登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
新横浜アルプス(あるいは鶴見川アルプス。下住吉台地を巡る) 總持寺、三ツ池公園、兜塚、二ツ池、獅子ヶ谷、熊野神社市民の森、綱島公園、綱島市民の森、大倉山公園、太尾見晴らしの丘公園、新羽丘陵公園、スーパー銭湯港北の湯、小机城址(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2020年2月29日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:武蔵小山→東急目黒線→多摩川→東急多摩川線→蒲田/京急蒲田→京急線→京急鶴見

    復路:菊名→東急東横線→田園調布→東急目黒線→武蔵小山

  • 天候

    晴れ時々曇り

この登山記録の行程

京急鶴見駅6:26→總持寺6:36~58→三ツ池公園7:24~35→兜塚7:59→二ツ池8:23→獅子ヶ谷8:34~47→熊野神社市民の森8:55~9:05→綱島公園~綱島市民の森9:34~53→大倉山公園10:22~33→太尾見晴らしの丘公園10:41~51→新羽杉山神社11:17→新羽丘陵公園11:32~42→スーパー銭湯港北の湯12:00~13:10→小机城址13:43~14:07→日産スタジアム前14:26→新横浜駅14:46→菊名駅15:18

合計7時間42分(港北の湯を除く)


総距離 約28.5km 累積標高差 上り:約505m
下り:約502m
2月29日(土)は、横浜の鶴見駅から新横浜駅まで鶴見川沿いの山のようなものを縦走して来ました!

この辺りは「下末吉台地」と呼ばれていて、東京23区の台地は大別すると「下末吉面」と「武蔵野面」に分けられるのですが、形成された時代が古い下末吉面に、川で侵食されて出来たスリバチ状の深い谷や崖上の山のような地形は数多く見られて、その特徴が一番典型的に現れている場所が、隣の神奈川県の鶴見区~港北区~都築区に広がる下末吉台地なのです。

その地形的な特徴に加えて、東京都心から若干離れているため緑地や公園や農地の形で里山の自然が残されている場所が多く、短いながらもちょっとした山歩きが楽しめる場所が随所にあります。ひたすら住宅地ばかりかな~と思って行ったら、緑がかなり多く、意外と良い穴場的な場所でした。

スタートは(京急)鶴見駅です。日本の登山史に残る伝説の登山用品店「IBS石井スポーツ」があった駅です。日本でARC'TERYXがブレイクするきっかけとなった大量輸入を行った店です。その昔ARC'TERYXが希少だった頃、みんなわざわざ京急に乗ってここまで買いに来てたんだよな~。

そんな鶴見駅なんですが、京急でしか来たことがなくドロドロの京浜工業地帯のイメージしかなかったのですが、今回初めてJR鶴見駅の西口に回ってみたら、東京の大井町や大森のように一段高い台地になっていて、曹洞宗の「總持寺」という巨大なお寺があり、その周辺には立派な住宅や高そうなマンションが多く、結構山の手な雰囲気の場所でした。

ただ總持寺が広すぎて裏の出口がわからず、中で行ったり来たりしていきなり迷いかけました。掃除のおじさんに聞いてどうにか出られたんですが、寺や公園は地図で中が良くわからないので広すぎるのも困りもの。

總持寺の次は「三ツ池公園」に向かいます。ここはこの前本当の三渓園に行くまでは、ここにあるのが三渓園だと個人的に思い込んでた思い違いの場所です。ただ横浜の地理に疎いだけの話なんですが、溜池ベースの無料の県立公園なので庭園が三渓園ほど凝ってないだけで、広さ的には三渓園に匹敵するぐらいの規模と起伏があるので、東京からわざわざ行っても十分楽しめる風光明媚な場所です。

三ツ池公園からいま少し北上し、鶴見川沿いの高台にある「兜塚」という場所に向かいます。ところが緑地に突き当たったところで道がなくなり、しょうがないので大回りして下からアプローチすることに。今日も朝からタイムロスが多いな。兜塚は小学校の横の鶴見川に向かって突き出した突端にあり、その上に「駒岡浅間神社」がありました。展望はそこそこあったんですが、鶴見川はビルが邪魔して見えず。

兜塚から戻るように進み、「二ツ池」に向かいます。ここも溜池で、なんでもこの周辺は海が近いので鶴見川の水に海水が混じるため、農業用には溜池の水を使わざるを得なかったらしいです。

二ツ池から道を渡って急坂を登ると「獅子ヶ谷」の入口である「西谷広場見晴台」に着きます。見晴台から急な階段を下ると池があり、そこから田んぼの用水路を改造した「せせらぎの小径」という遊歩道が続いています。

せせらぎの小径を終点まで行くと、古い農家の家が中を見学できる形で残されている「横溝屋敷」に着きます。見学は時間が早すぎて出来なかったんですが、横浜じゃないぐらいのどかな雰囲気の良い場所です。

そして横溝屋敷の前の道をさらに進むと「熊野神社市民の森」に着きます。「杉山神社」の横に入口があります。杉山神社は東京には全然ないのにこの辺にやたら多い謎の神社。祭神が一定していないので、本来は日本武尊とかの有名神ではない別の神様を祭ってたんじゃないかと思います。「熊野神社市民の森」は自然が残されている里山を横浜市が借り受け、道だけ整備した緑地でちょっとした山歩きが楽しめます。

熊野神社市民の森の次は鶴見川を渡って綱島に向かいます。ここで衝撃の事実発覚!綱島は本当に島だった!地形図を見るとわかるんですが、綱島は鶴見川の氾濫原に削り残された島のような孤立した台地で、上は「綱島公園」と「綱島市民の森」になっていて、ここもつないで歩くとちょっとした登山が出来ます。

綱島から再び鶴見川を渡って大倉山まで戻ります。大倉山は綱島が島であるのに対して地名の通り山です。山なので東横線は切通しで新幹線はトンネルで抜けています。とりあえず大倉山駅まで行って、線路の反対側を戻るように登ると「大倉山公園」の入口があります。さらに登ると古い洋館の大倉山記念館があります。

大倉山の山脈は稜線に道が続いていないので、右手に梅林を見ながら一旦下に下ります。そして右上に稜線の緑地を見ながらのどかな風景の中を進むと、大倉山山脈の終点である「太尾見晴らしの丘公園」の入口にぶつかります。急な坂道を登ると広い広場に出て、その北の端からは大きく蛇行して流れる鶴見川が一望出来ます。

太尾見晴らしの丘公園から鶴見川の堤防に下りて、橋を渡って新羽駅の方へ行きます。「新羽杉山神社」に寄り道して再び登って行くと「新羽丘陵公園」があります。ここは観光用の農地と一体感した公園で、農地の向こうにこれから目指す新横浜のビル群が良く見えます。

少し休憩後、農地の脇から下に見えるワークマンを目指して下ります。しかし今朝からワークマン多いな。都心には全然ないのに。さすが横浜は労働者と職人の街。そしてワークマンの交差点から港北インターを目指して広い道を進むと、インターの下に「スーパー銭湯 港北の湯」があるのでここで汗を流して大休止とします。

まだ全部の行程が終わったわけじゃないんですが、残りわずななので順路の問題。

港北の湯はスーパー銭湯とあったのでオール沸かし湯かと思っていたら、アルカリ性のやや色の薄い黒湯の日帰り温泉でした。泉質は成分量が結構濃いのでアルカリ性単純温泉ではなく純重層泉になるようです。入浴料は土日970円で普通ですが、横浜の山の方は相場より高い1,500円前後の温泉が多いので、それ考えると安めです。風呂は内湯と露天と高濃度炭酸泉とサウナがドライとミストの2種類。新型コロナウイルスのせいか、空いていて快適でした。

港北の湯から次は「小机城址」に向かいます。ここも裏から入る道があるんだと思っていたら通行止で、大回りさせられたので入口までたどり着くのが大変でした。

小机城は最初上杉氏系の城として築城されたのですが、北条氏との戦で攻め滅ぼされた後は北条氏系の城となり、北条氏が豊臣秀吉に敗れて廃城となり、現在まで放置されていたという山城です。でもそのわりには空堀の跡とか土累の跡とかかなりしっかり残っていて、道もきれいに整備されているので、結構お勧めの城跡です。

城跡を一回りしたら一旦下に下りて、高速道路の向こう側にある出城の跡である「富士仙元」の石碑に登り直します。ここには標高は不明ですが三角点もあります。

小机城趾から適度に寂れたいい雰囲気の小机駅の商店街を抜け、駅の先で横浜線の線路を越え、横浜マリノスのホームである「日産スタジアム」の前に出ます。横浜マリノスというと、Jリーグ屈指の都会派のチームというイメージがありますが、日産スタジアムのすぐ前は畑で、たまに田舎の香水の臭いが漂って来たりして、こんな田舎にあったんだ~ということで完全にイメージが崩れました。

まあ東京の味の素スタジアムも似たり寄ったりの場所にありますが…。

日産スタジアムから川を渡って、いかにも再開発で作られたって感じのビル群の中を「新横浜駅」方面に向かいます。途中に「新横浜ラーメン博物館」というのがあったんですが、新型コロナウイルスの危険度が高そうだったので今回はパス。

新横浜駅で終了にしても良かったんですが、1駅横浜線に乗るのもあれなので、隣の東横線が通っている「菊名駅」までさらに歩きます。途中に「篠原城址」というのがあるのですが、お寺の横から登れるもんだと思っていたら通行止だったのでこれも今回はパス。

でもやっぱり一山越えて、15時過ぎにようやく菊名駅に着きました。菊名駅はJRと東横線の乗換駅なので、さぞかし街も大きいだろうと期待して行ったら、谷間の何もない駅で、しょうがないから駅前で最初に見つけた「ゴル麺 菊名店」という横浜家系のラーメン屋に入りました。普通の家系のラーメン屋なんですが、ゴル麺=ゴールド麺らしく、麺にこだわりのある店らしく、ちょっとモチモチした感じの麺が印象的でした。

鶴見区内のお散歩マップ 横浜市鶴見区
https://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/shokai/odekake/sansaku.html

ウォーキングマップ - 港北観光協会
http://yokohama-kouhokukanko.net/walking.html

港北の湯
https://kohokunoyu.com

登山中の画像
登山画像
伝説のIBS石井スポーツがあった(京急)鶴見駅か…
登山画像
まずは駅前の總持寺に寄って行く。
登山画像
總持寺の中に到着。禅宗のお寺みたいです。広過…
登山画像
たぶんこれが本堂なんじゃないかと。河津桜が咲…
登山画像
總持寺の裏のお墓からの展望。この後、裏の出口…
登山画像
かの三渓園に負けない広さの三ツ池公園に到着!
登山画像
三ツ池公園見晴台からの展望です。
登山画像
続いてちょっと迷いながらも兜塚へ。遺跡らしい…
登山画像
兜塚の上にある駒岡浅間神社。
登山画像
さらに二ツ池公園へ。三ツ池も二ツ池も灌漑用の…
登山画像
獅子ヶ谷の入口である西谷広場見晴台に到着。
登山画像
急な階段を下る。
登山画像
すると池と東屋がある。
登山画像
田んぼの用水路を改造した遊歩道を進む。
登山画像
北斜面のため、まだロウ梅が咲いている。
登山画像
菜の花畑の向こうに見えるのが横溝屋敷。
登山画像
古民家公開中の横溝屋敷です。でも時間が早過ぎ…
登山画像
あれが熊野神社市民の森らしい。
登山画像
入口はこの辺にやたらある杉山神社。
登山画像
神社の横の階段を上がる。
登山画像
上はこんな遊歩道になっている。
登山画像
ここいらが最高地点かな?
登山画像
最高地点からの眺め。
登山画像
熊野神社市民の森から出ると新幹線のトンネルの…
登山画像
鶴見川を渡って綱島へ。ビルの向こうに見える森…
登山画像
綱島駅に到着。
登山画像
綱島公園入口。
登山画像
入口から入ってすぐの所に綱島古墳がある。
登山画像
綱島公園山頂の広場。ログハウスがある。
登山画像
続いて綱島市民の森へ。
登山画像
稜線からの眺め。
登山画像
大北谷神社跡。
登山画像
山道を進む。
登山画像
綱島市民の森終点の見晴台。
登山画像
再び鶴見川を渡る。対岸に見えるのが大倉山山脈!
登山画像
大倉山駅に到着。大倉山山脈を抜けるため切り通…
登山画像
大倉山公園入口。
登山画像
坂道を登り切ると大倉山記念館がある。
登山画像
山頂付近からの眺め。
登山画像
気持ちの良い稜線の道。
登山画像
マンサクが咲いていました。
登山画像
大倉山公園の梅林。
登山画像
稜線づいたいに道が繋がっていないので、下の道…
登山画像
太尾見晴らしの丘公園の入口。
登山画像
太尾見晴らしの丘公園上の広場。
登山画像
広場北側の展望台から鶴見川の眺め!
登山画像
鶴見川の堤防に下りる。
登山画像
鶴見川。
登山画像
新羽駅を通過。
登山画像
またも杉山神社。
登山画像
杉山神社の並びにあった西方寺という立派な茅葺…
登山画像
のどかな田舎道を行く。
登山画像
育ち過ぎだけどフキノトウがいっぱい。
登山画像
アセビも咲き始めていた。
登山画像
新羽丘陵公園到着。
登山画像
新羽丘陵公園は山の上の畑を公園化したような場…
登山画像
ワークマンのある交差点に下りる。それにしても…
登山画像
スーパー銭湯 港北の湯に到着。スーパー銭湯とあ…
登山画像
巨大な港北インターをくぐる。
登山画像
すると鶴見川の向こうに小机城址が見えて来る。
登山画像
裏からの道が通行止めだったのでえらく大回りし…
登山画像
入ってすぐ根小屋跡がある。
登山画像
竹林の中を登る。
登山画像
空堀の跡。
登山画像
本丸跡到着。
登山画像
こちらは二の丸跡。
登山画像
一回りして元来た道を戻る。
登山画像
一旦下に下りて、高速道路をくぐって再び登る。
登山画像
階段上から眺め。日産スタジアムが良く見える。
登山画像
出城の跡である富士仙元神社の石碑に到着。標高…
登山画像
富士仙元神社から外に出たところの眺め。
登山画像
いい感じに寂れた商店街のある小机駅に到着。
登山画像
日産スタジアムです。でも新型コロナウイルスで…
登山画像
日産スタジアム前から小机城址方面を振り返る。…
登山画像
新横浜ラーメン博物館に来ました。でも新型コロ…
登山画像
新横浜駅の構内を反対側に抜ける。
登山画像
篠原城跡は登り口がわからなかったので行かず。
登山画像
なんとか菊名駅に着きました。JRとありますが、…
登山画像
駅前のゴル麺で遅い昼飯。
登山画像
ゴル麺の横浜家系ラーメンです。ゴル麺はゴール…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...