【アウトドアリサーチ】ストームトラッカーグローブ 汎用性に優れたソフトシェルグローブ
矢までの安全を追求するブランド「アウトドアリサーチ
」

 アウトドアリサーチは、1981年、アメリカ・シアトル発祥のブランド。創業者が経験したマッキンリー登山での壮絶な体験をもとに、「いかにすれば安全か」を追求した登山装備づくりを行なってきた。現在は「Designed By Adventure」をスローガンに、「リサーチ→開発→テスト」を繰り返し、フィールドを通した経験値に基づき、革新的なウェアやギアの製造を続けている。

 アウトドアリサーチと言えば、ゲイターやジャケットなどとともにグローブが有名だ。今シーズンだけでも57種をラインナップ。これはアウトドアメーカーとしては異例の多さ。同ブランドのグローブは数多くの高所登山や極地遠征などに採用され、隊員たちの手を守ってきた実績がある。本国アメリカでは、軍隊用の装備としても採用されるなど、機能性と信頼性はお墨付きだ。

秋から残雪期までマルチに使えるソフトシェルグローブ
」

 そんなアウトドアリサーチのグローブ群の中で一目置くのが「ストームトラッカーグローブ」だ。同ブランドのグローブは、使用するフィールドやアクティビティごとに専用設計がなされている(だから、バリエーションが多い)。だが、このストームトラッカーグローブは、フィールドテストの経験値を集約して開発された「汎用性」をキーワードにしたモデルで、さまざまなフィールドや環境にマッチするようつくられている。

 保温性が高く、秋から残雪期まで対応する。使用温度域は−12〜−1℃となっているが、インナーとの組み合わせや天候、使い方次第で、さらに幅広い対応が可能だ。

 手の平側には、しなやかで耐久性に優れるゴートスキン(山羊皮革)が使用される。甲側には、ストレッチ性に富むソフトシェルを採用し、高いフィット感を実現。また、カッティングや素材選択により、操作性や快適性も兼ね備えている。以下、詳しく解説しよう。

ストレスのない操作性&快適性を備える

 ソフトシェル生地や柔らかいゴートスキンの効果に加え、指先の生地のごろつきを解消し、指先がダボつかないカッティングが施されているため、高い操作性を誇る。また、指の関節部には、両側にサイプ(溝)が設けられており、さらにサイプ部にストレッチ素材を用いることで、指の曲げ伸ばしが自然にできるようになっている。ロープ操作やストックの調整など、「つまむ」「ひねる」といった動作がストレスなく、スムーズに行なえるのだ。

 ストックのグリップなどが当たるのを考慮し、補強のため、ゴートスキンが甲側にまで伸びたデザインに。手首部分はやや長めの設定(約4cm)で保温性を確保。ジャケットの袖から出にくくする効果もある。また、ファスナーを採用するため、素早く、確実なグローブの着脱が可能だ(ファスナーはオートロックスライダーを採用)。

 保温性や快適性も重視している。内側は起毛トリコットになっており、保温性が高く、肌触りがいい。

 ソフトシェル素材には、ゴアテックスの「ウィンドストッパー」を採用しているため、完全防水ではないが、風を防ぎながら、ムレを軽減する。

 秋の登山や冬期低山ハイキングなど、厳冬期を除く、秋から残雪期までマルチに使えるストームトラッカーグローブ。ひとつ持っていて損はないだろう。

「フィット感がよく、滑りにくい! 握るときに無駄な力が不要」
 アウトドアリサーチのグローブは、年間を通じて数種類を使用しています。なかでもソフトシェルグローブはフィット感がよく、滑りにくいので、アックスを握るときに無駄な力が不要です。結果、指の血行を妨げないので、凍傷の予防にもなると思います。冬季のアルパインクライミングに欠かせません。
このページのトップに戻る

ストームトラッカーグローブ

 天然皮革のゴートスキンとソフトシェルを組み合わせ、ゴアテックスの「ウィンドストッパー」を採用した保温性の高いグローブ。指先までフィット感がよく、操作性に優れる。日本人の手にもなじむ設計。高級なゴートスキンを惜しげなく使いながら、この価格はお得!

アウトドアリサーチ/
ストームトラッカーグローブ

価格:8,100円(本体7,500円+税) サイズ:S、M、L
重量:115g(ペア)
カラー:3色

Brand History

 1980年、ある登山隊が北米大陸最高峰のマッキンリー山に挑んだが敗退した。この遠征に参加していたロン・グレッグは、安全や機能性の高い装備の必要性を痛感。遠征後、敗退原因でもあった当時のお粗末なゲイターの一新を決意し、まったく新しいゲイターの開発を開始。こうして世界で初めてゲイターにゴアテックスを使採用した「Xゲイター」が誕生した。この自信作を受けて、’81年、ロンはアウトドアリサーチを立ち上げた。

 ゲイターの成功後は、帽子やグローブなど、体の末端を守る装備のラインナップを増やし、90年代後半からは、ジャケットやパンツなども製造するようになった。現在は、頭から足元までをカバーする総合的なメーカーへと発展を遂げており、世界に多くの愛用者を抱えている。

公式サイト ≫ http://www.outdoorresearch.jp/

モニター募集商品

アウトドアリサーチ
「ストームトラッカーグローブ」の
モニターを5名募集します


ストームトラッカーグローブ