登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
平標山・仙ノ倉山(平元尾根~平標山の家~松手山経由) 平標山 仙ノ倉山(上信越)
img

記録したユーザー

Virginia さん
  • 日程

    2019年7月7日(日)

  • 利用した登山口

    平標登山口  

  • パーティ

    2人 (Virginia さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅発5:43⇒所沢IC⇒関越道 月夜野IC⇒R17⇒平標山登山口着7:55
    *第1駐車場は舗装・白枠有、約100台駐車可。到着時は残り10台弱程度
    *駐車場代600円は退場時に料金所の建物に設置してある白い箱に投函

  • 天候

    曇り、後霧(標高1500mより上)
    [2019年07月07日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

平標登山口(08:25)・・・登山口(09:35)[休憩 3分]・・・平標山乃家(10:55)[休憩 35分]・・・平標山(12:25)・・・仙ノ倉山(13:30)[休憩 5分]・・・平標山(14:30)[休憩 5分]・・・松手山(15:55)[休憩 7分]・・・平標登山口(18:05)

総距離 約14.1km 累積標高差 上り:約1,425m
下り:約1,425m
コースタイム 標準:7時間20分
自己:8時間45分
コースタイム倍率 1.19
5年前に初めて行った時は時間(体力)的に仙ノ倉山へは到達できなかったので、今回は是非とも仙ノ倉山へ足を延ばしたいということで、再挑戦することにしました。
前回と同じ反時計回りの平元尾根経由で登りましたが、このルートでで登る人は少ないようです。
天気予報では湯沢町は晴れ時々曇りで、梅雨の合間の好機だと登山を決行したのに
中々太陽が顔を出さないどころか、どんどん雲が湧いてきて眺望は全く望めませんでした。
平標山から仙ノ倉山への登山道の主に右側と平標山から松手山へ下る登山道の右側が一面のお花畑で癒されます。
但し、段差のある階段と岩や石がゴロゴロしているので着地で右足を少し捻ったようで、膝・足首・指先が痛くなってきてしまって、下山に大分時間がかかってしまいました。
ほとんどの人が松手山経由で登っているようですが、やはりその方が下山時の急降の時間が短くて良いのだと悟りました。次回は頑張って長時間の急登に挑戦し、下山は2時間位急降を耐えてその後林道歩きの時計回りルートで、是非お天気良い日にまた行きたいと思いました。

詳細は以下の通り。

【平標登山口・駐車場】
前回は関越道湯沢IC経由で来ましたが、今回は手前の月夜野ICから苗場経由で行きました。R17沿いに登山口の看板が出ているので分かりやすいです。
第一駐車場は舗装・白枠付きで100台位停められます。第二駐車場はその隣の砂利の広場です。
登山口の手前に建て直したと思われる新しいトイレがあります(男女別)。女性トイレは洋式の個室2室(うち1室は車椅子用)、温水暖房便座・トイレットペーパー付です。
登山口に登山届を入れる箱があります。

【登山口~平元尾根~平標乃家】
登山口からしばらくは林の中を歩いていきます。林道に出たら左手にある橋を渡ると松手山経由、真っ直ぐ進むと平元尾根経由となります。私たちは直進しました。一旦林道に上がる道がありますが、私たちはそのまま山道を進み、最後に少し急な勾配を上がると林道に出ました。そのまま林道を進みます。途中で水場があり、汗をかいてきたので冷えヘアバンドと冷えスカーフを水に濡らしました。1時間10分位で登山口に到着します。
登山口を左に折れて、いよいよ急登の始まりです。全体的に丸太の階段状となっています。1時間15分~20分位で平標山乃家に到着します。
山小屋の正面を右に行って左に折れるとトイレ(男女兼用和式個室5室位・100円)があり、小屋の裏側に木のテラス(テーブル&ベンチ)が3組ほどあって、丁度奥の1組が空いていたので私たちはそこで昼食を摂りました。

【平標乃家~平標山山頂】
登って来た所からは左手に進みます。最初は木道状の階段で、そのうち隙間のある木の階段が続きます。何度もピークがありますが、山頂までは50分位かかります。どんどん斜度がきつくなってきて、立ち止まっては息を整えました。
平標山の山頂は少し広くなっていますが、山頂標識と三角点があるだけで、ベンチ等はありません。写真を撮って、仙ノ倉山を目指します。

【平標山~仙ノ倉山山頂~平標山】
木の階段を下って行きます。右側は一面のお花畑。下った先に1組の木のテーブル&ベンチがあります。写真を撮っているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
段々霧が濃くなってきて、南風も強くなってきて、眼鏡の右のレンズだけ曇って来てしまいました。あとで写真を見たら笑えました。髪の毛も水滴がつきすぎてしたたるようになってきました。寒くなって来たので、鞍部でレインジャケットを着ました。
お天気が良い前提で短パンで来てしまってたのですが、長パンツが良かったです(後悔)。
登山道は上り下りがあり、ピークを何度も越えるので結構長く感じられました。
やっとの思いで仙ノ倉山山頂に着きました。山頂は群馬県のようです。
帰りは左側の眼鏡のレンズが曇って来たのは言うまでもありません(笑)。
次回からはお天気が良くない時は鞍部まで下ってお花畑で写真を撮るだけにしようと思いました。

【平標山~松手山~登山口】
段差のある急降がずっと続きます。左側は山崩れの跡が所々あり慎重に下ります。
右側はお花畑が広がっています。ハクサンシャクナゲの群落がありました。
 松手山を過ぎると徐々に樹林帯となり、標高1500mをきると雲の下になり霧もほとんどなくなってきたので、巨大な鉄塔のところでレインジャケットを脱ぎました。
足のダメージに耐えながらの下山となり3時間半もかかってしまい、駐車場に着いたら車は2,3台しか残っていませんでした。日が長い時期で良かった(^^;)

下山後は「宿場の湯」で入浴(大人700円/人)。18時半頃でがら空きでした。

登山中の画像
登山画像
料金所は無人。退場時に窓下の白い箱に料金を入…
登山画像
登山口横のトイレ
登山画像
登山届入れ
登山画像
松手山方面と平元尾根方面への分岐
登山画像
林の中を進む
登山画像
林道に出る
登山画像
黒い物体は蝙蝠の集団
登山画像
ここから本格的な登山道
登山画像
岩がゴロゴロ歩きにくい
登山画像
木の階段の急登
登山画像
ギンリョウソウ
登山画像
目玉おやじへ進化中
登山画像
タニウツギ
登山画像
平標山乃家
登山画像
正面右側面にトイレがある
登山画像
手洗い場
登山画像
水場「仙手清水」無料
登山画像
平標山山頂へ
登山画像
最初は緩やか
登山画像
アカモノ
登山画像
ウラジロヨウラク
登山画像
ゴゼンタチバナ
登山画像
イワイチョウ
登山画像
ワタスゲも濡れてしまっています
登山画像
コイワカガミ
登山画像
ツマトリソウ?
登山画像
平標山山頂
登山画像
仙ノ倉山へ 先が見えない下り坂
登山画像
ミヤマキンバイ
登山画像
ハクサンコザクラ
登山画像
カラマツソウ
登山画像
仙ノ倉山山頂
登山画像
晴れていたら見えたのになぁ
登山画像
ヨツバシオガマ
登山画像
ハイマツの赤い実
登山画像
ハクサンイチゲ
登山画像
松手山経由の登山道は「合目」標識あり
登山画像
ハクサンチドリ
登山画像
コバイケイソウ
登山画像
松手山山頂というより通過点という感じ
登山画像
巨大な送電鉄塔
登山画像
やーっと一合目
登山画像
カーブの先に橋があり、その先を右折して駐車場へ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、トレッキングポール、マット(個人用)、カップ
【その他】 ラップショーツ、スマートフォン、活動量計、眼鏡、機能性タイツ、敷シート、携帯ティッシュ、ウェットティッシュ、日焼け止め、目薬、色付き日焼け止めリップクリーム
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 和田小屋~苗場山
    和田小屋
    登山道では夏の花たちが真っ盛り。夏の最後を彩るヤナギランの群生も見事。午後は夕立雷に注意
    19年08月10日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Virginia さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...