山道具詳細

参考になった 0
不明 ★ブランド名なし★(no brand)
お気に入り度
カテゴリー
テント

記録したユーザー

Lagomorpha さん
購入年 2018年
購入価格 3,599円
重量 1,000g (グラム)くらい
スペック 大きさは公称1m×1m×2mですが実際は一回りくらい小さいです。
お気に入りの点
軽い。本体+フレームで約1kg。
安い。本体1800円+フレーム1799円。
もうひとつの点
シングルなので結露する。
出入り口が大きすぎ、風にあおられやすい。
縫製が丁寧ではなく、強度に不安がのこる。
モノがたり
amazonやヤフオクなどでよく見かける迷彩柄のシングルテントです。テント本体はamazonで1800円とたいへん安く購入できましたが、付属のFRP製フレームは6.5mm径と細い上に品質が悪いのかガラス繊維がほぐれだしていてチクチクと手にささる始末。さすがにこのままでは使い物にならないと思い、アルミ製のフレームのみ2本一組1799円というものをこれまたamazonで購入し置き換えました。ほかに、天頂部の換気口を覆う小さなフライシートが飛んでいかないよう細引きで固定したのと、縫い目にシーリングをしたのがおもな改良点です。
晴天の樹林帯でしか使っていませんが、いまのところ不具合はなく、安くて軽いテントとして役に立っています。
そもそも今使っているテントが重くて、1kgくらいの軽いものを探していたのですが、ダブルウォールだとヘリテイジのHI-REVOが5万円超え、シングルウォールのものでもモンベルのULドームシェルターやヘリテイジのクロスオーバードームで4万円近くとどれもかなりの値段です。どれも国内製造で縫製がどうのこうのと高い値段以上の価値があるかのような御託を並べてはいますが、所詮はテント。結露もするだろうし風が強ければ吹き飛ぶことにそう変わりはないでしょう。ならばいっそのこと一番安いものを試してみようではないかということで1800円テントの購入にいたったというわけです。フレームとあわせても山岳用を謳う製品の十分の一以下の値段のものでどれだけ使えるか、楽しみなところです。
参考になった 0

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

不明のほかの人のレビュー

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!