登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
上州三峰山(後閑駅から河内神社~三峰沼~山頂~三峰の湯と周回) 上州三峰山(上信越)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2019年5月25日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:大崎4:30→山手線→上野4:52~5:10→高崎線→高崎6:55~7:12→上越線→後閑8:05

    復路:後閑13:26→上越線→新前橋14:06~10→両毛線→高崎14:20~52→上野東京ライン→赤羽16:29~32→埼京線→恵比寿16:55~59→山手線→目黒17:01

  • 天候

    快晴
    [2019年05月25日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

後閑駅8:10→JR踏切8:15→三峰神社8:26→三峰山登山口8:37→水場8:58→林道9:07→天狗岩9:12→林道終点9:17→河内神社9:23~28→テレビアンテナ9:31→三峰沼分岐9:38→三峰沼9:41→縦走路に戻る9:55→後閑林道分岐10:14→町営温泉センター分岐10:21→三峰山1122.5m10:38~55→町営温泉センター分岐11:08→後閑林道11:42→車道11:46→みなかみ町営月夜野温泉三峰の湯11:58~12:40→後閑駅13:14

合計3時間48分(三峰の湯迄、13.3km)


総距離 約16.0km 累積標高差 上り:約1,093m
下り:約1,094m
5月25日(土)は、谷川岳の手前にあってなにかと気になるテーブルマウンテンの上州三峰山に行って来ました!

ここは、昔、10年以上前に一度だけ行ったことがあって、その時は、道は平坦なんだけどマイナーな山だけあって結構やぶっぽいな~という印象だったのですが、今回久しぶりに登ってみたら、標識が新しいものに代えられていて、道も非常に良く整備されていました。

また、廃道になってるんじゃないかと思っていた三峰の湯に下る道も、さすがに整備はされていませんでしたが、小まめにピンクテープがつけられていて、迷うことなく下りられます。

いつ潰れてもおかしくない雰囲気だったプレハブ造りの秘湯=三峰の湯も元気に営業していました。

上州三峰山に行くには、上越線で「後閑」まで行きます。沼田の1つ先、みなかみの2つ手前。上野5時10分始発の高崎線で行っても、東京6時8分発の上越新幹線で行っても、同じ電車に乗り継ぐので8時5分に着きます。

後閑駅で降りたら、駅前の道を沼田方面に5分ほど進むと「川場・玉原」方面左折の標識があるので、左折して踏切を渡ります。

踏切を渡ったら川場・玉原方面の道から分かれて山にぶつかるところまで真っ直ぐ進みます。すると玉泉寺直進の標識があるので、そこで右折します。

右折して少し行くと左手に三峰神社の鳥居が出てくるのでそれをくぐります。三峰神社に参拝したら、グランボレという標識に従って進みます。

高速道路の下をくぐり、龍谷寺の前を過ぎたところで、ようやく三峰山の標識が出てきます。そして三峰山の標識がグランボレへの道と分かれて右に曲がると、ようやく三峰山登山口到着です。8時37分着。後閑駅から約30分。

ここからようやく登山道に入ります。登山道と言っても河内神社の参道なので、ゆるい傾斜の非常に登りやすい道です。その登りやすい道を約20分登ると水場があって、さらに10分登ると林道に出ます。

林道に出てすぐのところに天狗岩の入口があるので寄って行きます。天狗岩は大岩の下に赤い祠があります。

天狗岩から林道に戻って少し登ると終点になって、ハングライダーの離陸場への搬入用のケーブルがあります。河内神社の参道はそれとは別に右に続いていて、そこを登りきると山の上にあるわりにきれいで立派な河内神社に着きます。後閑駅から1時間13分かかり、9時23分到着。

河内神社は南側の展望が良く、子持山や赤城山が一望出来ます。

景色を見ながら少し休憩したら、三峰山山頂を目指して出発します。河内神社からパラグライダー離陸場分岐を過ぎて少し行ったところに追母峰の三角点があるはずなのですが、どこだから良くわかりませんでした。テレビアンテナが立っていたところだったのかな~?

まあともかく、三峰沼の分岐に着いたので、ちょっと下って見て行きます。三峰沼は、近所の吾妻耶山の大峰沼と同じような天然の池だと思っていたのですが、今回良く見たら、人工の農業用の溜池でした。この溜池は上下2つあり、上の方には春になってから放したのか、鯉が数匹泳いでいました。

上州三峰山は吾妻耶山と同じく、山ヒルがいるはずなんですが、晴天が続いているせいか、三峰沼の周辺では見かけませんでした。

山頂への道に戻って縦走を続けます。上州三峰山の稜線は平坦で左右にだだっ広いため今どの辺にいるのかイマイチ良くわからないところがあるのですが、地図上の後閑林道分岐よりもかなり先に進んだあたりで、ようやく後の字の跡が欠けた後閑林道分岐の標識を発見。距離的にここが町営温泉センター分岐なのでは?と思って、地図とにらめっこしていると、地元のトレイルランナーに抜かれる。いずれにせよ、ここが分岐だとしても下る道はほぼ消滅しているため下るのは不可能なので、諦めて先に進みます。

すると10分も行かないうちに、今度は立派な標識のある町営温泉センター分岐に到着。ここはやぶっぽそうではあるものの、一応シッカリとした踏み跡が確認出来たので、帰りはここを下ることにして山頂向かいます。

家に帰って、もう一度地図を良く確認したところ、たぶん三峰沼側の後閑林道分岐は道も標識も無くなっていて、その関係で山頂側の分岐も道迷い防止のために標識のいらない部分が折りとられていたのではないかという結論に達しました。でも町営温泉センターに下る道はある程度ニーズがあるので、それだけは残されたのではと。

いずれにせよ、古いガイド本やネットの山行記録で、ここに道があることになっている物が多々あるので要注意です。

山頂への縦走路に戻ります。この割られた後閑林道分岐標識を過ぎ、道が多少やぶっぽく、アップダウンもきつくなってきたら、三峰山山頂は近いです。最後に急坂をよじ登り、登り着いた山頂っぽいピークから下って、もう一度急坂を登り直すと三峰山山頂1122.5mです。10時38分到着。後閑駅から約2時間半かかりました。

三峰山山頂は、三角点とベンチがある小広場で、谷川岳方面が刈り払われていて、まだ雪の残る谷川岳が良く見えます。あと木々の間から武尊山も若干見えます。

先ほど追い抜かれた地元のトレイルランナーの人が休憩していて、1山じゃ物足りないのでもう1山登ると言って上牧方面に走り去って行きました。三峰の湯に下りる道が廃道だったら、上牧の風和の湯に行くことも考えていたのですが、辛うじて道が残っていたので、今日はそっち方面はパス。

山頂で11時ちょっと前まで休憩したら、先ほどの町営温泉センター分岐に戻って下山を始めます。

ここの道は、最初に書いた通り、踏み跡程度のやぶ道ですが、これでもかというぐらい頻繁にピンクテープがつけられていて、地形もわかりやすい沢沿いなので、始めての人でも迷うことなく下ることが出来ます。でもテープはあっても踏み跡程度なので、夕方薄暗くなってからのエスケープルートには向きません。

この道を落葉とか落ちた木の枝なんかを蹴散らしながらズルズル30分ほど下ると後閑林道に出て、後閑林道を少し下ると、朝一番で標識があった川場・玉原方面への道の延長上に出て、出たところで靴の中の汚れを全部叩いて、ついでに一服した後、旧道の近道を下ると、ほぼ12時ちょうどにみなかみ町営月夜野温泉センター三峰の湯に到着しました。後閑駅からかかった時間は休憩も入れて約3時間50分。

三峰の湯はみなかみ町がやっているにもかかわらず工事の作業小屋のようなプレハブ造りの、観光客や登山者はほとんど来ない、地元の農家のおっさんしか来ない、秘湯度120%の日帰り温泉です。料金は関東地方と思えない360円!

泉質はごく一般的なアルカリ性単純温泉ですが、ここの凄いところは、湯温が温泉としては理想的な47度とか48度あたりなので、それを加熱せず冷ましもせずそのまま使っているということです。なので、同じアルカリ性単純温泉でも、東京近郊の冷鉱泉をボイラーで加温したものとは温まり度が違います。

そうは言ってもプレハブのボロ温泉なので、内湯と露天風呂はあっても洗い場は3つしかありません。しかもシャワーついているのは、そのうち1つだけ!当然食堂もありません。自販機にジュースだけはありますが、ビールは入っていません。

ここでゆっくりと汗を流して、後閑の周辺で飯を食って帰ろうと思っていたのですが、気温30度に良く温まる熱い温泉はさすがにキツくて、30分程度で出て、そしたら1本前の13時26分の電車に間に合ってしまったので、それで高崎まで行って、立ち食い蕎麦屋で、いつものコロッケ蕎麦じゃ侘しいので、奮発して鴨蕎麦を食べて帰りました。

本当は、高崎駅と言ったらだるま食堂のラーメンなんですが、新幹線の角の蕎麦屋のメニューからラーメンは消えていた!先週上信電鉄の立ち食い蕎麦屋をチェックした時はあったんだけど、あそこだけ経営者変わったんだろか?

沼田市 三峰山登山マップ
http://www.city.numata.gunma.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/852/h20_mitumine2.pdf

月夜野温泉 三峰の湯 日帰り温泉 みなかみ町観光協会
http://www.enjoy-minakami.jp/spa.php?itemid=649

町営温泉 三峰の湯 | 月夜野温泉 利根郡みなかみ町の日帰り温泉施設
https://www.dan-b.com/yu_3mine/

登山中の画像
登山画像
高校生に混じって後閑駅に降りる。後閑駅はちょ…
登山画像
車道を沼田方面に少し行き、川場・玉原方面の標…
登山画像
踏切から見た三峰山。
登山画像
山に突き当たるまで真っすぐ進み、玉泉寺の標識…
登山画像
三峰神社の鳥居をくぐる。
登山画像
鳥居の下にあるハイキングマップ。
登山画像
まずは三峰神社に熊とかヒルとか出ないようにお…
登山画像
神社の前からグランボレ方面に進む。
登山画像
高速道路をくぐる。
登山画像
すると龍谷寺の前に出る。
登山画像
龍谷寺を過ぎるとようやく三峰山の標識が出て来…
登山画像
登山道入口に到着。ここからようやく涼しい山道…
登山画像
登山道は河内神社の参道なので、入口に石仏とか…
登山画像
ゆるやかな傾斜の歩きやすい道をひたすら登る。
登山画像
水場一箇所あり!
登山画像
やがて車で参拝する人用の林道に出る。
登山画像
林道に出てすぐのところにある天狗岩入口の標識。
登山画像
天狗岩です。大岩の下に木の祠がある。
登山画像
林道にもどって少し進むと、ハングライダー離陸…
登山画像
林道終点からこの落ちそうで落ちない石を下を通…
登山画像
河内神社に着きました!山の上の割にきれいな良…
登山画像
河内神社から見た子持山!
登山画像
同じく赤城山です!!
登山画像
ハングライダー離陸場の下を通って、三峰山方面…
登山画像
たぶんこのテレビアンテナのあたりが追母峰だっ…
登山画像
道は相変わらず超いいです!
登山画像
三峰沼に寄って行きます。
登山画像
天然の沼だと思ってたら、溜池だった!
登山画像
水路をたどると…。
登山画像
もう1つの三峰沼に到着。こちらには鯉がいた。…
登山画像
山頂への縦走路に戻って来ました。
登山画像
後閑林道へのエスケープルートは廃道で、標識も…
登山画像
でも町営温泉センター三峰の湯への道は、中高年…
登山画像
三峰山山頂に到着。後閑駅から約2時間半で着き…
登山画像
山頂標識です。
登山画像
三角点です。
登山画像
そして谷川連峰の大展望です!
登山画像
谷川岳だけアップ!
登山画像
木の間から武尊山も若干見えます!
登山画像
さきほどの町営温泉センター分岐に戻って温泉目…
登山画像
たまに立派な標識もあります。
登山画像
沢沿いの道を下って行きます。途中で沢の右側(…
登山画像
後閑林道に出ました。
登山画像
後閑林道からすぐに、朝イチで標識のあった川場…
登山画像
ちょっと近道して「みなかみ町営温泉センター 月…
登山画像
温泉から棚田の広がる中を適当に下に向かってお…
登山画像
上州三峰山と何かと対比させる隣の吾妻耶山です…
登山画像
電車に間に合ってしまったので、本日は昼飯なし。
登山画像
後閑駅から見た上州三峰山です。谷川岳の帰りに…
登山画像
高崎駅の乗換えの時にだるまラーメン食べようと…
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年7月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍!
サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍! クライミングギアを入れても背中が痛くない——沢登りと岩稜クライミングで背負ったあわさんのレポート公開!
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?