山道具詳細

参考になった 0
UL.ウォーターピュリファイヤーボトル グレイル(GRAYL)
お気に入り度
カテゴリー
調理用品

記録したユーザー

ambit_hiro さん
購入年 2018年
購入価格 7,538円
重量 309g (グラム)
スペック 【素材】(ボトル本体・インナープレス)ポリプロピレン、(キャップ・カートリッジ)ABS樹脂、(パッキン)シリコーン、(インナープレス外側ゴム)熱可塑性エラストマー
【重量】309g
【カラー】ブルー(BL)、オレンジ(OG)
【サイズ】24.5 cm X 7.30 cm (H X W)
【内容量】473mL
【耐熱温度】(アウターボトル・インナープレス)110度、(ループキャップ・カートリッジ)100度
【ろ過流量】473mL/ 15秒(2L/ 分)
【カートリッジ交換目安】300回(150L)、未開封で密閉された状態で10年、もしくは初回使用時から3年

【有害物質除去率】
○ ウィルス除去率 99.9999%(ロタウィルス、ノロウィスル、A型肝炎ウィルスなど)
○ バクテリア除去率 99.9999%(大腸菌、サルモネラ菌、コレラ菌、赤痢菌など)
○ 原虫除去率 99.999%(エキノコックス、ジアルジア、クリプトスポリジウムなど)
お気に入りの点
水確保の心配が減りました。
もうひとつの点
間違えて、インナーボトル側で汲み取ると台無しです。私はうっかり間違えで、結局、煮沸でした。フィルター側は、なかなか乾かないので天日干しです。
モノがたり
本HPで紹介していたため、北海道登山(夢?)の為に購入。押し込みに結構力がいり、掌が痛くなるので、3ℓ(約6回)が限界でした。
参考になった 0

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ambit_hiroさんのUL.ウォーターピュリファイヤーボトルについてコメントする

UL.ウォーターピュリファイヤーボトルのほかの人のレビュー

もっと見る

ambit_hiroさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

UL.ウォーターピュリファイヤーボトルで行った山の記録

  • 無雪期登山 MAP ambit_hiro さん
    1 0
    吾妻連峰
    吾妻山(東北)
    2018年06月29日 ~ 2018年06月30日

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!