登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
富士山御殿場口から富士宮ルートへ6合目で撤退 富士山(関東)
img

記録したユーザー

ハワイ人 さん
  • 日程

    2018年9月9日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:バス御殿場7:35発-御殿場口新五合目8:15着
    帰り:バス御殿場口新五合目14:15発-御殿場14:45着

  • 天候

    晴れ強風-雨強風-晴れ強風
    [2018年09月09日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

御殿場口新五合目8:19-大石茶屋8:26-二ツ塚分岐8:56-下塚9:02-1778m地点9:05-四辻9:12-三辻9:22-小天狗塚9:32-御殿庭入口9:44-御殿庭上10:07-第二火口縁10:44-第一火口縁10:55-第一火口11:03-11:17-馬の背11:57-新五号五勺12:29-大石茶屋12:52-13:55-御殿場口新五合目14:00


総距離 約11.9km 累積標高差 上り:約1,404m
下り:約1,403m
御殿場口から双子山、富士宮6合、頂上から御殿場ルート下山。時間的、体力的に無理なら8合目でトラバースまたは6合目から宝永山経由で御殿場ルート下山で計画。
当日は天気がいまいちで行くかどうか考えたが、行ってから決めるか。と出発した。
御殿場口上空は晴れているが風は強めで富士宮方面からガスが流れてきてる。
ということで行けるとこまで行ってみますか。
大石茶屋でロープの誘導通りに進んだら双子山方面の道を見逃してしまい、しばらく御殿場ルートを登ってしまった。双子山方面を見ると道が見えたのでトラバースして登山道へ。三辻から先で樹林帯に突入。御殿庭上あたりからガスに飲み込まれ第二火口縁から強風雨、なんとか第一火口縁まで登ると六合目方面から猛烈な風と雨。
う~む、今日はこの辺で勘弁してやろう。
尻尾を巻いて宝永山方面に。強風の中プリンスベンチで再度身支度を整えていざ宝永山への登り。
登り始めてしばらくするとなにやらガスが晴れてきて、雨がやんで視界がグングン広がってきた。
馬の背に着くころにはガスは見えず視界良好山頂がキレイに見える。
が、しかし、強風。
一瞬御殿場ルートで行けるところまで登るか。という考えがわいたが、そばにいたおじさんがゴロゴロ転がってるのを見て予定通り下山。
大石茶屋でのんびりとしてバスの人となりました。

登山中の画像
登山画像
視程は良好。既に道を間違えている。
登山画像
こいつはまだ咲いていた。
登山画像
二つ塚分岐。
登山画像
下塚山頂。
登山画像
富士宮方面からガスが来てますなあ。
登山画像
ここが山頂なのかな。
登山画像
御殿場方面。
登山画像
看板。左手方面からガス。
登山画像
正面は白い。
登山画像
ガスに近づいてきてる感じ。
登山画像
看板、看板。
登山画像
谷。
登山画像
お花だ。
登山画像
お花だわ。
登山画像
お花よ。
登山画像
道はガス方面へと続く。
登山画像
ガスに
登山画像
ボチボチ
登山画像
突入だ。
登山画像
ここから先ガスを抜けるまで写真なし。
登山画像
馬の背を越えたところ。猛烈な風。
登山画像
視程はグングン好転。
登山画像
山頂も見えてきた。飛ばされたものを探索してい…
登山画像
う~ん、すっきり。
登山画像
何は無くともビールですな。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ハワイ人さんの登山記録についてコメントする

ハワイ人 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?