登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
浅間山(浅間山荘→黒斑山→Jバンド→火山館) 浅間山(上信越)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2017年7月18日(火)

  • パーティ

    2人 (いずみやま さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:天狗温泉浅間山山荘キャンプ地に前泊
    上信越自動車道小諸ICから14㎞ 温泉施設、トイレ、水、登山ポストあり

  • 天候

    曇り 18℃
    [2017年07月18日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

5:00浅間山荘→6:10二の鳥居→7:15火山館7:25→7:35湯の平口分岐→8:40トーミの頭分岐→8:55黒斑山→9:40蛇骨岳→10:7仙人岳→10:40Jバンド→11:40湯の平口分岐→11:50火山館昼食12:30→13:40一の鳥居→14:10登山口


総距離 約13.8km 累積標高差 上り:約1,346m
下り:約1,350m
14.3㎞ 26,958歩 8:42分
§Ⅱ 浅間山外輪山周回
浅間山は有名な活火山、今もレベル2の噴火警戒状態。火口周辺2㎞は立ち入り禁止だ。
前日四阿山から移動し、天狗温泉浅間山荘のキャンプ地で目覚めた。

鳥居を潜って登山届を投函、5時出発です。沢沿いを遡り、コンクリート橋を渡り、山道に入ります。しばらく登ると浅間山国有林の看板と車回しがあり車はここまでのようです。

広い快適な道をさらに進むと、沢に降りて一の鳥居に着いた。ここで、沢沿いを登り不動滝の上で二の鳥居へ至る道と、尾根をトラバースして二の鳥居へ至る二手に分かれます。

沢沿いを登ってみることにした。沢水は鉄分で赤く濁っている。15分ほどで水場があり、さらに5分で不動滝に到着。カモシカ、しばらく観察出来たがまともな画像は撮れなかった。

滝を登ると二の鳥居、標高1,650m付近。ここから長坂の登り、標高2000m付近の火山館まで1.8㎞の距離。針葉樹と広葉樹の混交林で、明るく気持ちいい登山道だ。火山館のストーブの薪が積まれ、歩荷協力の看板がある。

林を抜け草原に出ると、お花畑になっている。グンナイフウロが多くハクサンフウロと混在している。クガイソウ・ニッコウキスゲ・キバナノヤマオダマキ・ハクサンオミナエシなど楽しんでいると火山ガスのにおいがしてきた。

景色が変わりザレた登山道が赤く焼けた沢の脇を登っている。見上げると右手に牙山(ぎっぱ)2100m、左側にトーミの頭2,300mの岩峰がそそり立っている。

開けた笹原を登りあげると、鳥居を潜って火山館へ到着した。薪を下ろしテラスで休憩。7:15分火山館到着。 湯の平口分岐へ10分 7:33分通過。

今日1番の急登に掛かります。ほぼ300m、外輪山の絶壁を一気に登る草すべりの登り。ルートはお花畑で、登りの苦しさを忘れさせてくれるが、油断すると転げ落ちそうな斜面になっている。

稜線に出るとと外輪山を縦走する道と合流する。車坂ビジターセンターから登ってきた道だ。Liveカメラが浅間山を観測しているピーク、黒斑山(2,404m)だ。ガスにまかれて浅間山は見えないが、居合わせたお若登山者がツーショットを撮って下さった。

蛇骨岳(2,366m)を通過し2つ目のピークが仙人岳、3等三角点「三尾山」2,319mだ。縦走路はだんだん岩稜に変わり三角点峰を過ぎると岩場歩きになる。しばらく進むと大岩にJバンドとペンキで印がある降り口に着く。縦走2時間、10時40分にJバンド到着。後は下りだ。

Jバンドの岸壁を下り、湯の平のなだらかな林の中を、朝分かれた湯の平口分岐を目指して下って行く。途中厳重に閉鎖された賽の河原分岐が現れる。ここから先の浅間山山腹へは噴火規制で進入禁止なのだ。

湯の平口から火山館へ下り、テラスでお昼御飯。火山館を見学し12:30分最後の下りに向かう。下りは二の鳥居から尾根道を下り一の鳥居に下る。登りで利用した沢筋の道より、コンスタントな傾斜で道も広く、歩きやすかった。一の鳥居到着は13:40分、そして登山口へ降りたのは14:10分でした。結局9時間の行動時間でした。

詳しいレポはブログでどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.jp/2017/07/2017717202404m.html

登山中の画像
  • 鳥居を潜って出発
  • 火山警戒情報
  • 登山届投函
  • シモツケ
  • 浅間山国有林表示
  • 一の鳥居
  • 沢は赤く濁っている
  • 水場
  • 不動滝
  • カモシカのお尻わかるでしょうか(~_~;)?
  • 二の鳥居
  • 火山館の薪歩荷協力依頼
  • 浅間山が見える
  • 牙山
  • 火山ガス注意のある道
  • 火山館到着
  • トーミの頭を見上げる
  • 火山館から牙山
  • 草すべりが見えてきた
  • 湯の平口分岐
  • 草すべりから浅間山
  • 草すべりから湯の平越しにJバンド付近
  • 草すべりの急斜面
  • 稜線まで登った
  • 火山情報緊急設備
  • 浅間山監視ライブカメラ
  • 黒斑山登頂記念  居合わせた若者が撮って下さった。ありがとう (^◇^)
  • これから縦走する外輪山の稜線
  • 浅間山が見えてきた
  • 今日一番のハクサンシャクナゲ
  • 嬬恋高原が見えている
  • 蛇骨だけから歩いてきた稜線
  • 外輪山の急斜面
  • 仙人岳へ続く岩稜
  • 仙人だけ3等三角点「三尾山」 奥は四阿山方向
  • Jバンドから浅間山
  • Jバンドの岸壁
  • Jバンドを望む
  • 湯の平から浅間山
  • 湯の平からJバンド
  • 湯の平から外輪山
  • 賽の河原分岐は入山規制
  • トーミの頭へ帰ってきた
  • 湯の平分岐へかえった。
  • 火山館テラスでお昼休憩
  • 浅間山の花たち
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高峰温泉 ~浅間山
    高峰温泉
    6/1より高峰高原施設の営業再開です。登山道はぬかるんだ箇所も。
    20年06月01日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年6月6日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?