登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 12
貴船山・鞍馬山 貴船山・鞍馬山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2014年12月9日(火)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:叡山電鉄で二ノ瀬駅下車、階段を下りていくと鞍馬川を渡る橋があるので渡ります。
    渡ったところを左側に川に沿って進むと二つ目の橋があるので渡ります。
    すぐに二ノ瀬2号踏切があるので渡った右に富士神社があればその先が登山口です。

  • 天候

    晴れのち曇り時々小雨

この登山記録の行程

二条駅(地下鉄)発(7:51)・・・三条京阪着(7:58)・・・三条京阪発(8:04)・・・出町柳着(8:07)・・・叡山電鉄発(鞍馬行)(8:17)・・・二ノ瀬着(8:42)・・・登山口(9:00)・・・夜泣き峠(9:30)・・・樋ノ水峠分岐(11:00)・・・貴船山山頂(11:30)・・・樋ノ水峠分岐(12:40)・・・滝谷峠(13:30)・・・貴船神社(14:30)・・・鞍馬寺(15:30)・・・鞍馬口発(16:10)・・・鞍馬口発(16:10)・・・叡山電鉄着(出町柳)(16:47)


総距離 約11.0km 累積標高差 上り:約1,350m
下り:約1,288m
御朱印集めで貴船神社を思い出した時にそういえば貴船山のガイドブックがあったなと家を探したところ出てきたため計画を立てました。
それではコース案内です。
叡山電鉄の始発駅である出町柳まで向かいます。
アクセスとしては市バスもしくは京都バスなら京都駅から乗り換えなしで行くことができますが地下鉄は途中で東西線に乗り換えないとならないので少し不便かもしれません。
自分にあった方法で出町柳まで向かってください。
叡山電鉄出町柳駅からは鞍馬口行きに乗ります。
この電車、主要な駅(大きな駅)では全てのドアが開きますがローカルな駅(小さな駅)では運転席のある車両しかドアが開きませんので二ノ瀬が近づいたら先頭車両に移動してください。(それまではどこに座っていても大丈夫です。)
二ノ瀬駅は小さな駅ですが木造の駅舎がありなかなかの風情があります。
電車を降りたら線路をわたって対岸側から階段を下りていきます。
階段を下りてすぐぐらいに橋が見えますので渡ってください。
橋の手前にも同じ場所へ行く道がありますが私有地のため通行できません。
(看板も立っていて通行しないように注意書きが書かれています。)
橋を渡ったらすぐに左へ川沿いを歩いていきます。
道は狭いですがたまに車が通るので注意してください。
川沿いを歩いていくと進行方向左側に橋が見えます。(壊れかけたように見える橋です。)
この橋を渡って左側に進むと踏切が見えます。(二ノ瀬2号踏切といいます。)
踏切を渡ると右側に富士神社が見えます。(惟喬親王を祀っています。)
そのまま真っ直ぐに坂道を上がっていくと向谷川堰提があります。
その手前に右へ上がる階段と京都トレイルの道標がありますので道標に従い、階段を上がります。(ここが登山道です。)
ここからは夜泣き峠を目指します。
道標が所々にありますので道迷いの心配はありません。
夜泣き峠まではスムーズに到着できると思いますが問題はここからです。
峠をそのまま真っ直ぐに越えてしまうと20mほどで左側に道迷いに注意してくださいの
看板が現れます。(この道は大岩へ行くための道です。)
もう一度夜泣き峠に戻りよく見ると右へ進むように道標では指示されます。
(二ノ瀬ユリを経て滝谷峠へと書いてあります。)
しかしこの道、まるで枝道のようで今までの道と明らかに踏み跡も変わってきます。
また今まであれほどあった道標もここから先は二ノ瀬ユリ道合流まで一切ありません。
従いこの道を進む際はテープの見落としが無いようにすることはもちろんですが地図を確認し、コンパスで絶えず方向を確認し高度を確認しながら進まなければなりません。
道自体は荒れていないので山行に慣れた方なら迷うようなことはないと思いますが枝道が結構あるので迷い込まないように注意してください。
しばらく細い道に不安を覚えながら進むといきなり林道ほどの大きな道に合流します。
これが二ノ瀬ユリ道の合流地点です。
ここからは道標はないのですが地元消防団の方が設置した地点標が2~300m置きに設置してあります。
これは不測の事態で動けなくなった時にこの地点標のナンバーを伝えればどのへんで遭難しているかが消防団や警察にはわかるという画期的なシステムです。
我々登山者には滝谷峠までの道標として使えるのでとても助かります。
ここからはこの地点標を頼りに滝谷峠方面へ進んでいきます。
やがて歩きやすかった林道が少し小さくなってきたなと感じたぐらいで樋ノ水峠分岐に出ます。そのまま右上に上がっていくと滝谷峠方面ですが貴船山には左に進みます。
ここからは道標は地点標も含め一切ありませんが道は結構整備されておりほぼ一本道なので問題なく進むことができます。(それでも地図・コンパス・高度で確認しましょう。)
しばらく進むと右側に大きな岩が見えます。
この岩を通り過ぎて少しの急登を登ると右手に樋ノ水峠と書かれた木のプレートが見えます。(注意してみないと見過ごします。手製の小さなプレートです。)
その辺から右手を注視すると赤テープが所々に巻かれています。
それに従い登っていけば貴船山山頂です。(帰るルートを確認しながら登ってください。)
山頂には地元山岳会の方が作成されたものか標高看板が掛かっています。
またそのすぐそばには三角点があります。
眺望は全くありませんので休憩やお昼ご飯を食べたらすぐ降りてもいいでしょう。
元来た道を分岐まで戻ります。(この間、行き30分下り20分ぐらいです。)
今度は滝谷峠を目指します。ここからは地点標を道標がわりに進めるので気はかなり楽ですが今度は道が結構ワイルドになってくるので注意してください。
途中、722mのピークを左に巻くように進むのですがその辺の道幅がかなり狭く踏み外すと大変危険なので慎重に進んでください。
こういった箇所が何箇所かありますので開けた箇所で十分に休憩してから進むようにしてください。
後でわかったことですが(鞍馬山西口のおばさんからの情報)このあたりは国有林ではなく私有林のようで登山をしても問題は無いようですが私有地のため道標が設置できないようです。(当然コースも整備できないようです。)なので消防団が苦肉の策で地点標を設置されたようです。
なのでコースが悪いとか道がわからないとか文句は言わないようにお願いします。
しばらく進むと地点標の残り距離が100m程になり滝谷峠が見えてきます。
(地点標には滝谷峠から2000m等距離が入っています。)
滝谷峠には道標がありますがこれから下りていく道は道標も地点標も全くありませんので少しでも不安を覚えたら地図とコンパスと高度計で現在地を把握しながら進んでください。
ただし、ここからは谷をひたすら下に向かい下りていくだけなので道迷いの心配はまずありません。(間違えるためにはわざわざ傾斜のきつい斜面をはいあがらなければなりません。)
ですが道は整備されておらず沢も所々ありますので大雨の後などでは立ち入らない方が賢明です。
道はよく見ると人の踏み跡があるのでここが山道だということは分かります。
ただし危険な箇所が最後の方で数箇所出てきますので注意が必要です。
また谷間のせいか全体的に滑りやすく私も転倒しました。(幸い怪我はありませんでした。)
しばらく進み危険な箇所もようやく通り抜けたかなと思ったところぐらいで嬉しい道標が久しぶりに出てきます。
道標に従い進むとすぐに車道に出ますので右へ進みます。(下りです。)
しばらく進むと貴船神社の奥の院へ出ますのでお参りしました。
さらに進むと貴船神社です。待望の御朱印を頂き参詣を済ませたら鞍馬へ向かいます。
貴船神社からさらに下りていくと鞍馬寺西口の方向への道標があります。
道標に従い進むと拝観チケットを売っている小さな小屋が(ゲート?)ありますので入山料300円を支払って入山します。
ちなみにここをたかだかお寺への参拝路程度に甘く見ているとえらい目にあいます。
普通の山道ですのでここまでで疲れた人はそのまま貴船口まで歩いて電車で帰ることをおすすめします。(石段・木の階段のオンパレードです。標高も600mほど上がります。)
まず、魔王殿を目指しますがここまででも結構な階段があります。
次に義経が修行したとされる義経堂に向かいます。(石段だらけです。)
そこを過ぎると大杉権現へ向かいます。(ここが本殿と魔王殿の中間です。)
このあたりは木の根道になっていますので足元には注意してください。
木の根道とは地中に大きな岩があり木の根が地中を進むことができず地表に網の目のような文様を浮かべる大変貴重な現象です。優しく歩いてあげてください。
ここからは本殿まで石段の長い下りを下りていきます。
石段を下りきると左手に本殿が見えますのでお参りしていきましょう。
私はここでも御朱印をいただきました。
ちなみに本殿前には三角の石畳でできたパワースポットがありますので力を分けていただきましょう(笑)本当はその先にしめ縄ではいれなくした2m四方の出っ張りがあるのですが魔王が降臨した場所です。ここが本当のパワースポットです。
ここに降り立ったのが魔王と呼ばれるサナート・クマラです。
ちなみにここで言われる魔王とは天狗様のことです。(諸説あります。)
元々ここの本尊は650万年前に金星より降り立ったサナート・クマラとされており高次元の意識体で常に16歳より年を取らなかったと言われています。。(宇宙人ですやん!?)
(鞍馬寺では護法魔王尊として祀られています。)
このクマラ=僧正坊との説(諸説あります。)があり僧正坊は日本全国の天狗の総元締として君臨したと伝えられています。
天狗様大好きな私としてはなんとも夢のある話ですが大昔に宇宙人?が降り立ったという解釈は科学が未発達の時代によくもまあ結論づけられたなあと感動します。
さて、参詣を済ましたら後はひたすら下ります。
石段が続きますので疲れた方はケーブルで降りるといいでしょう。
元気な人は下りる途中に由岐神社などまだまだ見所が満載されていますので歩いて下りることをおすすめします。
入口には有名な仁王門もありますので時間が許す限り散策してください。
帰路は鞍馬寺から少し歩いたところにある叡山電鉄鞍馬口駅から出町柳まで戻ります。
お風呂に入りたい人はここで待っていると鞍馬温泉への送迎バスが20~30分おきにきますのでそれに乗っていくといいでしょう。
ただし料金は結構なお値段ですので私は京都駅まで戻り京都タワー地下の温泉(はっきり言って銭湯なんですけど便利なんです。)に入って帰りました。

登山中の画像
登山画像
二ノ瀬駅にある案内看板です。参考程度です。
登山画像
二ノ瀬駅です。木造です。風情があります。
登山画像
こちらの案内図の方がよくわかります。
登山画像
このあたりから京都トレイルの道標がたくさん出…
登山画像
しかしこの橋を渡るのは少し勇気が要ります。
登山画像
夜泣き峠までは京都トレイルの道標に従えばいい…
登山画像
登山口までどんどん出てきます。
登山画像
大岩が結構有名なのかそこまでの案内は結構しっ…
登山画像
二ノ瀬2号踏切です。
登山画像
富士神社前にも道標があります。
登山画像
富士神社入口です。
登山画像
惟喬親王を祀っています。
登山画像
向谷川堰提です。手前に道標があります。
登山画像
道標に従いこの階段を上がって行きます。
登山画像
夜泣き峠までは本当にしっかりと案内してもらえ…
登山画像
道を間違えそうなところには必ず道標があります。
登山画像
ここもそうです。道標が無ければ真っ直ぐに行く…
登山画像
このへんまで本当に地図がいらないぐらいです。
登山画像
夜泣き峠の道標です。よく見ると滝谷峠は右だと…
登山画像
夜泣き峠の謂れさえも記載しています。京都トレ…
登山画像
一転して道標も何もない道が続きますが道はご覧…
登山画像
不安な道を抜けるとようやく本線と合流します。
登山画像
道は一転してこのような整備された林道に変わり…
登山画像
ここで樋ノ水峠に向かいます。
登山画像
途中、この大岩が見えたら樋ノ水峠はもうすぐで…
登山画像
唯一の樋ノ水峠が分かる看板です。見逃さないよ…
登山画像
山頂までは5分程度ですがこのように目印が何も…
登山画像
山頂です。このお手製看板があるおかげでそれと…
登山画像
よく見ないと見落としそうな三角点です。
登山画像
しかし山頂はこのように平坦なので休憩にはもっ…
登山画像
山頂からはこれぐらいの展望です。
登山画像
滝谷峠へ向かう時に唯一ある道標です。
登山画像
先ほどの道標からわずか10mほどにもありまし…
登山画像
どちらかというとこの地点標がすごくありがたい…
登山画像
滝谷峠です。ここの道標を最後にほぼ下山口まで…
登山画像
地点標の案内です。本当に助かりました。万が一…
登山画像
峠からはいきなりこのように谷間の道を進むこと…
登山画像
途中で滝を見つけました。
登山画像
正直道はこのように所々荒れているので細心の注…
登山画像
難所をいくつか越えた先に待望の道標があります。
登山画像
ただし、道標の先のまだまだ気が許せないほど荒…
登山画像
やっと車道まで出てこれました。ここまでくれば…
登山画像
車道ですがこの日は車を一台も見かけませんでし…
登山画像
貴船奥の院の手前には大きな桂の木が聳えていま…
登山画像
奥の院にたどり着きました。
登山画像
連理の杉と呼ばれる御神木です。ひとつの幹から…
登山画像
奥の院です。
登山画像
御舟形石です。船乗りがこの石のかけらでも持っ…
登山画像
この御舟形石を全てどけると中から黄船が現れる…
登山画像
奥の院のいわれです。
登山画像
このあたりは鞍馬も含め不思議な伝承の宝庫です。
登山画像
その最たるものが鉄輪伝説です。丑の刻参りの発…
登山画像
巨石です。巨石好きにはたまりません。
登山画像
貴船には御神木(巨木)がたくさんあります。
登山画像
他府県では夫婦杉と言う名前が多いですがここで…
登山画像
貴船神社由来です。
登山画像
貴船神社です。
登山画像
貴船神社入口です。
登山画像
この赤い橋を渡って奥にある小屋で入山料を払っ…
登山画像
ここにも巨石があります。
登山画像
これを見てもわかるように蔵馬を抜けるには約3…
登山画像
魔王殿(奥の院)です。
登山画像
不動堂です。
登山画像
僧正ガ谷からもわかるように僧正坊(大天狗)が…
登山画像
義経の御霊を祀っています。義経は死した後、こ…
登山画像
ここにも大きな杉が御神体として祀られています。
登山画像
ここが中間点です。
登山画像
義経が背比べをしたとされる石です。
登山画像
大杉権現社です。
登山画像
杉の大木を御神体とし又周りも巨木に囲まれてい…
登山画像
奥に見えるのが御神体の巨木です。
登山画像
木の根道です。
登山画像
寺の境内というより本当に山中なので気をつけて…
登山画像
与謝野晶子が過ごしたという庵です。
登山画像
ただし、いわれを見ると与謝野晶子が死去してか…
登山画像
庵の近くには歌碑があります。
登山画像
晶子の夫である寛の歌碑です。
登山画像
晶子の歌碑です。
登山画像
やっと鞍馬寺境内に入りました。
登山画像
これが本当のパワースポットです。もちろん立ち…
登山画像
観光客用?のパワースポットです。
登山画像
この三角の上に立ち願いを込めて手を宇宙へかざ…
登山画像
本殿です。
登山画像
ここに降り立ったのが魔王と呼ばれるサナート・…
登山画像
本殿から少し降りた場所ですがこのように石段が…
登山画像
このように急勾配です。この日は鞍馬寺に着いた…
登山画像
途中には休憩場所もありますが流石に雨では立ち…
登山画像
鞍馬寺の趣のある山門です。
登山画像
要は九十九折になった山道に水があるありがたみ…
登山画像
ここまで色々巨木を見ましたが由岐神社の御神体…
登山画像
由岐神社には天狗神籤があります。神籤を見終わ…
登山画像
鞍馬寺の仁王門です。
登山画像
叡山電鉄鞍馬口駅です。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 12

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 12

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月28日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!