山道具詳細

参考になった 0
Rev6 オスプレー(OSPREY )
お気に入り度
カテゴリー
ザック

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
購入年 2017年
購入価格 11,880円くらい
重量 420g (グラム)くらい
スペック 表示は6リットルだが、10リットルぐらいは入る。
1.5リットルのハイドレーションつき。
お気に入りの点
登山用ザック屋さんの作ったトレイルランニグ用のハイドレーションパックといった感じのザックで、背中や肩ベルトにパットが入り、うちにあるこの手のザックの中ではダントツに背負い心地が良いので、2017年現在、オスプレーのカタログから落ちてしまっていますが、まだ少量出回っているので、見つけたら買っておいて損はありません。ただ容量が6リットルとなっていますが、実際は10リットルは入るので、大き過ぎてレースには向きません。裏山スピードハイク向きです。食事をジェルやおにぎりなどの行動食のみにすれば、温泉の着替えも入ります。
あとこれ、デザインがいかにも登山用の小型ザックでトレランぽくないのでお洒落じゃないんですが、その分、中高年のうるさい登山者相手に角がたたなくて、高尾山とか鎌倉で使うのには良いかも。
もうひとつの点
附属の1.5リットルのハイドレーションシステムが非常に良く出来ていて、荷室の荷物をほとんど圧迫しないので、飲料水はボトルを使うより、ハイドレーションシステムを使う方がお勧め。肩ベルトに小型のスマホや携帯電話がぴったり入る小物入れがついていて便利そうですが、大きいスマホは入りません。
ちなみに、オスプレーということで、グレゴリーのルーファス8と比較したくなるのが人の常だと思うのですが、こちらは普段の山行き用で、ルーファスは荷物が多めの時のレース用を考えた方が良いので、あまり比較の対象にはなりません。
モノがたり
神保町のL-Breathに置いてあって、背負ってみたらとても背負い心地が良く、貴重品の入れ場に困るレース用のトレランザックとは違い、小物入れなども普段の山行きに非常に使いやすそうだったので、次行った時にまだあったので購入。
参考になった 0

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんのRev6についてコメントする

目黒駅は品川区さんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

Rev6で行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた