登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
双石山・加江田渓谷 双石山(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

シンゴ さん

この登山記録の行程

木花駅(9:30)・・・塩鶴登山口(10:45)[休憩5分]・・・磐窟神社(11:07)・・・三段梯子(11:17)・・・第二展望所(11:35)・・・山小屋(11:52)・・・双石山(12:11)[休憩15分]・・・山小屋(12:42)・・・三叉路(12:45)・・・桧山分かれ(13:05)・・・丸太橋(13:28)・・・丸野駐車場(14:38)・・・木花駅(15:38)


総距離 約10.5km 累積標高差 上り:約754m
下り:約791m
駅から登山口までの車道歩きが結構こたえた。
加江田渓谷は多目的広場より上流が災害で通行止めになっていたが、丸太橋に下山したため通行止め区間を通らざるを得なかった。一部歩道が崩れていた。
双石山から丸太橋までの下山ルートはかなりのハイペース(ほぼ小走り)で下ったため、コースタイムは参考にしないほうがよいだろう。
蒸し暑く、飲み水2リットル消費した。

登山中の画像
  • JR木花駅。
  • 1時間余りの車道歩きで、すでに汗だく。 加江田渓谷へ続く道を左に見ながら分岐を右へ行く。
  • 塩鶴登山口。
  • しばらく藪が続く。あまり人が歩いていないのだろうか。
  • トラノオの花。
  • 植林地が伐採され、新しい苗木が植えられていた。
  • 磐窟神社(第一展望所)
  • ぼろ石・・・。
  • 三段梯子。
  • 岩場では道がわかりにくい所もある。
  • 登りは尾根コース、下りは谷コースがいいらしい。
  • 少し道をそれて木の橋を渡ると・・・。
  • これは登るしかないでしょ。
  • 大岩展望台からの眺め。
  • もとの道へ戻り、第二展望台へと向かう。何か所かロープ場もある。
  • 第二展望台へ到着。
  • きれいなキノコ。タマゴタケか。
  • 山小屋を経て・・・。
  • 双石山山頂。
  • 展望はそれほどでもない。
  • 来た道を戻り、山小屋を少し過ぎた所にある分岐から加江田渓谷方面へと向かう。
  • 少し登り返した後、ひたすら尾根筋を下る。沢の音が聞こえてきたら、ほどなく丸太橋の登山口へ出た。
  • 沢沿いの道は気持ちがいい。疲れが癒される。
  • 針葉樹林帯もある。
  • 少し怖い金網の橋を何度か渡る。
  • 突然、目の前に規制線が現れた。手前(上流側)と奥(下流側)のどちらが規制されているのか不明だが、今さら引き返せないので無視して進むと・・・。
  • 歩道が完全に崩れ落ちていた。
  • 慎重に通過する。申し訳程度にロープが張られていたが、まさかこんな所に難所があるとは・・・。
  • しばらく進むと、再び規制線。ここは明らかに上流側が規制されている。歩道が崩れているのだから当然だろう。
  • 花切山へ続く平成登山道は行けるらしい。
  • あちこちに倒木など災害の跡が残っている。
  • 約1キロごとに休憩所がある。ここは広河原休憩所。
  • 沢の音が心地よい。水に入りたくなる。
  • 硫黄谷休憩所。南国ムード満点。バナナの木?
  • 遊歩道入口の車止めを通過。
  • 振り返ると、去年登った斟鉢(くんぱち)山の頂が見えた。
  • 恐竜(?)を横目に少し進むと、丸野駐車場へ到着。
  • 木花駅まで再び1時間の車道歩き。足に来ているので結構つらい。青島温泉で疲れを癒してから帰路についた。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

シンゴさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

シンゴ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?