山道具詳細

参考になった 1
バーサライナー アウトドアリサーチ(Outdoor Research )
お気に入り度
カテゴリー
ウェア類その他

記録したユーザー

ambit_hiro さん
購入年 2016年
購入価格 7,560円
重量 84g (グラム)
スペック ■サイズ:S、M、L、XL
■平均重量:84g(Lサイズ)
■シェル素材:2.5レイヤー Pertex Shield 伸縮性リップストップ加工シェル
■シェル素材組成:40デニールナイロン 100%
■ライナー素材:100ウエイトRadiant Fleece
■ライナー素材組成:ポリエステル 95% スパンデックス 5%
●特徴1:通気性、吸収性、速乾性、耐水性に優れています
●特徴2:軽量
●特徴3:シリコングリップパーム
●特徴4:反射ロゴ
●特徴5:プルループ
●特徴6:ジッパー式ポケットは、シェルまたはヒートパックの保管に使用
●特徴7:グローブクリップ
お気に入りの点
防水性のシェルが付いているので、少量の雨や残雪期の登山でも対応できる。
もうひとつの点
ちょっと高額。
モノがたり
多分、2014年頃一着目を購入(当時は5,940円)。2016年の11月に行った金峰山でどこかに落としてしまい、迷いなく二着目を購入。2,000円も高くなっていたのでちょっとびっくり。また、初めて使った両神山で、取り出した右手のシェルが左手用で、またまたびっくり(ちょっと笑ってしまいました)。購入する場合は、シェルを取り出して確認することをお勧めします。追記:購入元に問い合わせたところ、着払いで送付することにより交換して頂ける事になりました。
参考になった 1

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ambit_hiroさんのバーサライナーについてコメントする

ambit_hiroさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

バーサライナーで行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年4月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!