休暇村 奥大山からの現地情報 伯耆大山周辺の情報

登山道の積雪は踏み固められ滑りやすく注意(アイゼン推奨)。避難小屋利用は要注意

休暇村 奥大山

▲草鳴社ケルン(撮影 山岳外とガイド 佐々木様、勝部様)(19.12.07 休暇村 奥大山)

鳥取の天気予報
明日


- / -
明後日

晴時々曇
13℃ / 2℃
(日本気象協会提供:2019年12月11日 11時00分発表)
松江の天気予報
明日


- / -
明後日

晴時々曇
13℃ / 2℃
(日本気象協会提供:2019年12月11日 11時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

12/10(火)

周辺状況

12月7日(日)現在の大山夏山登山道の最新情報をお知らせします。

(今回の情報はガイド仲間の佐々木・勝部ガイドより提供いただきました)

午前9時半の大山寺の天候 晴れ 気温4℃  無風
午後12時半の山頂の天候 ガス 気温-3℃ 微風

12月7日は二十四節気で言えば「大雪」(たいせつ)になります。
これは山だけでなく、平地にも初雪が降るころという意味がありますが、6日(木)あたりから全国的に冷え込み、まさに平野部でも降雪がみられました。
この日から冬至(12月22日)までが大雪といわれます。

また平野部ではこの頃によくみられるのが、晴れているのに北風に乗りはらはらと雪が舞う様を「風花」(かざはな)という言葉で表します。
岡山県北では「雪花(ゆきばな)が散る」といわれています。

どちらも風情のある表現ですが、本格的な冬の前触れで使われています。

まだ寒い日は長続きせず、12/7は寒気団が西方面に遠ざかり、太平洋上から暖かい空気が流れ込んでいました。
今週は落ち着いた穏やかな日が続くようですが、晴れている日ほど朝晩の気温差が激しいので、お気をつけください。

登山道

12月7日(日)現在の大山の夏山登山道の様子

まだまだ登山道が明確にわかる程度の積雪なので、踏み固められていて、非常に滑りやすくなっています。
キックステップが確実に出来ればアイゼンを履くほどではありません。
5合目付近から雪がさらに締まってきますので、不慣れな方はアイゼンを履いたほうが安全だと思います。

■注意すべき点
山頂と6合目の避難小屋が工事中です。
山頂避難小屋は相変わらず「内部に入れるだけ」という状態で、座れる場所はありません。
積雪時の2階の出入り口は入れるけれども、内部の梯子を下りた場所には資材が山積みで足の踏み場がなく、立ったままでせいぜい15人から20人程度も入ればいっぱいです。
アイゼンを履いたまま入るとほかの登山者の足を踏み抜く事故も想定されます。
小屋内で休もうと思わないほうが良さそうです。
県のホームページでは「宿泊目的の登山はご遠慮ください」となっています。

6合目の避難小屋は扉がビス止めしてあり、県のホームページでは「工事中のため立入禁止」となっています。
(12月半ばから仮利用できる予定、とのこと)
https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/1187207/kisei1204.pdf

すでに大山は冬山です。
もっと積雪が増えてから事故が起きる可能性があるというものでなく、無雪期でも、いつ起こるかわからないのが事故です。
避難小屋は避難のための小屋ですので、一日も早く「避難ができる小屋」に復帰してほしいものです。

装備

基本は雪のある山の登山装備

今の時期に注意することはまず装備の中でも服装。
必ず冬山装備での登山を心がけてください。
それもただたくさん着ていればいいものでもありません。
山の服とか道具はそれなりに意味があります。それを理解したうえで冬山においでください。

注意

登山というのは楽しいスポーツですが、同時に危険も伴います。
安全に登れるようにお気をつけください。

その他のお知らせ

この他、登山道の状態とか装備品などわからないこと、またガイドに関する依頼、受けておりますので遠慮なく下記までお問い合わせください。

日本山岳ガイド協会認定登山ガイド 久保昌之
電話 090-7999-2931(携帯)

休暇村 奥大山  
鳥取県日野郡江府町御机鏡ヶ成709-1 
電話 0859-75-2300

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

休暇村 奥大山周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 草鳴社ケルン(撮影 山岳外とガイド 佐々木様、勝部様)
  • 9合目の木道 (撮影 山岳外とガイド 佐々木様、勝部様)
  • 7合目(撮影 山岳外とガイド 佐々木様、勝部様)
  • 5合目付近のブナ (撮影 山岳外とガイド 佐々木様、勝部様)
  • ウサギの足跡 (撮影 山岳外とガイド 佐々木様、勝部様)
  • 南光河原よりの登山口 (撮影 山岳外とガイド 佐々木様、勝部様)
  • 草鳴社ケルンより
  • 9合目でマイナス5℃
  • 山頂避難小屋手前
  • 山頂避難小屋は外壁だけは出来ましたが、内装はほとんど未完成です。
  • 山頂避難小屋入り口
  • 山頂避難小屋 (撮影 山岳ガイド 佐々木様)
休暇村 奥大山

連絡先:0859-75-2300  現地連絡先:090-7999-2931
営業期間
通年営業
関連山域

ユーザーからの伯耆大山周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

休暇村 奥大山周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?