このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ「真田丸」のオープニングに登場する山、岩櫃山

ガイド・記録 2017年11月07日

山はいつ訪れても、季節ごとの魅力を楽しめるが、できるなら「今が旬」な時期に訪れたいもの。山の魅力を知り尽くした旅行会社のガイド/添乗員が、今が魅力たっぷりな山を紹介。今回オススメする旬な山は、群馬県・岩櫃山。

 

NHKの大河ドラマを楽しんでいる人も多いと思います。何となく見始めると、これが結構ハマってしまって、毎週日曜日の夜を楽しみにしてしまうものです。

今年はご存じのとおり、女城主として戦国時代を生き抜いた井伊直虎の生涯を描いた「おんな城主 直虎」です。そして来年・2018年は、幕末の英雄の西郷隆盛の生涯を追う「西郷どん」の予定です。

ところで、昨年は何だったか覚えていますか? そう、堺雅人主演で人気を博した「真田丸」です。見ていた人はご存じと思いますが、そのオープニング映像に登場するゴツゴツとした岩山、登山者なら気になったのではないでしょうか?

その山こそ、今回ご紹介する「岩櫃山(いわびつやま)」です。

迫力ある岩櫃山の岩壁を望む

 

高さ約200mの奇岩・巨岩の迫力に圧倒!

ぐんま百名山、吾妻八景のひとつに数えられ、群馬県東吾妻町のシンボルともなっているのが岩櫃山です。登山のアクセス拠点のひとつとなるJR吾妻線の郷原駅から歩いていくと、高さ約200mの奇岩・巨岩がそそり立つ岩壁が標高以上の迫力で迫ってくる。標高は802mの低山ながら吾妻八景と称されるのも納得です。

主な登山ルートには、JR群馬原町駅からアクセスする平沢地区からの「沢通り」「尾根通り」、郷原駅から古谷地区にアクセスする「密岩通り」と「(旧)赤岩通り」の4ルートがあり、どれも変化に富んだ登山コースです。

なお、「密岩通り」は過去に滑落事故も起きていますので経験者向きのコース。通行止め箇所もあるので事前に確認したほうが良いでしょう。

山頂の鎖場の様子。変化に飛んだ登山コースが魅力

 

スリリングな岩場・鎖場と山中に残る史跡が魅力

岩櫃山は、いつ・誰が訪れても楽しめるのが魅力です。低山といってもバラエティに富んだ登山が楽しめるのが特徴で、スリリングで高度感のある岩場・鎖場コース、史跡を訪ねながら悠久の歴史に思いを馳せるコースと、楽しみを選べます。

ただ、いずれのコースも山頂付近はちょっとした岩場があるので、初心者の人は経験者と一緒のほうが良いかもしれません。

私はいずれも晩秋に山行の機会を得ていますが、山全体に広葉樹林が広がっているので、新緑や紅葉もきっと素晴らしいことでしょう。なお、新緑であれば5月初旬~中旬、紅葉なら11月初旬~中旬あたりがベストです。

「真田丸」ゆかりの岩櫃城後本丸跡などを訪ねる史跡めぐりも楽しい

武田の三堅城と称された北関東一の山城で、真田幸村が少年時代を過ごしたとされる岩櫃城跡、その眼下に広がる日本の原風景のようなどこか懐かしい里山の景観、そして地元の方の温かいおもてなしの心が、さらにこの山に彩りを加えている事は疑う余地もありません。

山頂からの展望。眼下に広がる里山の景観が素晴らしい!

 

梅雨時期や暑い時期(6~9月)、積雪・凍結期(1~2月)以外は、いつ訪れても山の魅力を知ることができるでしょう。

最後に、周辺は温泉も豊富なのも魅力です。日帰りであれば、下山後に「岩櫃城温泉・くつろぎの館」で汗を流すのが定番でしたが、残念ながら今年3月に閉館。

代替の温泉施設「桔梗館」や「吾妻峡温泉・天狗の湯」に行くのも良いですが、折角なのでどこかの山と併せて1泊のんびり山行もオススメ。少し足を伸ばして名湯・四万温泉などがでゆっくするのも良いでしょう。

 

ガイド
教えてくれた人

白砂 賢一(しらすな けんいち)

1972年神奈川県生まれ。ガイド歴17年。㈱トラベルギャラリー・旅の本棚/東京営業所勤務。登山専門旅行会社にて、登山ツアーの企画、運営をはじめ、ガイド、ツアーリーダーとして国内外の山々を駆け巡る。現在は登山初心者の方を対象にした登山教室を担当し、講師としてわかりやすく登山の基本を教えている。(公社)日本山岳ガイド協会・登山ガイド(ステージⅡ)。

株式会社トラベルギャラリー・旅の本棚

国内・海外の歩く旅を企画・運営して、30余年の登山・ハイキング専門旅行会社。日帰りの低山からキリマンジャロまで、幅広く豊富なバリエーションの山旅をご提案しています。お客様の安全を第一に、自然保護への理解を深めながら、価値観の高い「山旅」を提供しています。東京、大阪、福岡発着有。日本山岳ガイド協会認定ガイド多数在籍。
 ⇒詳細はこちら

関連記事
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年11月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報