登山記録詳細

クライミング
参考になった 1
半世紀ぶりの六甲(23)武庫川渓谷 ダイヤモンドフェース 再登 武庫川渓谷 ダイヤモンドフェース(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

TangoYanky さん

この登山記録の行程

JR武田尾→廃線ハイクコース→鉄橋より河原下降→ダイヤモンドフェース登攀→河原より鉄橋→廃線ハイク→木之元→バス→宝塚

 いつものようにJR武田尾駅9:00。ゆきまるは仕事の都合で若干遅れる。今日はダイヤモンドフェースの俺の初登ルートを登り、廃線ハイクコースを生瀬まで歩く予定。重いザックに振られながら鉄橋脇の凹角をクライムダウンして武庫川河原に降り立つ。マーキングをたどりながら岩場の基部に着く。今日は全ピッチゆきまるにリードしてもらう。
 1P目の前傾ハングを人工登攀で登りだす。前傾ハングをアブミで登るにはアブミの巻き込みが出来ないと腕力を消耗してしまう。ゆきまるはしょっぱなからアブミに立ち込めず困っている、ここでアブミの巻き込みを下から教える。やはり勘がいいのか言葉だけで1度で飲み込んだ。アブミを巻き込み、反対の足で壁を突っ張れば身体が浮き上がり、両手がフリーとなって楽に登れるようになる。登り始める前に人工登攀ではクライミングシューズで登ると爪先が痛くなるので、アプローチシューズで登ることを薦めたが、言うこと聞いてアプローチシューズで登り、クライミングシューズはハーネスからぶら下げている。アブミの巻き込みがよっぽど上手くできて嬉しかったのか、笑顔一杯で前傾ハングをアブミを架け替えながら登っていった。前傾ハングを越えたら垂壁になりここもアブミの架け替えで直上する。最後に左上のテラスにはフリーで上がり込む。
 2P目は頭上にカンテ沿いにフリーで登る。ゆきまるはアプローチシューズのままで登りだす。最後にハングで頭を抑えられるが、ここは右から廻り込んで大テラスに出てピッチを切る。ここは滑り台スラブの末端で前回のゆきまるが開拓したルートの2P目終了点と同じところだ。
 3P目は滑り台スラブをフリクションを効かせながらピナクルの門目指して直上する。ピナクルの門の基部は鋭利な浮石があり、落石はまともにビレイヤーを直撃するし、ロープに当たれば簡単に切断してしまうだろう。まるで石器時代のナイフのようだ。難しくはないが気を遣う部分だ。
 終了点でゆきまるはチョコレートを食べ、俺はタバコを一服して小休止。ここから1P目のテラスまで一気にRappellingで下降する。50mロープダブルで25mの下降だ。上から見る限りテラスまで届いているかわからないので、知らないと不安な下降になるだろう。実は初登の時末端の長さが不揃いで登りなおした事があり、テラスまでギリギリ届くことは確認済みだ。2PのRappellingで基部に降り立つ。
 ガチャを片付け、ハーネスと下降器だけを着けて踏み跡を降る。開拓の時から何度も登下降しているので踏み跡が出来ているが、また誰も来なくなればブッシュに覆われることだろう。涸れ滝の所では、俺が残置したFixを使ってRappellingで降りる。実はゆきまるは前回ここをクライムダウンした。そこで折角俺が残置したFixなので使ってくれと頼んだのでゆきまるもRappellingで降りた。誰が残置したかわからないFixを使わないのは良いが、残置した俺を信用したということだろう。
 廃線ハイクコースに出た。今日はゆきまるの希望もあり生瀬まで歩く。まず最初に目に入るのが対岸の青ナイル・白ナイルの岩場(約30m・5.9、20年程前には登られていたようだ)。河原の水際からつなぐと結構な長さになりそうだが、下部の水際のアプローチが課題のようだし、途中のブッシュが煩わしい。伐採したくなる。鉄橋から2つ目のトンネルを抜けると対岸の沢沿いに新岩が見える。昔は河原沿いにアプローチしたり、上からアプローチ出来たことを昔語りに話した。廃線ハイクコースからも顕著に見えるハングをソロで登ったことを自慢げに話した。さらに最後のトンネルを抜けると目の前の対岸に大きな壁(これが武庫壁と呼ばれ、登られていた岩場。昔基部まで藪を漕いで行ったときに赤さびたハーケンが残置されていたのを覚えている)。この前で大休止して昼食を食べながら、登攀ラインを二人で話し合った。俺は人工ライン、ゆきまるはフリーのラインを読み取ろうとして楽しい会話となった。惜しむらくは河原沿いのアプローチが難しそうだ。昔(50年前)と大きく変わっている気がする。壁の中に錆びた鉄骨で組まれた建物の残骸のような物があり、昔の記憶には無いものだ。また対岸からの距離も近いのでハイカーのギャラリーが煩わしいかも知れない。
 最後に廃線ハイクコースから集落をとおり木之元のバス停にでた。ここから生瀬まで歩くか宝塚までバスに乗るかだが、来週の予定の堡塁岩のトポをコピーするために宝塚にでることになった。宝塚でコンビニでトポをコピーしてから、乾杯しようと駅ビルの中をザックを背負って歩く。すると餃子の珉珉の前にザックが大量に置かれていて、山屋さん御用達らしい。結局、俺達もここでビールで乾杯した。

登山中の画像
登山画像
1P目の前傾ハングをアブミの巻き込みをしながら…
登山画像
1P目、前傾ハングを越えて垂壁を人工登攀中。最…
登山画像
2P目はカンテ沿いにフリーで登る。頭上のハング…
登山画像
3P目の滑り台スラブはフリクションが効いて快適…
登山画像
3P目の滑り台スラブを一気に1P目終了点のテラス…
登山画像
1P目の前傾ハングをRappelling。
登山画像
廃線ハイクコースの対岸にある壁。青ナイル・白…
登山画像
昔懐かしい新岩。高校生の頃先輩に連れられての…
登山画像
新岩を代表する顕著なハングだ。庇の張り出しは2…
登山画像
武庫壁。ブッシュで途切れているが全てつなげば1…
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

TangoYankyさんの登山記録についてコメントする

TangoYanky さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...