登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
終活ハイキング18 尾瀬(燧裏林道)(関東)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん
  • 日程

    2017年8月5日(土)

  • 利用した登山口

    沼山峠   御池  

  • パーティ

    2人 (独りぼっち さん 、 妻 さん)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:尾瀬山岳夜行 23:55 会津高原尾瀬口でバスに乗り換え
    1時間50分で沼山口に到着
    往復のバス代と電車代 全て込みで約1万3000円
    御池ロッジの日帰り入浴代100円引きの特典あり

  • 天候

    曇り時々晴れ
    [2017年08月05日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

沼山峠(06:40)・・・大江湿原(07:20)・・・尾瀬沼東岸(08:00)・・・浅湖湿原沼尻平(08:40)[休憩 10分]・・・見晴(下田代十字路)(10:20)[休憩 20分]・・・東電小屋分岐(10:35)・・・赤田代(10:50)・・・天神田代(12:40)[休憩 10分]・・・御池(14:30)

総距離 約19.7km 累積標高差 上り:約579m
下り:約776m
コースタイム 標準:7時間30分
自己:6時間35分
コースタイム倍率 0.88
久々の尾瀬。今回のコースで尾瀬の主だったコースは全部辿ったことになる。妻と一緒だったが彼女にはかなりきつい行程となった。
沼山峠口は上州側と比べると静か。やはりアクセスの不便さが出ているのであろう。ここで身支度を整えて出発。妻は日焼け止めクリームを顔に塗り腕に日焼け防止の筒を通す。
沼山峠は表示板がないため何時の間にか通過。途中から現れる湿原は花の時期を過ぎてしまったため寂しい限り。唯一ワタスゲだけが見られた。尾瀬沼休憩所で休憩。
沼尻はトイレを残して無くなっていた。まぁ元から存在感が無かったが。ここから先が今回最大の難所(初心者には)。嫌になるくらい続いていた木道がここで一旦なくなる。道はジメジメと湿っており登山靴なら平気な道もトレッキングシューズ程度の妻には滑るようだ。悪戦苦闘すること1時間。やっとの思いで木道が続くようになる。見晴らし十字路で長目の休憩。調査不足だったためレギュラーコーヒーの飲める小屋があることを知らなかった。「どうせ休むならこっちのほうが良かった」という妻の非難(ご尤も)。
温泉小屋まで緩やかな登り。当然ながら木の道。温泉小屋で英気を養い(?)、本日の核心ルートへ。『段吉新道』と名付けられているが、あまり手入れはされていない。木道は所々朽ちかけたり土台から浮き上がっていたりで初心者の妻には歩きにくかったようだ。このルートの良い点は沢を横切る時に水を飲めること。悪い点は樹林帯の中をひたすら歩くので展望が皆無、さらに自分がどの辺を歩いているのかわからないこと。
それでも『シボッ沢』に到着。ここは大きい沢だが伏流となっているため水とは無縁。現にここで遇った祖母・母・孫の女性3人パーティーに水をねだられた。どうも、ここで水を補給しようと考えていたらしい。幸いに水は豊富に持っていたので半分をあげる。ところが、ここから先、沢を横断する所で水は飲み放題。最後と思われる沢で水を補給。先ほどの女性パーティーも補給してくれればと思う。
湿原が現れると見晴らしは一気にというほどではないが広がる。正面に『大杉岳』、右側は新潟側に回らないと見られない燧ケ岳の裏側。左側の展望が良ければ『平ケ岳』や越後の山々が見えるはず。湿原が出てくると日差しを遮るものが無くなる。最後の暑さと戦い(?)ながら御池ロッジに到着。時間的に余裕があったので風呂に入って疲れをとる。妻は風呂場がいっぱいで体を洗うのが精いっぱいだったらしい。
バス乗り場は2か所は。前が沼山峠までのシャトルバス乗り場、会津高原尾瀬口のバス停は裏。バスの表示板を見ればすぐわかると思う。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 尾瀬沼ビジターセンター~燧ヶ岳
    尾瀬沼ビジターセンター
    ニッコウキスゲが大江湿原で咲き始め。燧ヶ岳は御池新道には200mほど残雪がありますがアイゼン不要
    19年07月12日(金)
    山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    尾瀬ヶ原の現在の主役はヒオウギアヤメとカキツバタです。ニッコウキスゲは、あと1週間ほど先
    19年07月11日(木)
  • 会津駒の小屋~会津駒ヶ岳
    会津駒の小屋
    小屋周りの融雪進み池や湿原が少し現れてきました。ハクサンコザクラもさきがけが開花。
    19年07月09日(火)
    原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    尾瀬ヶ原でニッコウキスゲ、ヒオウギアヤメが咲き始めました。朝晩はまだ肌寒いので、薄いダウンやフリースがあると安心です
    19年07月04日(木)

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年7月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...