登山記録詳細

雪山登山
参考になった 6
安達太良山積雪期登山 安達太良山(東北)
img

記録したユーザー

たぞ さん
  • 日程

    2019年1月13日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:あだたら高原スキー場に駐車。朝7時30分頃の到着でしたが、20台~30台程度が止まっているのみで、ガラガラでした。ウィンタースポーツシーズン中なので、スキー客が到着し始めるより早めに着くのが良いと思います。スキー場までの道は比較的勾配が急でしたが路面には雪は少なく、登るのに苦はありませんでした(FFの軽自動車で乗り込みました)。

  • 天候

    曇りのち晴れ。一時山頂稜線付近にガスがかかるも、すぐに晴れた。
    [2019年01月13日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

0730 あだたら高原スキー場到着、準備開始
0750 駐車場出発、登山届記入・投函
0800 登山口
0810 くろがね小屋方面と薬師岳・五葉松平方面分岐(くろがね小屋方面へ)
0935 くろがね小屋着。アイゼン・ピッケル装備とトイレ休憩
1000 くろがね小屋出発
1035 峰の辻
1055 安達太良山山頂広場
1100 安達太良山山頂
1115 山頂を下る
1130 山頂広場から来た道を戻ろうと思うも、鉄山方面へ少し歩くことに
1145 峰の辻・鉄山・安達太良山の分岐
1155 安達太良山山頂広場へ戻る
1200 安達太良山山頂(2度目)
1205 安達太良山山頂広場、下山開始
1220 峰の辻
1235 くろがね小屋、ピッケル・アイゼン収納、ストック装備、トイレ休憩
1300 くろがね小屋出発
1355 あだたら高原スキー場
1405 駐車場帰着


総距離 約13.7km 累積標高差 上り:約1,068m
下り:約1,067m
積雪期としては初めての安達太良山登山に行ってきました。朝、あだたら高原スキー場に着くと20台くらいの登山客と思われる車が止まっており、各々準備をされている様子でした。駐車場は広く、メイン客層であるスキー客が来るにはまだ早い時間帯だったのでガラガラでした。

ワカンかアイゼンかツボ足か・・・は少し歩いてから決めようと思い、とりあえずストックだけ持って出発。登山届を記入・投函し、ゲレンデの脇にある登山口から入山しました。

良く締まってアイゼンが効きそうな路面で、アイゼンつけようかな?と思いましたが、普通にツボ足でいけるのでそのまま歩き進めることに。すぐに薬師岳・五葉松平を通るルートと、林道(夏は車道)を通って勢至平・くろがね小屋を向かうルートの分岐が出てきます。ゲレンデを通って薬師岳経由で行こうかな?と思っていたのですがゲレンデ上では圧雪車が一生懸命路面整備をしていることから邪魔になると申し訳ないな・・・と思って、くろがね小屋方面へ向かうことに。実は直前までどちらで行くべきか悩んでいたました。

くろがね小屋方面は林道を通ります。終始、しっかりと締まった路面でトレースもはっきりしていました。夏道ではショートカットだけど急で路面が荒れている旧道と、遠回りだけど緩やかな車道(看板には馬車道と表記)があります。冬期は旧道の方がメジャーのようです。馬車道はトレースが不鮮明で、スキーのトレースが見られるのみです。旧道は樹林帯であるためかトレースが非常にわかりやすく残っており、かつ固く締まっているのでツボ足でも難なく登れました。アイゼンを付ければなおよいのですが、歩きの基本のツボ足の練習のため、あえてくろがね小屋まではアイゼンは付けず。

旧道は何度か馬車道と合流・分岐を繰り返します。その後は林道一本道となります。夏道とは全く様相が違い、もともとの道幅がわからないくらいになっています。基本的に広くフラットなのですが、ところどころ斜面のトラバースのような道になります。特に高度感もなく、仮に滑っても谷底までまっしぐらな感じではないので怖くもないのですが・・・グサグサに腐った雪の時などは足をとられる可能性も?

特に危なげもなく歩き、くろがね小屋へ到着。トイレ休憩をと思い、スタッフの方に断ってトイレ休憩。なお、小屋内で休憩する場合は暖房料として210円を受付で支払う必要があります。トイレのみ・屋内休憩なしならば暖房料は支払不要のようです。

くろがね小屋の後はそれまでより少し急斜面になり、一般的な登山道になります。夏道は2度ほど経験があるのですが、氷雪面の凍結・クラスト具合がわからないのでピッケルとアイゼンに換装。この組み合わせの練習もしたかったので。小屋の方がピンクのリボンや竿?でルート案内を付けてくれているのでそれに従い登っていきます。

当日は西風。地形的にくろがね小屋から山頂直下に行くまでは無風~弱い風でした。時々晴れると正直暑いと感じるレベルでした。

林道同様に良く締まった雪面をアイゼンで踏んで歩きます。夏道のザレている路面よりも断然歩きやすい・・・。

峰の辻へ着くとなんとびっくり山頂だけガスってる・・・ように見える。。ほかは晴れているのに・・・とぶー垂れつつ歩き続けると、あれ?山頂のガスが晴れた?(笑

安達太良山名物のでかいエビのしっぽを堪能しつつ、晴れ間に少しテンションを上げつつ最後の登りを終え、山頂広場へ。夏とはやはり雰囲気が違う。そしてやはり風が抜けるので若干の寒さを感じます。

そのまま乳首(山頂の岩稜)に登り、景色を楽しみました。夏場は鎖場や梯子で上り下りしますが、雪がたまっていると関係なし。ピッケルとアイゼンで特に苦も無く山頂へ。しかし、山頂碑のエビのしっぽがとんでもないですね。。自分が登山したときはそうでもなかっですが、普段からすごい風にさらされているのでしょう。

一通り景色を楽しむも、ご近所の百名山の磐梯山はガスってて見えず・・・。諦めてきた道を通って下山しようとしたのですが、ふと鉄山方面への稜線も歩けそうだと思って途中まで行ってみることに。意外と広い稜線で歩きやすく矢筈森手前にある分岐まで行ってみました。今までと違ったところからみる安達太良山や周辺の景色を楽しんできた道を戻り、もう一度乳首に登ったなんと磐梯山がきれいに見えるようになってました。雪をまとった爆裂火口の美しさ・・・。

非常に名残惜しいと思いつつも、風で体とカメラのバッテリーが冷やされて続けていたので下山開始。

峰の辻経由で来た道を戻り、くろがね小屋へ。再度トイレ休憩をとり、ストック・ツボ足に切り替えてスキー場へ下山しました。

下山後は、駐車場の隣にある奥岳の湯で冷えた体を温めて撤収しました。

登山中の画像
  • 朝の駐車場
  • すこしゲレンデの方へ歩きます
  • 登山届
  • ゲレンデ脇から林道へ入る
  • 人も多かったです
  • ツボ足・ストックで
  • 旧道は少し緩急ありますが、急登ではないです。緩やかな登山道です。
  • うさちゃん
  • 徐々に山が見えてくるようになります。
  • ところどころトラバース感のある個所も。高度感は特にないです。
  • くろがね小屋へ到着。
  • ここでピッケルとアイゼンに。今回くらいの積雪と天候ならばストックとアイゼンでも登頂普通にできると思います。その組み合わせの人が圧倒的に多かった。ただし基本はアイゼンとピッケルの携行必須。
  • 徐々に晴れ間
  • 篭山
  • 峰の辻
  • ん?安達太良山の山頂が見えないんすけど(落胆
  • 福島市方面ははっきり見えるのに
  • と思ってたら徐々にガスが薄くなりました
  • エビのしっぽ もしくは カニのむき身
  • 普段は強風が吹き荒れるのでしょう
  • 山頂広場
  • 雪で岩が埋まるので夏は少し大変だった鎖場も楽ちん。
  • 山頂 1年ちょっとぶりくらい
  • 三角点
  • 和尚山方面
  • 陰影がはっきりした稜線美
  • ちょこっと鉄山方面へ。
  • 稜線は結構広い。風も結構強かったです。
  • 後光に照らされる乳首
  • もう一回山頂へ戻ったら磐梯山がお目見え
  • 名残惜しいけど今度こそ撤収
  • くろがね小屋へ
  • ツボ足ストックへ戻し
  • 林道を歩いて下山
  • ゲレンデ到着
  • 下山届
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ワカン、ゴーグル
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たぞさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たぞ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!