登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
再び烏ヶ山BC・SKI 烏ヶ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2018年3月30日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:ルート181号で勝山から新庄村へ向い、野登呂トンネルを抜け蒜山へ。
    ルート282号に乗り換え内海乢を超えて下り蚊屋からサントリー奥大山の水工場を通って奥大山国民休暇村へⓅ

  • 天候

    ☀ 8℃
    [2018年03月30日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

7:10⇒9:10鏡ヶ成Ⓟ9:26→11:16尾根到達→11:52 1本目ドロップ→12:10昼食ポスト12:53→13:50 2本目ドロップ→14:30 Ⓟ 14:45⇒16:30分着

☀ ↑883m 770m 7.1 ㎞ 5,219歩 5:00分 1人

鏡ヶ成に着くと、カーラ谷はまだ十分滑れそう。2パ―ティーが出発された。単独ボダーと2人連れの山スキーヤーだ。

新小屋峠へのゲートは相変わらず閉じている。脇を潜りシールSKIを履き斜面に取り付いた。
先週歩いたばかりなので、ルートファインディングは必要なし。どんどん登り、ほぼ同じ地点で小沢を超え、支尾根に取付いた。

上へ進むほどブナが折れ、ひどい被害だ。前回は樹氷が付いていて、倒木が目立たなかった。今日は1人できょろきょろしながら登るので、倒木被害が目立つ。

ブナの大木の幹には、大きなクラックが入っている。尾根上部のテラスで、スキーを仕舞い、アイゼンを装着。稜線歩きに備える。

雪はまだ締まっていて、日陰はアイゼンの方が安心だ。稜線には一歩・1っ歩、ツボ足のトレースがあり、足跡を追って慎重に100m程登る。

キャンプ場からの登山道と、新小屋峠登山道との分岐標柱が真上に見え出すと、ドロップ地点だ。例年の幅は無いが、雪のテラスが出来ている。

眺望を楽しんで、シールを剥がしドロップインだが。
いつも苦労するのが、支度に手間取ること。

まず、スキーのヒールピースを滑走モードへ、ブーツカフロック、リーシュ装着、ストック調整、シール収納、カメラ装着、上着着用、ヘルメットとサングラス装着。色々支度が重なり時間が掛かる。段取り悪く、いつも同行の方に待ってもらう様になる。

回数をこなし、身に付くまで練習`ー´)ノだ。
最後に点検してドロップダウン。エキスパートは下に滑走しているが、管理人はまず斜行、しっかり足場を確かめて最初のターンへ入る。

スピードをコントロールしてから、再び溜を作り再度ターン。出だしは急斜面だが2・3ターンすると調子が出て来た。

下に行くほど斜度が緩く、中回りから小回り系も滑ってみる。下部は雪が解け場所によってはスキーが埋まる。

12:01分から5分ほどで200m高度を下げた。1,190m付近のブナの大木が倒れた左岸でお昼にする。

右岸の夏道を登山者が登っている。昼からどうしましょう?
このまま左岸を登るか、斜面中央に見える尻制動の後を直登するか、このまま下るか?…

良い天気で、雪もまずまず。このまま下るにはもったいない。ツボ足で歩いて見て直登するか左岸を登るか様子見だ。結局、烏谷へ切れ落ちた絶壁の稜線歩きを、心理的に回避したく、谷直登にした。

5分で下った斜面を47分かけてエッチラ、オッチラ登り返した。再びドロップ地点で滑走準備。スキーを履くのも緊張します。

13:50分、2本目滑走へドロップ。今度は谷をそのまま下り、目印の大ブナ下の左右俣合流地点から左岸の斜面を下ります。

杉の植林帯に入り、枯枝の積もったルートを下って行く。沢筋に突き当たり、降り場を探しながら下ります。

雪が続いた斜面を見つけて沢筋を下ると、夏道が横断している。沢底から左岸へ登ると下に道路が見えてきた。

今日も無事に下山だ。14:25駐車場へ帰り、滑った斜面を見上げ、満足感に浸ります。
楽しませてくれたお山に感謝です。\(^o^)/

投稿44枚
最後までご覧いただきありがとう山でした。

詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.jp/2018/03/2018330bc-ski1380m.html

登山中の画像
登山画像
まだ賞味期限内のカーラ谷
登山画像
左に烏が山を見ながら登る
登山画像
ブナ林を進む
登山画像
支尾根に取付く
登山画像
1230m三角点峰が見えて来た
登山画像
鏡ヶ成を振り返る
登山画像
ブナの枝が折れている
登山画像
根元から折れたブナの株
登山画像
クラックが入ったブナの幹
登山画像
中ほどから折れたブナ
登山画像
稜線が近づく アイゼンに履き替えてトレースを…
登山画像
三鈷峰の手前に振子沢の大曲が見えている
登山画像
矢筈ヶ山と甲ヶ山
登山画像
ドロップ地点からカーラ谷
登山画像
途中でドロップ地点を見上げる
登山画像
したから滑った斜面
登山画像
昼食地点で斜面全景
登山画像
中速中の絶景
登山画像
2本目ドロップ地点の絶景氷ノ山がうっすらと見え…
登山画像
琴浦当たりの日本海
登山画像
矢筈が山を再度見えた
登山画像
愛車が見える
登山画像
さあドロップ
登山画像
尻セード―がカービングしてる
登山画像
登山道へ合流
登山画像
今日のドロップ地点
登山画像
今週中が賞味期限?
登山画像
鏡ヶ成へ無事下山
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    登山はさまざまな感染症対策と空符をしましょう。大山ユートピア登山道は一部要注意
    20年05月29日(金)

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年6月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん!
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん! 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」。多くの方からレシピのアイディアを投稿いただきました!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!