登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
ラグビーとみちのく潮風トレイル 浄土ヶ浜 (東北)
img

記録したユーザー

mura3 さん
  • 日程

    2019年7月28日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往路:宮古駅より休暇村宮古行き路線バス(岩手県北バス)
    復路:浄土ヶ浜ビジターセンターより宮古駅行き路線バス(岩手県北バス)
    ・バスはICカード不可

  • 天候

    晴れ
    [2019年07月28日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

休暇村バス停(10:40)・・・浄土ヶ浜展望所(10:45)・・・潮吹穴展望所(11:10-11:15)・・・
崎山の蝋燭岩付近(12:10)・・・蛸の浜展望所(12:40-13:00)・・・浄土ヶ浜(13:25-13:55)・・・
御台場展望所(14:05-14:15)・・・浄土ヶ浜ビジターセンター(14:20)

ラグビーの日本代表戦を観に釜石に行ってきた。
ワールドカップまであと少し。この大きな意味を持つスタジアムに行ってみたかったのだ!
・・・で、ラグビー観戦と里山を巡るシリーズの3回目を決行。

2017年熊本(俵山)、2018年大分(九州オルレ)に続き、今回は岩手。
時間的な制約もあるため、なかなか行けそうなコースが無く諦めかけたとき・・・
「みちのく潮風トレイル」というトレイルコースを見つけたのだった。

海の眺望あり、樹間の道あり、沢沿いの道あり、最後には海岸もありでバラエティに富んだ楽しいコース。意外とアップダウンもあり、暑さもあって長さのわりに歩きごたえがありました。折を見て他のコースも歩いてみたい。


■コース状況、その他
・みちのく潮風トレイルは、青森県から福島県の沿岸沿いを結ぶトレイルコースです。環境省が公式HPを出しています。本年6月に全線開通したとのこと。
今回歩いたコースはそのうちのごく一部になります。
なお、マップは郵送してもらえます。(切手代は自己負担ですが地図は無料)

・今回通行したコース全般について、道は明瞭であり危険箇所はありません。
→今回のコースでは舗装路は1-2割程度で、あとは山道(遊歩道)でした。

・潮吹穴を過ぎたあたりと崎山の蝋燭岩のあたりで一旦舗装路にでます。で、再び山道へ入るのですが、その取付きの道標を見落としそうになるので、すこし注意です。

・蛸の浜~浄土ヶ浜で一部コース変更ありますが、道標が明示されていたので問題ないかと。(上記HPに最新のルート情報が記載されています)

・浄土ヶ浜はこじんまりした海水浴場になっています。汗なんか流せてラッキーでした。
(こちらをコースの最後にして正解でした)

登山中の画像
  • どーも、どーも。
  • 釜石にラグビーを観に来ました。風景に溶け込んだいいスタジアム。いい試合でした~
  • リポDマンもおつかれさま!
  • 試合の翌朝。宿から駅へ。朝の山田湾。
  • 三陸鉄道リアス線きた!
  • つり革がラグビー仕様!
  • 宮古駅に到着。ここから休暇村へ向かいます。天気が心配でしたが、だんだんと青空。
  • バスで約25分、休暇村に来ました。まずは浄土ヶ浜展望所へ。
  • こちらがその展望所です。ここからトレイルコースに入ります。
  • 海沿いの気持ち良い道。
  • これは潮吹穴。ひょっこり30mくらい飛沫が上がるみたいですが、風の弱い今日は無理そうですね。
  • ここまで遊歩道的な山道でしたが、ここでいったん舗装路へ出ます。
  • 津波襲来を記すものが各所に。ここは結構標高の高いところでしたが、ここまで来たんですね・・今日の海をみるとまるで嘘のよう。
  • おっと!通り過ぎそうになった。こちらから再び山道へ。
  • コースは思ったよりもアップダウンがありました。
  • コースを示す杭の天端に、矢印で方向が示してあります。各所にありました。
  • 一転、沢沿いのジャングルチックな道。この辺は結構蜘蛛の巣が顔にかかるので、メンタルが必要。
  • 崎山の蝋燭岩付近。再び舗装路へ。
  • こちらからまた山道へ入ります。この取り付きがやや見えにくく・・そして不安。生きて帰れるのか。。
  • 振り返るとこんな感じ。。
  • 取り付きは不安でしたが、ちゃんとした道でした。
  • 蛸の浜展望地に着きました。きれいな色!
  • あれが本物の大漁旗でしょうか。
  • このあたりが以前とコースが変わったところのようです。道標に従い進めば問題なしです。
  • 蛸の浜付近です。ゴールは近い・・
  • 素掘り隧道きた!しかも中は涼しい~。ここをぐぐると・・
  • 浄土ヶ浜に到着!!海水浴場になっています。
  • 汗を流せるのがうれしい。
  • 海鳥軍団も休憩中。
  • 浜にほど近い展望所に立ち寄ります。
  • こちらが浄土ヶ浜方向。
  • 展望所から5分ほどで浄土ヶ浜ビジターセンターに到着!終了です。たのしかった!
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

mura3さんの登山記録についてコメントする

mura3 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年9月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...