登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
乙女峠から金時山経由で鷹落場バリエーションルートに挑戦 金時山、矢倉岳、丸鉢山、鷹落場、鳥手山(関東)
img

記録したユーザー

カモネン さん
  • 日程

    2019年12月8日(日)

  • パーティ

    3人 (カモネン さん 、GG さん 、AK さん)

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:JR御殿場駅に7:23着。乙女口からタクシーで乙女峠バス停まで約3,000円。

  • 天候

    快晴
    [2019年12月08日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

乙女峠バス停(7:50)⇒ 乙女峠(8:20/8:25)⇒ 長尾山(8:40/8:45)
 ⇒ 金時山(9:15/9:25)⇒ 足柄峠(10:30/10:35)⇒ 山伏平(11:25)
 ⇒ 矢倉岳(11:35/11:50)⇒ 山伏平(12:00)⇒ 鷹落場(12:30/12:40)
 ⇒ 鳥手山(13:05/13:10) ⇒ 林道終点(13:45)⇒ 洒水の滝駐車場(14:20/14:25)
 ⇒ 洒水の滝(14:30/14:35)⇒ 山北駅(15:05)


総距離 約20.3km 累積標高差 上り:約1,183m
下り:約1,876m
ヤマケイでは通常の登山道。しかし、山と⚫️原地図では破線のバリエーションルートとされている、山伏平-洒水の滝の区間。金時山&矢倉岳をセットして挑戦してみました。スタートは乙女峠バス停から。路線バスだと始発でも登山開始が9時になるので始発電車で御殿場駅に着いたらタクシーを利用。もしバリルート区間で迷ったら日没時刻が厳しい季節なので。

スタートから快調に乙女峠、長尾山をサクサク通過して金時山。快晴の下、富士山、芦ノ湖、箱根山、仙石原の眺望を楽しんで次に目指すは足柄峠。金時山からの下りは鉄階段が連続する急傾斜。登りだとかなりきついはず。猪鼻神社の鳥居でようやくフラットになりますが、逆に味も素っ気もない道をダラダラ歩いて足柄峠到着。「足柄城址」のT字路を右に曲がって車道を進むと公衆トイレ。さらにその先が万葉公園の入口です。

1つ目のヘアピンカーブから万葉公園の山道(巻き道)に突入。しばらく進むと、なんと斜面が幅30mほどにわたって登山道ごと大崩落。崩落地の向うに赤テープと道が見えるので、それを目印にザレ地を慎重に横断。手間取るだけで危険度はそれほどでもなかったんですが、今から思えばヘアピンカーブのところで巻き道ではなく尾根道を選べば良かったかなと。ともかく山伏平に到着。ここから矢倉岳までピストン。矢倉岳山頂は広くなだらかな草地なので富士山の絶景を楽しみながら休憩できます。

山伏平に戻ると、いよいよ本日のメインイベントのバリルート。国土地理院地図の詳細コピーとコンパスを手に北尾根に突入。踏み跡は極めて薄く、方向を確認しながら尾根筋を辿ります。時々目にするのが赤ペンキのマーキングと紫テープ。これはとても頼りになりました。左手の彼方に採石場を見つつ、平たくて幅広い尾根を進むとやたらとテープが巻かれた地点に到着。ここが鷹落場の入口。ここから100mほど東に進むと三角点と手作りの山頂標識がありました。

さて次に目指すは鳥手山。鷹落場から尾根筋を辿っていくと、押立山の手前で左を指す赤ペンキ矢印を発見。尾根に道っぽいのが見えていたので、この赤ペンキを見落とすと危ないところでした。指示に従って急坂を下ると朽ちた木段の跡。ここがかつて登山道だったことがわかります。傾斜が緩くなった先にあった板切れの標識に従って急坂を登り返すと鳥手山山頂。

鳥手山山頂から50mほど西に行くと紫テープ。更にその先に続くテープを追いつつ尾根を進んで立山に到着。ここにも紫テープがありましたが、その先には見当たりません。地図と方向からすれば、真北ではなく広い沢を横切るように北西に進み、奥に見えている大きな尾根の上に出るのが正しいと判断して行ってみると尾根上に紫テープ発見。正解でした。この付近はテープも少なく、道も全く見分けられないので難しいです。

再発見した紫テープからはうっすらと見える道をテープに沿って進むだけ。途中、急斜面にへばりつく細い道が少し崩壊気味で荒れていたので、落っこちないように慎重に進むと林道終点のプレハブ小屋に到着。後はところどころ舗装された広い林道を下っていけば洒水の滝。

踏み跡がほぼない区間もあるので、一般の登山地図とペンキ&テープだけだと道迷いリスクが高まるルートだと思います。冬なら林の見通しも比較的良いので、地形図とコンパスを併用するのが無難。崩落地があったり、初心者同伴だったり、なかなか気を遣いましたが、それはそれで楽しい1日でした。

登山中の画像
登山画像
乙女峠バス停から林道を200mほど進んだところに…
登山画像
乙女峠から富士山。
登山画像
金時山に到着。
登山画像
金時山から富士山。
登山画像
金時山から芦ノ湖方面。
登山画像
あの奥から足柄峠・矢倉岳方面へ。
登山画像
金時山山頂直下は鉄階段連続の急傾斜。
登山画像
広くて整備された道。味気なし。
登山画像
足柄城址に到着。矢倉岳へは舗装路に沿って右方…
登山画像
足柄峠の公衆トイレ。
登山画像
万葉公園のバス停。ここで舗装路を離れて山道に…
登山画像
万葉公園-山伏平間にある崩落地。
登山画像
矢倉岳に到着。
登山画像
矢倉岳から富士山。
登山画像
山伏平。この標識から矢印方向に入るのが鷹落場…
登山画像
道はほぼ不明瞭。赤ペンキと紫テープが頼り。
登山画像
あの向こう側(100m先)が鷹落場。
登山画像
押立山手前の目印。これに従って左に下っていく…
登山画像
鳥手山に向かって急坂を下る。古い木段の残骸が…
登山画像
鳥手山山頂。
登山画像
尾根道らしきもの。紫テープがなければ判別は難…
登山画像
林道終点のプレハブ小屋。ここから洒水の滝まで…
登山画像
洒水の滝に向かって下る。
登山画像
洒水の滝駐車場の公衆トイレ。
登山画像
洒水の滝。
登山画像
山北駅に向かうにはこの橋を渡り切る手前で斜め…
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、修理用具、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カモネンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カモネン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。