休暇村 奥大山からの現地情報 伯耆大山周辺の情報

例年になく積雪量が少なく、気温も高めで推移。19日は大山で雨が降り積雪量も一気に減少

休暇村 奥大山

▲山頂より (撮影 山岳ガイド佐々木様)(19.02.18 休暇村 奥大山)

鳥取の天気予報
明日


11℃ / 3℃
明後日

晴時々曇
14℃ / 2℃
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
松江の天気予報
明日

曇のち晴
10℃ / 2℃
明後日

晴時々曇
13℃ / 2℃
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

02/18(月) (大山寺 11:00の天気) 晴れ 気温5℃ 無風
(山頂 13:00の天気) 晴れ 気温-5℃ 微風

周辺状況

二十四節気は季節の変わる節目を示すものとして使われ2月19日は「雨水」となっています。
空から降るのが雪から雨に変わり、雪解けが進み、この頃から草木が芽生え始めます。
また農耕の準備を始める目安ともされてきましたが、実際は2月末辺りまでが積雪のピークとなります。

ところが今年は例年にないぐらいに積雪量が少なく、気温も高めで推移しています。
実際に19日は大山でも雨が降りました。
19日の夜はかなりの強風が吹き荒れて、積雪量も一気に減ってきました。

登山道

登山道は春先のような状況です。
危険な場所はありませんが、新雪が積もったところを登るよりも現在の登山道のほうが滑りやすく危険です。

登るにつれ当然気温は下がってきますので、アイスバーンが予測される時は早めに安全な場所でアイゼンを履いたほうが良いと思われます。

冬山ではまずキックステップの習得しましょう。それだけで登れなくなった時にアイゼンを履くというのが基本ですが、急斜面での装着は危険を伴います。
ザックを下した時に滑ってしまう。手袋等の小物を落とすと滑ってしまう。
それらを拾おうとするとバランスを崩す。
従ってアイゼンを履く場合は、必ず平たい場所を確保した上で履いてください。
6合目辺りまではストックでも対応できる場合もありますが、それより上を目指すのであれば、ピッケルに持ち替えましょう。
ただし滑落停止が出来ることが最低条件です。
知識だけでは冬山では役に立ちません。
またアイゼンが必要な場所で転倒するとストックでは役に立たないと思ってください。
基本はアイゼンとピッケルはセットで考えてください。
雪山訓練がしっかりと身についている方はアイゼン無しのピッケルもアリです。

その日の雪の状態によって臨機応変に対応できれば良いと思いますが、基本が出来ていないとこの対応さえも無理ですからご注意ください。
ピッケルもアイゼンも自分の命を守るための道具です。
必ず経験者から実地訓練を受けてください。

積雪量が例年よりも少ないために4合目手前付近から5合目上の辺りまでは抜け穴にご注意ください。
5合目から6合目辺りもかなり潅木が立ち上がっています
ザックなどを引っ掛けて転倒することが無いように。

装備

厳冬期雪山装備が必要。

装備は必ずアイゼンは12本爪をお持ちください。
メーカーによっては爪の短い10本爪を安価で販売していますが基本的には6合目から上のアイスバーンでは役に立ちません。
もちろん当日の状況にもよりますが、基本的に積雪時の歩き方、キックステップが出来ないと道具だけ持ってきてもダメです。

ピッケルもそうです。
格好だけで持ってきても邪魔になるだけです。
出来れば山岳会に入るか、県山岳協会などが講習会を開催している場合がありますので、参加して正しい使用方法を身につけてください。

注意

冬の大山は夏とは全く様相が違います。
無雪期の延長で道具だけ買い揃えて登山に来ても大きな事故に繋がる恐れがあります。
必ず基本技術を身につけてから、単独は避けて経験豊富な方と登るようにしましょう。

その他のお知らせ

この他、登山道の状態とか装備品などわからないこと、またガイドに関する依頼、受けておりますので遠慮なく下記までお問い合わせください。

日本山岳ガイド協会認定登山ガイド
久保昌之
TEL 090-7999-2931(携帯)

鳥取県日野郡江府町御机鏡ヶ成709-1
休暇村 奥大山
TEL 0859-75-2300

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

休暇村 奥大山周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 山頂より (撮影 山岳ガイド佐々木様)
  • 山頂緊急避難小屋 (撮影 山岳ガイド佐々木様)
  • 小屋内の明かり取り窓を掘りました (撮影 山岳ガイド佐々木様)
  • 山頂小屋手前 (撮影 山岳ガイド佐々木様)
  • 草鳴社ケルンを8合目付近から見下ろす (撮影 山岳ガイド佐々木様)
  • 7合目少し下 (撮影 山岳ガイド佐々木様)
  • 6合目 (撮影 山岳ガイド佐々木様)
  • 2合目(撮影 山岳ガイド佐々木様)
  • 6合目避難小屋
  • 南光河原よりの登山口
  • 3合目
  • 5合目
休暇村 奥大山

連絡先:0859-75-2300  現地連絡先:090-7999-2931
営業期間
通年営業
関連山域

ユーザーからの伯耆大山周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

  • 大山 三鈷峰・ユートピア 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 4時間6分 日帰り
    大山寺・・・大神山神社奥宮・・・下宝珠越・・・上宝珠越・・・三鈷峰・・・ユートピア避難小屋・・・上宝...
  • ブナ林を満喫しながら中国地方の最高峰へ
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 4時間10分 日帰り
    大山寺バス停・・・夏山登山口・・・六合目避難小屋・・・伯耆大山・・・六合目避難小屋・・・夏山登山口・...
  • 大山・夏山登山道 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 4時間16分 日帰り
    大山寺・・・夏山登山道入口・・・行者谷分れ・・・六合目・・・頂上避難小屋・・・六合目・・・行者谷分れ...
  • 大山 鳥越峠・ユートピア 日帰り
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 5時間6分 日帰り
    健康の森遊歩道入口・・・分岐・・・鳥越峠・・・駒鳥山小屋・・・ユートピア避難小屋・・・三鈷峰・・・上...
  • 大山 大休峠・野田ヶ山・ユートピア 日帰り
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 5時間45分 日帰り
    大山寺・・・大山ビューハイツ前・・・川床・・・岩伏分れ・・・大休峠・・・野田ヶ山・・・振子山・・・ユ...

休暇村 奥大山周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?