登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
迷走の半国高山 半国高山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん
  • 日程

    2019年3月29日(金)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路
    :大阪ー京都(JR)京都ー杉坂(JRバス:周南行き)
    復路:小野郷ー京都駅(JRバス)京都駅ー大阪(JR)

  • 天候

    曇り
    [2019年03月29日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

08:57 杉坂バス停
09:28 登山口
09:57 くぐい峠
11:07 半国高山
12:18 P667
13:05 P620
13:53 緑坂峠
14:30 大森中町車道
14:38 雲月坂登山口
15:20 小野郷バス亭


総距離 約12.0km 累積標高差 上り:約1,174m
下り:約1,140m
京都北山で計画した山で一ケ所登っていない山があったので、今回登ってみることにした。
ガイドブックなどはなく、ネットの実績や地形図からルートを計画した。
杉坂バス停→半国高山→大森→余野→細野バス停 全12Km

結果は、何度も迷走し、時間切れと体力の消耗が激しかったので、計画ルートの途中の大森でエスケープしてしまった。

まずは登山口がわからない、GPSの位置に誤差があり、登山口を見つけられなかったので、ここで1回目の迷走

よくよく見ると、入り口にほんと小さな道標があり、くぐい峠と漢字で書いてあったのでくぐいと読めなかった。GPSの位置からここじゃない、と思いうろうろしたことが原因だった。

この登山口を上っていくと、途中分岐はあるものの、地形図からはまっすぐ進むルートとなっていたので、道がなくなったが、地形図通り進むと、どうも道ではない、そこで引き返し、遠回りにはなるが道とおぼしきルートに切り替えて進むことにした。

・・・が、道が落ちていて、左が急斜面で飛ばなければならない、足を踏み外すとかなりの高さを滑落することになるので、引き返して、道のない道を登ることにした。
ここで2回目の迷走。

かなり急斜面なので、しんどい、ふと見ると僅かに踏み跡が横に走っているので、その道を進むと、広い道に出た。??この道どこから来たのかな?。

途中小さな分岐があったので、そこからの道らしいが道標がなかったので素通りしてしまった様だ。
その道を進むと、すぐに途中で終わっていたが、踏み跡の道が延びているので、登っていくと、くぐい峠へ到着。

さて、くぐい峠からは稜線を進むが、道があるわけではない。しかし稜線なので、道に迷うことは無く、そのまま進んで、半国高山へ到着。
しばらく休憩して、遅れているので先を急ぐことにした。

半国高山からP667ではほぼ右に折れる道があるが、道標もテーピングも無いので、道なりに進んでいると、??しばらく進んで計画ルートと外れていることに気がついた。

戻ると、小さな道標を見つけた。ここの道標は後ろに目がないと見えない程隠れている。ここで3回目の迷走。

方向転換して、進むが、道らしい道がなく、テーピングも無い場所が多い。しかも倒木が多いので10mとまっすぐ進めない。
次第に遅れてくるし、かなりしんどいので、体が悲鳴を上げ始めた。

P620から緑坂峠へ向かう場所では地形図ルートと実際の道が大きくずれているので、緑坂へ下るルートで尾根を間違えていると勘違いした。

そこで、地形図のルートへショートカットしようと思い横に戻っていったが、滑落しそうな急斜面で結局、崖にぶち当たり、急斜面を登る羽目になった。ここで4回目の迷走

もとの道にやっとのことで戻って、その地形図のルートを探すも、見当たらず。
多分、地形図ルートはもう使われていないのかもしれないと諦めた。

谷筋を進めば、なんとかなるだろうと思い、先ほどの道を下ることにした。ところが、その道を進むと緑坂峠に出会い、その道が正しい道だとわかった。なんのこっちゃ無い、30分もロスしてしまった。

緑坂峠も大きな倒木だらけで、乗り越えるのに苦労する。この道は去年の台風で道が鉄砲水で、ほぼ流されているので、道は広くても、歩ける場所は狭い。しかも小さくアップダウンが続くので余計に疲れる。

やっと、大森にたどり着いたときには、1時間遅れで計画のルートを強行すると帰りのバスに間に合わないし、この先に進む気力も萎えていたので、ここでエスケープしてまっすぐ車道を南下して、バス停に向かうことにした。

小野郷バス停まで40分歩き、15:53分のバスまで30分ベンチに座って、疲れを癒やしながらバスを待つことにした。

12.0Km 6時間21分 疲れました

登山中の画像
  • 杉坂バス停 車道脇の階段を降りていく
  • 20分程歩いくと道が狭くなっている
  • 登山口 「供御飯峠」をくぐい峠と読む・・読めるかあ
  • 多分右の細い道を進めばよかったのかもしれない
  • 道がなくなりました。強行突破!
  • 立ちはだかる斜面 やっぱりこうなるんだよな
  • ふう、おや僅かに踏み跡が・・行ってみよう
  • 広い道に出ました。助かったあ
  • こんな道登ってきた
  • その道もすぐ終わり。。。まっすぐ道があるみたいだな、行ってみよう
  • くぐい峠到着 階段がある。。登山道があるんかな?
  • いえいえ、お地蔵さんへの階段でした。道はありません・・でも稜線なので、倒木かき分けて進みます。
  • ひとしきり登ったところに、老木が・・って枯れてるし
  • テーピングも、道標もないので、こんな道標見たら、ほっとします。 「ありがとうね」
  • でもどっち行ったら良いのかなあ まあ方向はこっちかな?と登っていきます。
  • おや、道標が朽ちて落ちてます。本当はここから登ってくるんだ。 どんまいどんまい
  • 地形図のルートは右の斜面を登れって言うてます。・・左の方が広いからこっちいこ 方向見失わなければ良いんだよ
  • なんと、広い道なりが半国高山だった。ラッキー ここまで2時間 登りで迷走した分ちょっと遅れたかな?
  • さて、先を急ぎます。 こっちの方は道が荒れてるみたい。もちろん道はありません。みんな登山して帰ってるのかな?
  • おや、広場がある 昼飯にしよ
  • ひとときのくつろぎ
  • 今日は卵を入れた塩ラーメンです
  • P620で迷走 引き返してこの道標を見つける。 反対方向から歩いてくるとわからないよ スマホでGPSを手放せないなあ
  • さらに進むと大きく通せんぼ 今日のルートではこんなのへっちゃらだ 道なりだと思っていたのに、ここから、大迷走が始まる
  • 大迷走から脱却して緑坂峠へ
  • ここが緑坂峠、迷走は無駄だった 悲しい
  • それにしても荒れてるねえ
  • ここからは道が広くなったが倒木だらけ 道も鉄砲水でほとんど流されている・・が一本道なので気持ちがゆるんでます
  • 大森に到着!
  • 計画した雲月坂への登山口 ヘトヘトでもう今日は行けません
  • あら、桜です。 早いねえ
  • 15:20 小野郷バス停到着 バスは15:53までのんびり一休み あぁ疲れたぁ!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、テーピングテープ、GPS機器、燃料、ライター
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年5月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」のモニターを5名募集します!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。たくさんのご応募ありがとうございました