休暇村 奥大山からの現地情報 伯耆大山周辺の情報

天気安定し降雪少なめ。登山道の積雪は踏み固められ上部はクラストのため12本爪アイゼン必要

休暇村 奥大山

▲9合目から山頂へ (撮影 山岳ガイド 佐々木様)(20.02.20 休暇村 奥大山)

鳥取の天気予報
明日

曇時々雨
- / -
明後日

曇一時雪
7℃ / 3℃
(日本気象協会提供:2020年2月25日 17時00分発表)
松江の天気予報
明日

曇時々雨
- / -
明後日


9℃ / 2℃
(日本気象協会提供:2020年2月25日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

02/25(火)

周辺状況

2月20日(木)現在の大山夏山登山道の最新情報をお知らせします。

午前9時の大山寺 曇  +2℃ 無風
お昼12時の山頂 快晴 -4℃ 微風

相変わらず大山付近では積雪が少なく、各スキー場も未だ営業できないスキー場も一部あります。
ここ奥大山(鏡ヶ成)でも過去に例が無いぐらいの少ない積雪量で、気温も上がらずせいぜいマイナス5℃ぐらいまで。ちなみに例年ではマイナス10℃ぐらいが普通です。

高層天気図をチェックしてみてもシベリア寒気団が南下してくる気配も無く、偏西風の流れも今までとさほど大きく変化する様子もありません。
ということは2月から3月にかけても大きな寒気団が見込めず、今からドカ雪が降る可能性は非常に低いということです。

ちょうど二十四節気では19日ごろが「雨水」。空から降るものが雪から雨に替わるころとなっています。
各地で春一番が吹き、そろそろうぐいすの鳴き声が聞こえ始めるころです。
今年の冬はニュースで「今冬一番の寒気が・・・」というセリフを何度も耳にされたと思いますが、もうこの手のニュースは今冬は聞かれそうも無いと思います。

本来はこれから2月末にかけてが一番積雪が多く、3月に入ると降る量よりも融ける量のほうが多くなってきて徐々に登山道の積雪も減ってくる時期なんですが、
果たして今年は・・・?

よくあるパターンですが、穏やかな落ち着いた日に山頂まで登られた方はほとんど雪山の魅力に取り付かれます。
しかし大山は日本海に面した独立峰ですから、天候の急変はもちろんのこと厳しく荒れる日も珍しくありません。
その時に「前回は登れたから・・・」という経験は冬山では通用しないことをよく覚えておきましょう。
特に経験の少ない方が単独で登ると、その判断を間違える場合があります。
冬山を楽しむために出来るだけ単独は避けて無理をしないようにしましよう。

登山道

大山の登山道ですが、天候に恵まれた(?)日が多く登山ルートも無雪期のルートとほとんど変わらない状態で踏み固められています。
トレースさえ外さなければ、アイゼンだけでスノーシューは不要です。
そもそも大山においては1合目辺りからスノーシューを履かないと歩けないぐらいの積雪であれば、まず山頂までは体力的にも難しいと思われます。
せいぜい良く頑張って5合目ぐらいが限界でしょう。

冬の大山においては6合目付近より上部に登るのであれば積雪がクラストしていますので逆にスノーシューでは危険です。
12本爪のアイゼンをお持ちください。

ただトレースを外れて元谷方向とか草鳴社谷方向へ下りながら遊ぶのであればスノーシューは必要です。
しかし今年は積雪量が少なく、なかなか出番がないようです。

・山頂避難小屋
現在工事中ですので詳細は鳥取県のHPをご覧ください。
(ヤマケイオンライン付加情報 https://www.pref.tottori.lg.jp/268500.htm
登山者目線でのお願いをすれば、小屋内の大きなゴミは積み重ねるとか、水のタンクはコンクリートを打ってない場所に移動すれば、もっと内部が広く使えるように思いますがいかがでしょう。

装備

雪が例年よりも少ないとはいえ厳冬期の大山ですから冬山装備はもちろんです。

現状はダブルストックが安定しますが、10本爪以上のアイゼンやピッケルの用意は必要です。

注意

登山というのは楽しいスポーツですが、同時に危険も伴います。
他のスポーツ同様に慎重で経験豊富な人と登れば、格段に技術は向上します。
特に冬の大山においては無理は絶対に禁物です。
安全に楽しく登ってください。

その他のお知らせ

この他、登山道の状態とか装備品などわからないこと、またガイドに関する依頼、受けておりますので遠慮なく下記までお問い合わせください。

日本山岳ガイド協会認定登山ガイド (自然公園指導員) 久保昌之
電話 090-7999-2931(携帯)

休暇村 奥大山  
鳥取県日野郡江府町御机鏡ヶ成709-1 
電話 0859-75-2300

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

休暇村 奥大山周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 9合目から山頂へ (撮影 山岳ガイド 佐々木様)
  • 8合沢源頭部付近(撮影 山岳ガイド 佐々木様)
  • 草鳴社ケルン (撮影 山岳ガイド 佐々木様)
  • 6合目から見た北壁 (撮影 山岳ガイド 佐々木様)
  • 潅木だらけの標高1300m (撮影 山岳ガイド 佐々木様)
  • 5合目付近のブナ林 (撮影 山岳ガイド 佐々木様)
  • 標高1300m付近(撮影 山岳ガイド山本良子様)
  • 元谷分岐上付近(撮影 山岳ガイド山本良子様)
  • 5合目のブナ樹氷(撮影 山岳ガイド山本良子様)
  • 6合目手前付近(撮影 山岳ガイド山本良子様)
  • 6合目避難小屋(撮影 山岳ガイド山本良子様)
  • 行者コースより見た三鈷峰(撮影 山岳ガイド山本良子様)
休暇村 奥大山

連絡先:0859-75-2300  現地連絡先:090-7999-2931
営業期間
通年営業
関連山域

ユーザーからの伯耆大山周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

休暇村 奥大山周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ