山道具詳細

参考になった 0
スポルティバ トランゴ S EVO GTX その他(others)
お気に入り度
カテゴリー
登山靴

記録したユーザー

K-TAN さん
購入年 2017年
購入価格 42,000円
重量 705g (グラム)
スペック メーカページ
http://www.sportivajapan.com/technology/mountain.html
お気に入りの点
ハイカットで固めのソール、くるぶしから、足裏へ均等に力がかかる。
自分の足にフィットしている。
ソールが固いので、平地では少し歩きにくいが、上り、下りでは、勝手に靴が前に進んでくれる感じがあり、歩きやすい。
紐は甲の部分をいったん止めて、足首だけを締められるので、扱いやすい。
前の靴と比べると、断然履きやすいし、脱ぎやすい。
履いてみて、前の柔らかい靴と比べてかかとの痛みが出にくい、下山時のルートやアスファルトでも足が痛くならない。もしかしたら、かかとを痛めた原因は前の靴にあったのかもしれない。
もうひとつの点
かかとがほんの少し浮き上がる感じがあるので、歩きにくいと感じることがあるが、慣れれば解消されるものと思う。
下りの濡れた岩場では、滑りやすいのでは?と感じていたが鎌倉狭の岩場では全然問題なかった。
モノがたり
ミズノの靴を4年履いていたが、ソールが柔らかいので、固めの靴が欲しいと思っていた。今年、足先で歩くときに折れる場所に破れが出てきて、インナーにも亀裂が入るのは時間の問題となってきた。そこで革靴が欲しいと思い、ローバを店で履いてみたら、フィット感が抜群に良かった。即決で注文したが、メーカからサイズがないと返事があり。後日好日山荘で、半日使って片っ端から、展示靴を履いてみた。残ったのが、ローバと、このスポルティバ。30分履き比べて、スポルティバに決めたのは、足首の部分の固さがスポルティバのほうがやや硬く、歩くときに、靴底への力のかかり方に無駄がないと感じたから。
参考になった 0

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんのスポルティバ トランゴ S EVO GTXについてコメントする

K-TANさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。