な山

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年9月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。