登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
伊吹山、ナイトハイクで悲劇が・・! 伊吹山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

kazu さん
  • 日程

    2020年8月22日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:ナイトハイクの為0:30に上野の駐車場に到着
    その時点でほぼ満車でした。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

上野の登山口(0:30)⇒避難小屋(3:00)⇒伊吹山(5:10)⇒避難小屋(8:10)⇒上野の登山口(10:00)


総距離 約6.9km 累積標高差 上り:約1,153m
下り:約1,151m
2020年、10回目の山行は滋賀県と岐阜県にまたがる独立峰・伊吹山(1377m)です。
麓の琵琶湖側から眺めると実に大きく、堂々としています。
まさに近畿を代表する山・・挑戦します!
この山、樹林帯は最初の1合目までで、そこから先は山頂までは広々とした草原となっています。したがって日当たりが素晴らしくよく、故に多種多様な花が咲き、花の宝庫として有名なお山ですよね!
・・一方で日陰がない分、真夏の登山は・・暑い、とにかく暑い!・・・
そんな訳でこの時期の伊吹山登山は、暑さを避けるため、
「真夜中に出発して、山頂で夜明け、ご来光を迎える」・・という「ナイトハイク」がお薦めになっています。
今回、そのナイトハイクに初めて挑戦しました!
真っ暗のなか、ヘッドライトを頼りに歩くのは初めての経験で不安もありましたがワクワク感でいっぱいでした。

6日間の近畿遠征の最後に予定していた山・・これで近畿百名山踏破・・
最高の夜明けでその足跡を締めくくるはずだったのですが・・・
世の中、そう上手くは行きません・・悲劇が待っていようとは・・

8/22(土)になったばかりの午前0:30、米原市上野の登山口から出発です!
駐車場はこの時点でいっぱい・・・
さすが人気のナイトハイク!

真っ暗のなか、進む先はヘッドライトだけが教えてくれます。
静かです、静寂・・

樹林帯を抜けて1合目に到着
小屋の灯りが幻想的でいい写真がとれたかな~
ここから先は視界が開けます(真っ暗だけど)
先行しているハイカー達の灯りがチラチラと・・・

さらに登っていくと・・米原市内の夜景が見えます・・
綺麗だね~

夜中の2時、3時・・やっぱりこの時間、涼しくて歩きやすいです!

そして8合目到着、3:30頃
テーブルとベンチがあります。
ここで軽く食事をして、8合目の標識の写真を撮りました!
確かに撮りました・・この時点では確かにカメラはありました・・

そして山頂です!
しらじらと明るくなり始めて来ました!
感動の瞬間はもうすぐです!
まずは山頂にあるトイレに行って・・・
さあ、これから感動の写真を撮りますよー・・・
ところが・・カッ、カメラがない!・・・

ザックに括り付けてあるカメラカバーの中に入っているはずのカメラがないんです。
どこかに落としたのかと周りを見渡してもありません!
確かにトイレに行く為にベンチ横にザックを下した時にはあったはずです・・
愕然となって気が動転してしまいました・・・
今迄撮ってきた貴重な写真が、記録が、記憶が、思い出が・・全てを失ってしまいました。

添付の写真のとおり、赤いカメラカバーがザックに括り付けられていて、その中にカメラをいれていました。カメラにはネックストラップが付けられていて首に掛けていました。
つまり、首に掛けたカメラをザックに付けられたカメラカバーに収納して歩いていました。
今回、トイレに行くためにザックを下した時、カメラは首から外しカメラカバーの中にそのまま入れておきました。
この状態だと誰でも簡単にカメラだけ取り出せることになります。
どうもトイレに行って目を離しているすきに誰かが持って行ったような気がするのです・・

山頂は広々としていて多くの人達がいます。
下から登ってきた登山者以外に、山頂直下のドライブウェーから多くの観光客が来ています。もし、盗難であれば誰か特定することも出来ず諦めるしかありません
・・ショック・・

8合目で写真を撮ったことは確かなので、それ以降山頂までの間で落とした可能性もあるかと(今考えるとまずそんなことはないんですが・・)とも考えすぐさま8合目まで引き返しました・・道中カメラは見つかりません・・
山頂で誰か拾っていないかと思いまた山頂に戻ります。
8合目と山頂を行ったり来たり・・
諦めがつきません!

もう辺りはすっかり明るくなって「日の出」も終わってしまいました。
呆然自失・・暫く冷静になって・・諦めるしかありませんでした!・・

妻に電話すると・・
「カメラを失くしたお陰で、代わりに命が助かったと思えばいいじゃない!」
だって・・
超前向きな言葉で少しずつ落ち着いて来ました!

あとは登山口のインフォメーションセンターにカメラが届いていないか僅かな期待を持って下山します。

予備のカメラを持ってきていたので山頂から下山までの写真を撮りました。
ただ、あまり気力が出てきません。

近畿地方遠征の輝かしいフィナーレのはずだったのにとんだことになってしまいました・・・

こういう時、どうやって自分を慰めるか歩きながら考えていましたが・・
ひとつ分かりました・・・
・・自分より不幸な人のことを考えると自分はまだまだ幸せだと思えてきます・・
中島みゆきの失恋の歌とか聞くと、自分はまだまだ幸せに思えてきます・・
“失恋の曲は人生の応援歌“ なんですね!
そうです・・私はまだ・・
♫道に倒れて誰かの名を呼び続けたこと♪ も
♫化粧なんてどうでもいいけれど・・♪ 
なんて思ったことはありません!

インフォメーションセンターにもカメラは届いていませんでした。
事情を伊吹警察駐在所に連絡するように言われ、電話してそのまま駐在所に出向きました。
駐在所で事情を説明し、結局「盗難届」を出すことになりました。
その時の状況を思い出すとどうしても
・・山頂でトイレに行っているすきに盗難された・・という結論に達しました・・・
目立つ赤いカバーにすぐ取り出せる状態で高価なカメラがあって、夜明け前の薄暗い状況
・・盗んでくださいと言っているようなものですよ・・とも言われ
あゝ・・あの時、カメラを持ってトイレに行けばよかった・・
今となっては後悔先に立たず・・ですね!

皆さんも貴重品の管理、くれぐれも気をつけてください

写真は予備のカメラで撮った山頂から下山までのものです。

登山中の画像
登山画像
伊吹山頂の夜明け今日もいい天気ですね!
登山画像
山頂にて
登山画像
日本武尊の石像と
登山画像
山頂の小屋まだまだ薄暗い
登山画像
山頂付近にはサラシナショウマの群生
登山画像
シモツケソウ綺麗
登山画像
下山します8合目から見上げます。
登山画像
8合目
登山画像
8合目から見下ろします。広々とした草原
登山画像
5合目まで降りて来ました!
登山画像
4合目付近急坂が終わり、平坦な道になりました。
登山画像
3合目
登山画像
2合目付近から見下ろします。天気がよくて・・暑…
登山画像
1合目を過ぎると樹林帯に入ります。日差しが遮ら…
登山画像
下りてきました・・登山口!
登山画像
麓から見上げると・・大きな山ですね!
登山画像
問題のザックとカメラケースカメラは首に掛けて…
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

kazuさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

kazu さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年11月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...