登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
東稜から登る石鎚山 石鎚山(中国・四国)
img

記録したユーザー

よおいち さん
  • 日程

    2018年3月17日(土)~2018年3月18日(日)

  • パーティ

    4人 (よおいち さん 、ほか3名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:松山小倉フェリーで3/16 21:00乗船-3/17 05:00着岸-07:30面河渓
    帰りは松山市内で入浴し今治-しまなみ海道抜けて尾道。山陽道から北九州へ3/18 23:00

  • 天候

    3/17は快晴、3/18は朝から霧 日中は曇
    [2018年03月17日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

3/17土
05:00 松山観光港 07:00 面河アウトドアーセンター駐車場
07:30 面河登山口 12:00愛大石鎚小屋 14:00 二の鎖小屋

3/18日
06:00 二の鎖小屋 07:00 東稜 09:00 石鎚山山頂 
10:00二の鎖小屋  11:00 愛大石鎚小屋 13:00 面河登山口


総距離 約16.3km 累積標高差 上り:約2,054m
下り:約2,054m
面河渓から登山口を入り尾根に出るまでひたすらのぼり。尾根に頃にやっと石鎚山が姿を見せる。木々の間から弥山・天狗・東稜のラインが見えると少し心が躍る。山頂付近に積雪はあまり見られなかったが「相当あると思う」とひでさん。進行方向にもちらほら積雪がみえはじめた。(一昨年は全く見られなかったらしい。)トレースは無い。快天のせいで日差しが強く気温があがり雪は腐ってくる。我々4人は宴会装備を担いでいるので溶けかけた雪道は無数のブービートラップ巣となり歩きにくい。愛大避難小屋についたときは12:30を回っていた。さっちゃんとまりりんは最初からピッケル持ちだが、ヒデさんはここでストックをピッケルに替えアイゼン装着、よおいちはピッケルを出し、まりりんはアイゼンを付けた。愛大小屋を覗いたがとてもきれいな避難小屋でびっくり。しかも整理整頓されていて備品も充実。大事に管理していることが窺える。小屋からは斜面をずうっとトラバースするがいつのまにか雪山になっていた。雪解けの沢の水音聞きながら照り返しに顔を焼き、腐った雪は時折踏み抜けて体力を少しづつ奪ってゆく。「登山学校・北九メンバーでのぼる雪は、これが最後ね」とさびしそうに君は笑った。といった多少感傷に浸りつつ、笹薮を掻き分け幾度も雪を踏み抜き一向に近づかない山頂にいらっとしながら歩を進める。やっとの思いで二の森方面からの登山道と合流。稜線に出たのだ。山頂もすぐ近くにみえる。しかし本日は二の鎖小屋で宿泊予定。山頂下の北側斜面をトラバースしなければならない。全員がアイゼンをつけ30Mロープで各自固定しつつコンテでトラバースを開始。トップはヒデさん二番手さっちゃん次がよおいちでアンカーがまりりん。滑ったら50Mぐらい止まらないだろう斜面をこのメンバーでゆく充実感はそれなりにあった。二の鎖小屋まえで翌日のコース東陵方面へ下見したが積雪多く危険と判断しそのまま山頂へ登り下山に計画を変更した。なので今晩は小屋で宴会。食って飲んでめちゃくちゃ楽しかった。翌朝は山頂によって写真を撮って同ルートで下山した。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ゴーグル、ザイル、ロープ、カラビナ、環付きカラビナ、クイックドロー、ビレイデバイス(確保器)、スリング(シュリンゲ)、ハーネス、ヘルメット
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

よおいちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 石鎚神社頂上山荘~石鎚山
    石鎚神社頂上山荘
    頂上付近はイシヅチザクラとアケボノツツジが咲き始めました。今年は雨が少なく、現在、山荘は水不足です
    19年05月17日(金)

よおいち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...